気まぐれな唇

・「やらないで後悔するぐらいなら、やって後悔したほうがいい」と言う人がいるけど、迷惑だからやらないでほしい。



・No Lie-Sense。Soggy Cheerios。Controversial Spark。80’sニューウエーヴの残党おじさん達が新たに結成するサイド・ユニットのネーミングがどれもかっこ悪くて、聴く気になれない。



・1984年のルースターズのライブ。17才だったおれはこれをテレビで観て「キチガイのふりして気持ち悪い。狙いすぎ。寒いわー」と思っていたのだが30年経って再び観てみると、これ大江さんほんとにおかしくなってたんじゃないかな。




・「仲良くなるためにキスしましょうか?」という名言が胸に沁みる映画『気まぐれな唇』を観た。2002年。韓国のホン・サンス監督。絶妙に緩くて刹那的でテキトーな愛の言葉。誰もが憧れるゆきずりのセックスと旅情。「ただし、体格の良いイケメンとキレイなおっぱいの女の子に限る」と言わんばかりの描写もまたリアル。




・牛角のCM。夏美ちゃん。



表情とか「誰かを思い出すんだよなー」と思ってたら、友人の元奥さんに似てるのだった。元気かな、ミキティ。
[PR]
by kamekitix | 2014-01-19 20:01 | Diary
←menu