サウダーヂ

豊田道倫の名曲「家族旅行」の歌詞を引用するまでもなく、夏はいつも短い。
逆にいうと他の季節が長い。とくに冬。
「四季」なのだから均等にクォーターで決めよう。政府は何をしているんだ。バカか。
夏は7月-9月。
10月-12月までが秋。
1月-3月が冬。
4月-6月が春。以上が日本の美しい四季です。

8月はいつも短い。
いやそんなことはないな。ちゃんと31日あります。
でもお盆休みとかあるからアッという間に終わっちゃいますね。
会社は9日間夏季休暇でした。
奥さんと近所や栄をデートして楽しかった。いろいろ買いました。
高校野球をネットで観たり。えっ、なんで一塁に投げるの!とか。
ジャンクフードだけで過ごす日を設けたり。
それにしても天気の悪い夏でした。
おもにDVDで映画を観ていた気がする。
あまりたくさんYouTube貼ると重いのですが。


『ドライブイン蒲生』
あらゆる間合いが長くてなんとも気怠い映画。そこが良い。人生は概して間合いが長くて気怠いものだからのう。演出も演技も巧みで、アドリブなのか芝居なのかわからなくなって引き込まれたところに黒川芽以のリアルなセックス・シーンがあって激エロ。何度も挿入されるヤマジカズヒデのギター・インストによるテーマがすべてを象徴している。


『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』
サトエリのキュートネスが炸裂。妹の復讐が完遂して赤い封筒がばら撒かれるシーンがエンディングでもよいと思った。偶然、永瀬正敏が死ぬ映画を二本続けて観たことになる。


『サウダーヂ』
これも気怠い郊外の町の物語。ブラジル移民団地、タイからの出稼ぎホステス、地元のヒップホップ・トライブ、派遣の土方、県議、飲料水の会社など、それぞれに生きる人たちの不器用だけど一生懸命な日常が交錯する大作。すごく面白い。登場人物がみんなチャーミング。特にタイから来ているホステス=ミャオちゃんが自室でギター爪弾き歌うシーン泣ける。ネイティヴやコミュニティに帰属することで問題が頻発する中、唯一どこまでも軽快なビンくんの生き方に共感しつつも、失意の果てに演じられる長回しの商店街彷徨シーン、田我流のラスト・シーンなど抱きしめたくなるほど愛しい描写が満載。こんなの二時間ちょっとで一気に観ちゃうのもったいない。半年ぐらいかけてテレビドラマで観たい感じ。


『受取人不明』
キム・ギドク、2001年の出世作。ショッキングな暴力シーンが多い。凄く高い熱量の物語を一気に見せる才覚に感動する。ヒロインのウノクちゃん可愛い。チャングクの死に様は『八つ墓村』『台風クラブ』の名シーンを継承する。


『私立探偵 濱マイク』
永瀬正敏で思い出した12年前のテレビドラマ。調べたらDVD化されていたので楽天で順次レンタル。豪華なキャスティングと大胆な脚本。フィルム撮影なので懐かしくてクール。全12話すべて違う監督、脚本家が担当するという実験ドラマ。第一話から難解で抽象的でアンニュイ。ゲストは菅野美穂、富田靖子、樋口可南子など。発狂した香川照之が病院の池で踊る。これを毎週放送していた2002年の読売テレビは偉大。第六話「名前のない森」でぜんぜんタイプじゃないけど何か気になる顔の女の子が端役で出ていて、クレジットされてる菊地百合子という名で検索したらのちの菊地凛子だった。

ほかには『弓』『ホドロフスキーのDUNE』『リアリティのダンス』『地下鉄のザジ』『もらとりあむタマ子』『キューティー&ボクサー』『豚と軍艦』『鰐』『ワイルド・アニマル』などを観ました。観すぎ。

読書は、なぜか買っていなかった根本敬先生『生きる 2010』に深い感銘を受けました。久しぶりにシュウラク・ジャック先生。んげげ。巻末にひっそりと記されたマディ上原と村崎百郎の名に涙。

あとはキングジョーが貸してくれた『天下り酒場』で原宏一にハマってしまい、『佳代のキッチン』『かつどん協議会』『床下仙人』と立て続けに読みました。
さっき動画を貼った『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の原作も読みました。ついでに本谷有希子『ぜつぼう』も読んだけど......。
西村賢太の小説はどれもだいたい同じで大好き。ラモーンズみたい。デビュー作「けがれなき酒のへど」を収録した『暗渠の宿』をブックオフで。

実はわたし、物語を記憶する脳の側頭連合野に欠損があるらしく、昔からそうなんですけど、どんな映画も小説も半年経つとストーリーをけろりと忘れてしまうので、何度でも楽しめます。

そうでなくともヤン・イクチュン『息もできない』は何度も観てしまう。


さて、プロ野球について。
中日の勝率がどんどん下がっています。
豊橋で藤井がサヨナラホームラン打ったころまではイイ感じだったのですが、お盆以降の急降下でジョイナス政権の昨年の順位さえ下回りそう。
今年の中日はコーチが多すぎないか。
兼任監督が捕手なんだからバッテリーコーチ(達川)いらんやろ。
投手コーチも二人いるし。森繁和も投手コーチみたいなもんでしょ。多すぎる。
辻も長嶋も波留も上田もいてワーワー言ってて、達川がしょーもないトーンでそれを混ぜ返し、谷繁監督が苦笑いしているのをどこかから落合が見てる。そんなチームいやだ。
高齢化の進む選手たちも誰の言うこと聞いていいのかわからなくて、サインミスとか増えてる。
コーチ陣が豪華すぎて谷とか地味な選手がベンチで萎縮しているのが容易に想像できる。
っていうか二軍コーチが手薄じゃないかな。
二軍の選手はみんな「英智さんの言うことよくわかんないっす」とか言ってる気がする。
福田とかぶーちゃんとか堂上兄弟とか森越とか、もうずーっと二軍なんですかね。
誰かがケガしたら仕方なく誰かが一軍入りしてる感じで、なんか二軍で鍛えられて実力で上がってきた、っていう選手がいないような。
5年後の一軍のクリーンアップどうなってるでしょうね。
「周平・平田・古本」になっていればいいですけど。
ちょっと誰かきちんとコーチ陣営の人事考えてー。

豊田道倫『SING A SONG 2』発売記念コンサート、大阪と名古屋に行きました。

大阪はベアーズ。前座で上映会しました。楽しかったです。来てくださったみなさんありがとうございました。
キングジョーが泥酔して周りのお客さんに迷惑かけました。アンコールの「新開地」、いちばんイイところで中断して豊田が怒ったけど、きっとお客さんずっとイライラしてたんだろうな。
昼2時から彼と飲んでいたのは自分なので、ちょっと責任を感じています。すみませんでした。
打ち上げはいつもの難波屋で。話題は主に加藤登紀子のアティテュード。
宿泊は日本橋。心斎橋で泊まる広島の吉田さんとタクシーで帰る。
吉田さんとは2012年のTIFで小桃音まいのステージを観ながら別れて以来の再会でした(笑)。
大森靖子が大阪に向かっているというので「着いたら電話してね」ってメールしたのにスルーされた。きゅるきゅる。

名古屋は御器所なんや。自転車で行って汗だく。夏だ!
いつになく若い女性が多かった。前回に続き1Fで真弓社長の知人の双子娘と豊田想平さんと遊びながら物販。
カンパニー松尾さんが大量買取したという名著「テレクラキャノンボール2013非公式BOOK」を作った山口雅さんはじめアメカル映画祭関係のみなさんと再会。楽しい夜でした。
みんなありがとう。

みーくんありがとう。来年の夏休みは想平さんと三人でスパワールド行きましょう。
[PR]
by kamekitix | 2014-08-31 11:33 | Diary
←menu