9月5日

9月4日

群馬県にお住まいの会社員の人から「聴いてほしい」と自宅録音された音楽のCD-Rが届いた。
私のような者に託される自主制作のデモ音源はたいてい自己陶酔しきった勘違いパンクか一筆書きみたいなノイズなのだが、この人の音楽は良かった。
歌もかなり巧くて演奏も安定している。オーソドックスなブリティッシュ・ロックへのリスペクトを隠そうとしないところに真摯で誠実な人柄を感じる。
「夏の終わりにこのCD-Rを聴けて良かったです」と返信メールをした。

自転車に乗って伏見通を北上、桜通を東へ。
名古屋市内の自転車の走りやすさは異常だ。
自転車の走行レーンが広くて、ちゃんと往復2車線確保されている。
独身のころ住んでいた東区泉のマンションの前を通って、国道19号沿いの倉庫へ。
膨大な書類が乱雑に積まれた恐ろしい倉庫だ。
平成7年の天白区に関する書類が欲しかったのだが、「これや」と思って開けた箱には昭和48年の緑区の書類が入っていたりする。
会社の長い歴史と、内部統制の甘さを同時に感じる。

代官町の商店街にある中華料理「香蘭」で麻婆飯。
ボリュームのあるランチで有名な喫茶店「ダッカ」でコーヒー。
「アイスコーヒー」って言ってるのに山盛りのポップコーンが出てくるという、名古屋の喫茶店文化を支える過剰サービスも、15年ぶりぐらいに満喫。
かつて遅めの青春をすごした町、名古屋市東区。

栄の事務所に戻って、少しだけ残業して、金山まで自転車。
名鉄で太田川へ帰る。
各駅停車がほぼ貸切状態で、満員電車が苦手な私のためだけに運行してくれているかのような快適さ。
駅前に奥さんが車で迎えに来てくれる。
家まで歩いて10分程なのだが「夜道は危ないので」と言って来てくれる。
(危ないのは自分のほうなのだが)と思うが、毎晩、厚意に甘えている。

Twitterで教えていただいた「しんまち七色ばんど」。


先月Y氏に聞いた話をいまだに反芻している。
エッグプラントのマネージャーで関西パンクスの元締めのような存在だった大先輩。
「亀吉どこにも書いたらあかんで」と言われて実際書けない話ばかりだった。
たいていのバンドを辛口でぶった斬るY氏でさえ「GAUZEは抜群だった」と言ってた。


9月5日

にゃん吉一周忌。



バイバイ
[PR]
by kamekitix | 2014-09-05 00:54 | Diary
←menu