サマー★ダイアリー2017パート6

9月1日
パニック障害の発作が出ることがあって長年にわたり服薬を続けているが「ま~病気というよりはこういう性格なのだと思おう」と楽観してきた。しかし、この8月中旬から続く自律神経失調の症状は「気の持ちよう」というレベルを超えている。動悸とめまいが激しく、手と足裏の発汗がすごくて、完全に交感 / 副交感神経のバランスが崩れている。クリニックで処方される薬の量が少し増えたが、それとは別に自主的に治療すべく方策を練ることとし、2017年9月を体質改善月間といたします。いま改善しないと残りの半生を棒に振ってしまいそうだ。美しく優しい妻と一緒なら、あと90年は生きられる♪ ということで、基本的に薬は漢方で、処方される抗不安薬は頓服として発作が出たら飲む程度にシフト。抗うつ剤はこっそりやめて、毎朝6時に起きて近所を走ります。


9月8日
雨の日以外は朝6時に起きて近所を走る。家の裏に東海商業という学校があり、誰もいない校庭の裏の田んぼを二周する。日々速度が上がっており、もはや猛ダッシュの域。きわめて爽快。このときばかりは郊外に家を建てて良かったと思う。出勤前にシャワーを浴び、家で朝食を摂る習慣も健康的な気がする。漢方が効いてきたのか動悸はほとんどなくなった。早くも寛解の傾向。8月後半はほんとヤバかった。こんな日記でさえ書けなかったからなぁ。


9月10日
休日のランチを「うなぎ処かとう」で。ひつまぶし久しぶりに食べたが美味しくて自分でも驚くスピードで完食。でも、これまででいちばん美味しかったのは名古屋拘置所近くの「木屋。また行きたい。
ここ数年、私の読む本はほとんどキングジョーのお下がりばかりなのだが、先月貸してもらった井上荒野にもハマった。度肝を抜かれるような展開はなく、淡々と描写される生活、ドライな人間関係。タイトルも含めて詩情を感じる。よくこれだけのシチュエーションを着想できるなぁと感嘆。主観が変幻自在だ。どれも俗にエンディングと呼ばれるべき安易な結末は訪れず、放り出されるように終わるので余韻が凄い。読みやすくて面白い短編の名手。原一男監督が撮った「全身小説家」こと井上光晴の娘なのだな、知らなかった。「夜を着る」「そこへ行くな」「ベーコン」を読了。「切羽へ」「つやのよる」「しかたのない水」を購入。


9月13日
先月具合が悪かったときに「自律神経 整体」で検索して見つけた南区の「After Mago」へ三度目の通院。保木さんというお兄さんがひとりでやっている小さな整体院で、症状をじっくり聞いて目的を明確にした上でたっぷり一時間全身をチューニングしてくれる良心的な店。気功を使ったスピリチュアルな、ほとんど催眠術のような時間もあるが、概して気持ち良い。保険適用外なので今回で一旦終了としよう。また具合悪くなったら来ます。保木先生は誠実で素晴らしい。ありがとうございました。
ジョーに聴かせてもらった台風クラブ「初期の台風クラブ」が素敵でCDを購入。一曲目「台風銀座」はスカでスペシャルズみたいな掛け声もポップだけど暗黒大陸じゃがたら「季節の終わり」に似たフレーズがあったり、全体にギターのカッティングはファンキーでシティポップ・コンシャスでありつつ、でも歌い方にはthe ピーズとか真島昌利を思わせる突き放すようなパンクスっぽさもあって、シンプルに見えて実はごった煮の美味なる名盤。青春パンク、みたいなカテゴライズをされてセルアウトすべきバンドなのかもしれないが、石塚淳の歌詞はどこか絶望的で死の匂いがする。iPodに入れて名鉄に乗る。ラスト2曲で涙腺が緩む。「踏切が鳴った 町は鎮まった / やっとおれは気付く 手遅れだってこと」。神経を病んだ50才の夏の終わりにジャスト・フィット。


9月14日
午後から東京で会議。正午すぎに恵比寿で富士そば。恵比寿にはサマロケのしなのちゃんみたいな女の子がいっぱいいるなぁ。ルノアールでまったり休憩してタクシーで青山の本社へ。イニシアチブをとる新任の執行役員S氏は17年前に大変お世話になった直属の元上司で、久しぶりに会ったが相変わらず頭の回転が速くてクールで話が面白い。この会議、11月までに四回あるらしくて楽しみ。
夜はネオス株式会社のみなさんと渋谷の居酒屋。アイドルと野球の関連性について、話は尽きない。


9月19日
具合が悪かった8月中旬にフラッフラな状態でナゴヤドームへ行ったのですが、京田が打席に入るとき、かっこいい音楽が流れて、絶妙のタイミングで観客が大声でなにか叫ぶんですね。「すごいかっこいい。なんで京田だけこんなスペシャルな演出なんだ。みんななんて言ってるんだろう」と思って検索したら、音楽はブルゾンちえみがネタで使う曲で、客が叫んでる掛け声は「35億!」。ぜんぜんかっこいいものではなかった。


9月22日
光村」で至高のかき揚げ丼。奥さんと名古屋市博物館でデート。素晴らしいプレミアムフライデー。


9月24日
博物館の駐車場で奥さんを待つ間にスマホでポチった上原善広「路地の子」を読了。ほぼ同世代の大阪の物語だが北摂と河内では風景が違う。狂気と侠気で成り上がった父の姿を描いたドキュメント。政治的な背景には興味がないのでプライベートな家族のストーリーとして一気に読んだ。立志伝中の「上原龍造」氏の会社は現存しているらしく検索したらきれいなホームページに会長の近影も載っていて感慨深い。おれの父親もいろいろ波乱に満ちた生涯だったようなので何か書きたくなるが、30年前に死んでいて記憶もエビデンスも乏しいから難しいな。


9月28日
執行役員S氏、新任の人事部長O氏が名古屋に滞在。会社の向かいの焼肉「皇亭」で密談。S氏と食事するのは8年ぶり。頭の良いひとたちと話すのは面白い。最近、名古屋のオフィスで好き放題に振る舞っているので、呼び捨てにされたり「おまえ」と呼ばれたりするのが懐かしくて嬉しい。会社が新局面を迎えるにあたって個人的には初心に返る気分。おれはいつも上司に恵まれている。


9月29日
昨夜帰りに定期券を落としてしまったので、朝から大須交番へ遺失物届。夜まで待っても連絡なかったので諦めて再発行(記名式manacaは有効期間もカード残高も復元してもらえるのだ。知らなかった)しようと思って金山駅まで自転車で帰ると「拾って届けてくれた方がいます。金山交番で預かっています」との電話が。なんと良いタイミング。すばらしい名古屋市民。感謝。
昼は怒涛の中途採用面接、本社とのSkype会議。体質改善計画が奏功して、今月はよく働いた。仕事が増えてきたので部下がほしい。というか後継者を育てなきゃいけない。



2017 / 10 / 03(火)DOMMUNE
●19:00~21:00
c0086766_16315078.png
TALK:松本亀吉 / キングジョー / 岩淵弘樹 / JAPAN(ココナツ・ホリデーズ) / 宇川直宏(声の出演)
■孤高のジャンク・スカム・マガジン「溺死ジャーナル」30年の歴史を紐解く緊急会議
1987年に大阪で創刊した同人誌「溺死ジャーナル」。コピー紙をホッチキスで綴じただけの数十部のミニコミは「入獄した愉快犯百人が差し入れてほしい雑誌一位に選ぶであろう面白さ」(安田謙一)と評され、その過激な編集がアンダーグラウンドで熱烈に支持された。豊田道倫、石井モタコ、大橋裕之、雨宮まみ、大谷能生、クリトリック・リス、北村早樹子などをいち早く起用してきたサラリーマン・エディター=松本亀吉が6年ぶりの新刊「溺死ジャーナルNEXT」をリリース。カバー・ガールを務めたココナツ・ホリデーズのJAPAN、熱心な読者であるドキュメンタリー監督の岩淵弘樹、「溺死ジャーナル」に強い影響を受けた画家でDJのキングジョー、さらにキングジョーの高校時代からの盟友=宇川直宏(声の出演)を交えたトークで、知られざる30年の伝説を解き明かす。


●21:00~24:00
c0086766_21393794.png
LIVE:ウルトラファッカーズ / ・・・・・・・・・ / ハポン。 / 角矢胡桃
DJ:キングジョー
■悪夢と感動のXXXX・ミュージック・フェア!!!!!!!!! 6年半ぶりに復活!!!!!!!!!
オーディエンスを絶望と爆笑の渦に陥れた2011年4月25日から6年半。伝説の「カメキチ・ミュージック・フェア」がDOMMUNEに還ってくる!!!!!!!!! 「溺死ジャーナル」編集者=松本亀吉が私財を投じてお届けする混沌と偏愛の三時間。出演は関西スカム総本山=ウルトラファッカーズ!!!!!!!!! 轟音シューゲイザーで話題沸騰の匿名アイドル・グループ=・・・・・・・・・!!!!!!!!! 美麗&不穏なサイケ・ロックfrom名古屋で大注目の女子大生バンド=ハポン。!!!!!!!!! 世界が待っていたキュート・ノイズの彗星=角矢胡桃!!!!!!!!!! 小西康陽が「世界一のDJ」と絶賛するキングジョー!!!!!!!!!! PAスタッフ大混乱&タイムオーバー必至のカオスな一夜!!!!!!!!!






バイバイ













[PR]
by kamekitix | 2017-10-01 00:00 | Diary
←menu