カテゴリ:Diary( 160 )

『余命1ヶ月の花嫁』という映画のモデルになった女性の仲間たちが発足した「ぱんだ会」のサイト

おれはこのモデルの女性がAV出てたとかTBSに企画を持ち込んだ友人が有名なAV女優だったとか旦那さんがすぐその人と再婚したらしいとか、そういう下品な噂には一切興味がない。

ただ、許しがたいのは、タイトルだ。

いくらなんでもこんなタイトルの映画はないだろ。

「余命一ヶ月の花嫁をモデルにした映画」のタイトルが『余命1ヶ月の花嫁』というのは絶対ありえない。

おれは今、芸術について語っています。

たとえば、シンガーが「素晴らしい夏の恋」を表現するのに「あー♪夏の恋は素晴らしい♪」と歌ったら、それは芸術家として0点です。この場合、「素晴らしい」「夏」「恋」という言葉を使わずにそれを表現する、その技巧こそが芸術というものであります。言語を媒介とする芸術は遍くそーゆーもんなんです。絶対に。

だから、繰り返しますが、「余命一ヶ月の花嫁をモデルにした映画」のタイトルが『余命1ヶ月の花嫁』というのはダメ、絶対!!

『板垣あずさのタオル一枚で男湯入ってみませんか?』とか『かわいそうなぞう』とか、AVや童話とかテレビ番組のタイトルなら、内容の説明で良いと思うんですが、『余命1ヶ月の花嫁』というタイトルは、映画の、映像芸術としての最低限のレベルを守れていないと思われ、つまり、だから、結局、これは私が思う「芸術」などではなく、何かの「商品」なんでしょうね。



個人的に是でも非でもない話題なのだが、いろんな視点の方がいるもので、こんなアセンブリーがあるんですね。

『女性専用車両に反対する会』

常識や通念という「流動的で曖昧だが圧倒的な存在」に、強固なロジックを持って逆行する姿は美しい。

その姿勢は支持するが、協同はしない。

だって、なんだか滑稽なんですもの。



今日で連休が終わりです。

明日からまた会社に行きます。

みなさんお仕事がんばりましょー

今夜のBGMはBrian Eno『APOLLO』。生涯再生回数ナンバーワンCDかも。

と思って、今、iTunesの「再生回数」ってのをチェックしてみたら、このアルバムは「17回」で全然ナンバーワンじゃなかった。

いちばん再生回数の多いのはThe Beach Boys『Friends』の47回でした。
c0086766_1054636.jpg
c0086766_10542552.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-05-06 22:49 | Diary
オルタナゴヤのGW名物「鶴ロック」がさらに「フェス的要素」を廃して、コンパクトになった「つぶろっく」。

いやー、すごかった。

久しぶりなので、「名前だけ知ってるけど初見」のみなさんが多くて、とても楽しかった。

WEDNESDAY_EVEで「鶴ロック」に出たのは2005年だもんなー。久しぶりの雰囲気。

ちょっと全レビューしますね。


■三宅ヤスコ
c0086766_10373330.jpg

ポッドキャストの番組(?)という設定(?)で観客のみなさんからの悩み(?)についてタロットカード(?)で占い(?)をして出た数字(?)を音階に当てはめて(?)メロディ(?)を作り、その曲(?)に合わせて占いの結果(?)を話す(?)という謎が謎を呼ぶ怪演。普通に話されている部分も辻褄が合わず、占い云々以前に「何を言っているのかほとんどわからない」という衝撃のパフォーマンス。スーパーボール以来の戦慄。


■HADA
c0086766_1038531.jpg

エレクトロ・クラッシュな感じの衣装で、滋味のある弾き語り。ギターが上手くて、曲も素敵。今日はどのバンドも15分なので物足りない。またゆっくり観たいですHADAさん。MCで「次の曲のラップ・リリックを聴いてほしい」「次はメッセージ性の強い曲を」などと紹介するのだが、その本人押しの部分の伝わらなさ加減も凄かった。


■ジェット達
c0086766_10383989.jpg



■スティーブジャクソン
c0086766_10391050.jpg

鈴木さんがドラムパッド、聖澤さんがMS10、モモジさんがベースという編成。SJは常に先を行っているので、もはや「ポスト・ポスト・ロックの次」のネクスト・レベルに在ると思うのだが、正直言うと、鈴木さんのジャジーなスネア捌きやキックが無い分、少し物足りなかった。とはいえ、熟達していく静かな転調と、12小節に一回ぐらい飛び出す聖澤さんのとんでもなくクールな電子音が最高。SJはいつでも最高。


■世紀マ3
c0086766_1039388.jpg

不条理紙芝居芸の極北。今日コレ見た人は、もう一生「紙芝居」というものを見なくていいと思う。一生分の紙芝居を見た。「名古屋中職安はモード学園の向こうにある」というところで爆笑。そうそう。モード学園のスパイラル・ビルの並びなんですよね。あー、笑った。強烈でした。もー、訳わからん。


■ジョンのサン
c0086766_10401164.jpg

立石草太くんとは以前から面識があったのだが、実はライブは初めて見ます。「たま+マヘル・シャラル・ハシュ・バズ」みたいな感じ、と言ってしまうと簡単なのだが、ものすごくきれいなメロディとハッとするコードが一瞬現れ霧消して唐突にすべて終わる刹那。その繰り返しが生む特異なグルーヴ。言葉のチョイスにも尋常でないセンスを感じる。
c0086766_10403922.jpg
c0086766_1041451.jpg

ルックスもキュートだし、ジョンのサンはスターだと思います。


■古橋栄二
c0086766_10415668.jpg

カップを打ち鳴らす音が反響し増幅していくのをBGMに踊る。言語としての肉体。今日は終日雨が止まず寒い会場だったが、古橋さんの舞踏を見ていて身体が熱くなった。この緊迫感は「ロック」だ。何より彼の後頭部には十字形に剃り込んだ地肌が輝いている。ノイバウテンのブリクサ・バーゲルト以来の髪型ですよ。


■明日は明日のコルベッツ
c0086766_10425013.jpg

ピンクの熊の着ぐるみの青年が尻に花火を装着して火を噴きながらステージを駆け下り、そのまま遠くの池に飛び込む。
c0086766_10431428.jpg
c0086766_10433261.jpg
c0086766_10434825.jpg
c0086766_1044544.jpg

(傘の人は通りすがりのおじさん)
c0086766_10444862.jpg
c0086766_10452619.jpg

他のメンバー二人が彼を抱えてステージに戻って彼を横たえ、ドライアイスの煙の中、葬儀めいた儀式を行うと、彼は復活し、再びステージを降りていく。
c0086766_10454756.jpg
c0086766_10461015.jpg
c0086766_10462468.jpg

簡単に言うとこういうステージだったのかなぁと推察されるのだが、すべての出来事が、前後の経緯がわからなくなるぐらいグダグダ。小道具にすごく凝っている割に、それを出してくるタイミングが決まってなかったり、唐突だったりして、いちいち笑える。とにかく無茶苦茶。ステージに残ったメンバーにモモジさんが「終わり?」と訊くと、すごく申し訳なさそうに「たぶん」と答えたのがおかしくて、手を叩いて笑ってしまった。そしたら、おれの拍手が客席に伝播して、そのまま終演となった。いやー、あれで終わって良かったのかなー。まあ、たぶん良かったんだろうなあ。


■鈴木悦久
c0086766_10465396.jpg

スティーブジャクソン/mimiZで活躍する作曲家/打楽器奏者の鈴木さん。ソロの演奏は初めて観ますが、静謐で緊迫した、しかし気持ち良い電子ドローン。鶴舞公園は百周年なんですね。狭い奏楽堂ですが、今日は百年前でも通用する音楽ばっかりだったように思います。たぶん百年前の通りすがりの人たちが見ても同じリアクションだったんじゃないか、と。それぐらい普遍的な、本質的な演者ばかりだったと思います。鈴木さんの演奏は「鶴ロック」の広めのステージとPAで、長く観たかった気がします。

素晴らしいイベントでした。VIVAつぶろっく。

あぁ、私は幕間の音楽を担当していました。

百年前でも通用しそうな強力な演者ばかりでしたので、スクリャービンでも流したい雰囲気でしたが、なるべく俗っぽいポップスを選曲しました。宇多田ヒカル、サザンオールスターズ、相対性理論を複数回。あとは、テレパス、ゆらゆら帝国、木村カエラ、スマパン、三田寛子、ラモーンズ、原田知世・・・など。

しかし、BIG STICK「Drag Racing」から安室奈美恵「NEW LOOK」に繋いだ瞬間だけは自分でも「おれって天才DJかも」と思いました。
c0086766_1047191.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-05-05 10:35 | Diary
忌野清志郎さんが亡くなりましたので驚きました。うーむ。

がん転移が発表されて一年経ってないですよね。うーむ。

物心ついたときからロック・スターといえばキヨシローでした。ルージュマジックでの教授との接吻は強烈でした。うーむ。

がんって怖いですね。

昨夜YouTubeで古い映像を見ましたがフォーク・ギターを抱えている頃から発声は変わってないのですね。いまさらながら唯一無比の歌声だ。うーむ。

ちょっと、死とキヨシローがうまくつながらないですね。名前が忌野だから、うっかりしていたなー。

この人が死んだらショックだなーと思う人はたくさんいるけど、キヨシローはちょっとそのリストから漏れていたので、こりゃ驚きましたな。

こないだの『溺死ジャーナル』に書いたけど、キヨシローはぼくにとって「セックスとは何か」を教えてくれた人でした。

中一のとき、あの武道館ライブ、キヨシローと梅津和時さんが擬似セックスする様をTVで観てなかったら、ぼくはいまだに正常位という体位を知らずに生きていたかもしれません。


今夜は名古屋駅で『東洋経済』の山内さんと会ってました。

久しぶりに太閤口方面に出ましたが、なんだか国籍不明で不穏な感じの人が多かったですね。

撮影中にカジヒデキのように襲撃されそうな気配だったので、駐車場の端っこで写してもらいました。

エスカの喫茶店で3時間。楽しかったです。


もう初夏なので女の子の胸の膨らみに目が行ってしまいますね。

この傾向は加齢とともに加速するようで、これまではチラリチラリと女の子を見ていましたが、今年あたりから、もう終始ガン見でいきたいと思います。裸眼で何が悪い。


休暇中のみなさん、良いホリデーを。


今夜のBGMは電気グルーヴ『YELLOW』。

YelloというよりDAF?? というかRALF&FLORIAN?? とにかく好きです。
c0086766_10214924.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-05-03 10:19 | Diary
4月30日は豊田道倫のライブ@KDハポンでした。

早めに会社を出たのでほぼ全編見れて良かった。
c0086766_10145598.jpg

話題沸騰中の新曲「豚バラ殺人事件」も聴けた。とにかく後半が圧巻で、R&B風のブラックな感じの弾き方があったり、「人体実験」に代表されるバイオレントな転調や「これまではコマーシャリズムに流されてきた。これからはもう、気分はアレですよ・・・、ホラ・・・、あの・・・、草なぎ」「裸で何が悪い」というMCのとおり、吹っ切れた感じのステージでした。
c0086766_1015153.jpg

今日買った『ミュージック・マガジン』のインタビューでも「やっと序盤が終わって、中盤戦が始まる」と語っている。

結局、彼のキャリアにおける序盤の最高傑作(というか彼自身が「いちばん好き」と明言したアルバム)は『ROCK DREAM』(1999/バンブルビー)であり、これは彼がシンガー/ソングライターとしてのみならずアレンジャー/レコーディング・エンジニアとしての才覚をも爆発させた「最後の宅録アルバム」で、「パラダイス・ガラージ」名義の作品である。

結局、そこに帰結する。っていうか、おれ前から言ってるやん。ここ数年、ほとんど会うたびに「今また福富幸宏さんとやったらすごいアルバムできると思う」って言ってたんですよー。で、今年それが実現するかも、とのこと。

恒例のバリバリ屋で束の間の打ち上げ。名鉄最終の急行で帰りましたー。

もう10年前。「新曲が出来ました」と言って手渡されたカセットテープに入った「夏に向かって」の衝撃をおれは今も忘れない。

いやー、さらにその5年ぐらい前から衝撃は続いていたのですが、ともあれ、15-6年にわたった「パラガの序盤戦」が終了。勝敗は? ドロー? いや、何と戦っているのか。今年の夏休みの自由研究は『40才の豊田道倫』に決定です。

今夜のライブにはアーティストの島袋道浩さんが来られていて、初めてご挨拶。ベルリン在住で金沢の展覧会に出席してソウルへ向かう途中にハポンに寄られたそうです。温和で優しくて、鋭く聡明な感じの方でした。素敵。

さて、今日から連休。

とはいえ妻は一階でお店を営業中なので、昼は一人でのんびり。

夕方に妻と近くの書店へ。

『ミュージック・マガジン』と『新宿鮫』の続きを買う。

MMの80年代ベストアルバムはTALKING HEADS『Remain in Light』で、異議なし。

レンタルCDのコーナーで宇多田ヒカルの「Keep Tryin’」が入った『ULTRA BLUE』を借りました。
いまさらですが「Keep Tryin'」スゲー。
c0086766_1015352.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-05-02 10:13 | Diary
「もう二度とフジロックには行かない」のページだけで連日3,000アクセスぐらいある亀吉ブログです。

「もう二度とフジロック」でGoogle検索すると面白いことになっています。はてなブックマークで「コメ欄怖い><」と書かれている人がいたのですが、こんなので怖がっていては先が思いやられます。

そういえばエレカシ宮本さんが「ラジオ生放送でマジギレ」というニュースがありましたが、YouTubeで音声を聞いたら、あんなの全然怒ってるうちに入らないというか、まあ怒ってはいるんでしょうけど、マジギレっていうからもっと怒鳴りつけたり、何かを投げつけて砕ける音でも入っているのかと思ったら全然拍子抜けでした。あんなので「マジギレ」とか言ってる若者たちは、本気で怒る大人をあまり見ていないのではないか、と思いました。まあ怒らないに越したことはないのですが。

わたくしは会社に入って5年目に、本社から初めて支店に赴任して、現地の技術のお兄さんが営業のおじさんを怒鳴りつけているのを見て驚きました。大人でも本気で怒るんだー、と。会社で怒鳴ってる人を初めて見たかもー、と。

先代の社長はWikipediaで「怪人」と記されているような本当の怪人だったのですが、社内に「怒鳴りなき職場は植物人間の集まり」という怪スローガンのステッカーを貼ってましたっけ。まあ、怒らないに越したことはないのですが。

エレカシ宮本さんも、宮本さんを怒らせたDJの女性も42歳で、わたくしと同い年です。丙午の学年なので、ちょっとおかしな人が多いのかもしれません。

北野誠さんの謹慎にあたって謝罪会見があったようです。誠さんはMAKOTO時代から舌鋒鋭いコメントで知られていました。悪声なので、あまり好きではないのですが、中島らもさんやキッチュ(松尾貴史)さん、越前屋俵太さんなどと並んで、「テレビに出てるけどコッチ(=関西アンダーグラウンド)寄りの人」という認識だったので、無期限活動停止とは悲しい。

タブー破りが好きな人、という印象なので、その渦中にあって「実は楽しんでいるじゃないか」と楽観していたのですが、あんな真っ黒いスーツを着て涙を流しておられるのを見ると、これは只事ではないのだなー、と思います。これは表現の自由に関わる事件なのではないだろうか、と。

あの誠さんが「関係者に迷惑をかけた」とか「収入が途絶えて家族を苦しませるかも」とか、そんな当たり前の理由で涙を流すだろうか。あれは、反省や後悔の涙ではなく、敗北と屈辱の涙なのではないだろうか。

BGMはなんとなくポリースのベストです。
c0086766_93352.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-04-29 09:01 | Diary
アイドルみたいに毎晩Blogを書くよー

今日はお休みでしたので、四度寝(うち一回は妻と)してしまいましたー

幸せな休日でした

湯浅湾のCD『港』をいただいたのだが、非常に素晴らしい音楽だと思うのだが、なんとも興醒めなのは、本来宣伝に使用されるべき惹句を羅列したフライヤ状のシートが作品に梱包されてしまっている点だ。これは『港』が喚起するイマジネーションを阻害しており、リスナーとしてはマジでウザイ。何故こんなレコメンド地獄? 外装のビニールにまでシールでコメントが入っている。気持ち悪い。しかも、それが「いかにも湯浅湾レコメンドしそう」な書き手が多くて薄ら寒い。まあ、コマーシャルとはそういうもんか。

いしいしんじ/モブ・ノリオ/安田謙一/野田努/中原昌也/直枝政広/佐野史郎/水越真紀/近藤康太郎/青山真治/小田晶房/山口隆/三田格/坂本慎太郎/五所純子/大友良英/Phew/虹釜太郎/高岡洋詞/伊東篤宏/船橋英雄/山本精一/大竹伸朗

こういうの、イヤだ。自戒したい。

おれは湯浅湾『港』よりも、もっと馬鹿馬鹿しくて美しくて狂った何かを作りたい。そして『港』にコメントを寄せた皆さんに、『港』以上に驚いてもらいたい。そんな気持ちになりました。『港』についてはまた改めて書きたいと思います。

今夜のBGMはドビュッシーとtelepathだよ。
c0086766_8592562.jpg
c0086766_8594164.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-04-26 08:58 | Diary
『GyaOジョッキー』の鳥居みゆきが可愛くてたまらないのだが。最新の#18は、いつになくご機嫌で細かいダジャレ連発のみゆきちゃん。すべてが可愛いくて話してる途中で抱きしめたくなる。「『温泉に行こう』の加藤貴子さんっていう女優さんいるでしょ。みゆき大好き」という発言があり、Lip’sの加藤貴子を鳥居みゆきが好きだという渋いチョイスと、自分のこと「みゆき」って呼ぶ女の子っぽさと、和歌山の砒素カレー事件で亡くなった女子高生が鳥居幸(とりい・みゆき)という名前だったことを最近の報道で思い出したことに、ハート揺れっぱなし。

栄のラシックの地下の『北野エース』という輸入食品屋さんに大好きな「水出しミントジュレップソーダ」が売られていたのだが、先日行ったら無くなってたよう。代わりに大塚の「メトロミント」 というミント水を買い、はちみつとポッカレモンでシロップを作って混ぜると、おおっ、バリの味!! 「パドゥマ・バリ」の味!! あー、またバリ行きたい。

ブログとは不思議なもので、ちょっぴり批判めいたことを書くとすぐネチズン諸君が冷やかしに来る仕組みになっているのだな。ここのコメント欄をご参照。いや、全然ノー・チェックでお返事遅くなってしまった。コメント大歓迎、炎上上等です。しかし、悪罵に終始する書き手ほどIPアドレスに工夫をしてたりして、常習的なストレス発散に、ある程度の自覚が垣間見えて微笑ましいですね。

女子アナといえば、テレビ朝日の島本真衣ちゃんが島本講平さん(元南海、近鉄。超イケメンで知られたパ・リーグのスター)の娘だとは知らなかった。去年の夏におれが面接してずーっと内定者フォローしてたのに3月になって入社を辞退した小野木梨衣ちゃんが石川テレビ放送のアナウンサーになってます 。入社式前にデビューしたらしく期待の新人ですよ。北陸のみなさんぜひ応援してあげてください。つい先々月まで朝、よく同じ名鉄急行に乗っててボーッと寝てましたよ。半田の可愛い子です。

今日のBGMはミック博士にもらったTHE KINKS『THE KINK KONTROVERSY/FACE TO FACE』。夜はビョークのベストと、SWEET ROBOTS AGAINST THE MACHINEのCD2「A Night of UBUD」を2枚同時再生。明日は少しちゃんとした原稿を書く日に充てたいものだ。
c0086766_1533928.jpg
c0086766_1535782.jpg
c0086766_154793.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-04-25 01:47 | Diary

[PR]
by kamekitix | 2009-04-24 02:01 | Diary
小明ちゃんがブログに亀吉レビューのこと書いてくれているなぁ。今、気づきました。嬉しいな。
[PR]
by kamekitix | 2009-04-22 01:41 | Diary
一度も行ったことないですが。

雨宮まみさんも書かれていますが、フジロックのホームページがひどい。

「以下に該当する方は、チケットを買わないでください。」とのこと。“座右の銘は「旅の恥はかき捨て」という方/「エコなんてどうせ流行でしょ?」と思っている方/「祭り」と聞くとつい自分を見失ってしまう方/自然や山の神様をなめている方/会場では法律は無効と勘違いしている方/いざとなったら誰かがなんとかしてくれると思ってる方”。この6項目いずれかに該当する人はチケットを買っちゃいけないらしい。「買わないでください」って誰に向かって言っとるんだ、えらそうに。ああ、フジロック行くにはまず山の神を崇拝しなきゃいけないんだ。無理。なめるもなめないも山に神様なんかいないよ。山に神様がいると思ってるんだ。あなたキチガイですね。神様はいません。あと、エコなんてどうせ流行です。

「自分のことは自分で!それが、フジロック。」と大きく書いてある。チケット料金39.800円も取って「自分のことは自分で!」とは。「それが、フジロック。」とは。この「、」さえ気持ち悪い。こんな、ホームルームで副担任の先生が言いそうな陳腐なセリフ、少なくとも絶対「ロック」じゃない。これはやっぱり「フジ軽音楽まつり」です。

これらの文言の下に『気持ちよくフェスティバルを楽しんで頂くために<参加者の声>』と書かれた動画のリンクが貼ってあるのだが、さすがに気持ち悪くてクリックできない。

今夜のBGMはI Am Robot And Proud『Uphill City』だよ。

c0086766_1385987.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-04-22 01:37 | Diary
←menu