カテゴリ:Diary( 157 )

・「やらないで後悔するぐらいなら、やって後悔したほうがいい」と言う人がいるけど、迷惑だからやらないでほしい。



・No Lie-Sense。Soggy Cheerios。Controversial Spark。80’sニューウエーヴの残党おじさん達が新たに結成するサイド・ユニットのネーミングがどれもかっこ悪くて、聴く気になれない。



・1984年のルースターズのライブ。17才だったおれはこれをテレビで観て「キチガイのふりして気持ち悪い。狙いすぎ。寒いわー」と思っていたのだが30年経って再び観てみると、これ大江さんほんとにおかしくなってたんじゃないかな。




・「仲良くなるためにキスしましょうか?」という名言が胸に沁みる映画『気まぐれな唇』を観た。2002年。韓国のホン・サンス監督。絶妙に緩くて刹那的でテキトーな愛の言葉。誰もが憧れるゆきずりのセックスと旅情。「ただし、体格の良いイケメンとキレイなおっぱいの女の子に限る」と言わんばかりの描写もまたリアル。




・牛角のCM。夏美ちゃん。



表情とか「誰かを思い出すんだよなー」と思ってたら、友人の元奥さんに似てるのだった。元気かな、ミキティ。
[PR]
by kamekitix | 2014-01-19 20:01 | Diary






tricot。にせんねんもんだいmeets東京事変って感じのクールかつ灼熱のガールズ!!! 曲も態度も実にかっこいいが、何よりルックスが良い。
[PR]
by kamekitix | 2014-01-18 21:32 | Diary
12/28
ちょっときつめのパニック発作があった5月7日から自分の神経の乱高下を客観視しようとEXCELで簡単な日記をつけている。レコーディング・ダイエットってこんな感じ? 20点満点の5項目について自らの精神状態を採点、自分の毎日を100点満点で評定、簡単なコメントを付記していく。これまで日記なんかつけたことなかったのだが、これが240日以上続いている。ちなみにこれまで100点だったのは、今池でDJやった日と新宿でライムベリーに会った日とサマソニでCHVRCHES見た日。これらが満点デイズ。最低得点はにゃん吉が死んだ日でマイナス100点。にゃん吉に「いつ死んでもおかしくない」と診断が下った8月25日は0点。にゃーこさんが死んだ日も0点。ひどい夏風邪で市民病院の緊急外来に行った日も0点、などと振り返ることができるし、この記録を始めてからそれほど大きなパニック発作が起きていない、ということもわかる。この数日も毎日80点をキープしており、良い休暇だ。

12/29
正午に歯科。大府のうどん屋へ奥さんと。夕方は先週目黒駅で買った「文藝春秋」を読んでいた。文藝春秋ってすごい情報量だなあ。夜はYouTubeで「羅生門」を観ながら、猫を抱いてソファで寝落ち。トマパイ散開一周年の日に、嬉しいニュース!↓


12/30
ブログに大森さんのアルバムについて書く。読書は持田保さんの「INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE!!!」。久しぶりに目にする固有名詞と、それにまつわる知らない事実が盛りだくさん。BOY DIRT CARとか懐かしい。SPKのこのアルバムを聴き直したくなる。


12/31
終日、奥さんと書斎に籠る。奥さんは羊毛クラフトで死んだにゃーこさんを復元。これが怖いほどリアルで似ている。職人芸。
c0086766_143735.jpg
ぼくはDVDで「エル・トポ」と「8 1/2」を続けて観て頭がおかしくなった後、永遠に読み終わらなそうな文藝春秋の特集「世界が驚愕した日本人54人」を読み「高橋是清はマジでヤバイ」などと言ってるうちに日付が変わっていた。豊田くんのアルバムについてブログを更新。皆様あけましておめでとうございます。

1/1
元日恒例、わが家で行われる小谷家&伊藤家&松本家&大島家の合同新年宴会はかれこれ9回目かな。義母の入魂のおせちとお雑煮、牡蠣や蟹などをたくさん食べる。3人の甥と姪もどんどん大きくなっていく。今年もみんな元気で、病気や怪我のないように。

1/2
引き続きおせちをいただき、近所の本屋へ。しかし、文藝春秋を超える面白い雑誌にめぐり合えず。結局家で文藝春秋の続き、吉住さんにもらった「サイゾー」、「INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE!!!」とYouTubeの往復。サイゾーは町田康さんの連載「続・関東戎夷焼煮袋」がすっ呆けてて可愛い。

1/3
目覚めてすぐベッドでネットしてた奥さんが「新幹線が止まってるみたい」と教えてくれた。13時に新大阪につく手筈だったが、どうやら長引きそうなのでWEB予約でチケットを15時に変更して名古屋駅へ。EX-ICは便利だ。上りのホームは殺人的に混雑していたようだが西へ向かうホームはそれほどでもなく4時間遅れののぞみに乗って、意外と空いてたので適当に座って、車掌さんに「適当に座ってます」とICカードを渡すと笑顔で予約情報を更新してくれた。17時に地下鉄御堂筋線動物園前駅。いきなり予期せぬ人に3人会えた。豊田くんが連れて行ってくれたのは鶴見橋商店街のお好み焼屋。この店を知ってしまうと他の店でお好み焼を食べる気がしなくなる要因がたくさん。ちょっと怖そうなおかみさんが話すと可愛くてたまらない。腰も曲がってるのにあんな元気に客を仕切って会計は全部暗算で。「暗算なんですね」と言ったら「いま話しかけんといて!」と怒鳴られた。とにかく美味しくて安い。また必ず行こう。だいたいおれは焼きそばしか食べてないのだった。総勢9名、いくつものスーパー玉出を通り過ぎ、踏切を渡り、難波屋に無理やり入る。ギューギュー詰めゆえの盛り上がり。
c0086766_1425991.jpg
c0086766_143340.jpg
キングジョーは今年ラッパーとして活動するらしく、もうバックトラックも出来ているとのこと。彼のことだから相当なメディアミックス戦略を考えているはずだ。まるでBiSのような展開で。そう考えると近いうちに合体ユニット「ジョー階段」が見れるかもしれない、というジョークで笑う。ミック博士が「ジム・ジャームッシュ」を聞き取れなくて「茶碗蒸し?」と聞き直したので、おれはトマトジュースを噴き出した。

1/4
いつものホテル中央セレーネで目覚める。地デジ化反対を一貫して主張しているわが家にはテレビがないが、ホテルではけっこう見てしまう。サンテレビの「こんにちは県警です」という番組の構成美に感動。午前中に千里中央で用事。新大阪でおみやげを買って名古屋に戻った。

1/5
奥さんと書斎にこもる。引きこもり夫婦。珍しくワインなどを飲みながら向かいあってそれぞれなにかしている。ときどき二人で猫にエサを与えたり、トイレを片付けたり、遊んだり。引き続き「INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE!!!」を読みYouTubeで動画を検索し、の作業が無限ループで延々ノイズまみれの9連休最終日でした。
















[PR]
by kamekitix | 2014-01-05 14:12 | Diary
12月20日
16:06
品川駅に降り立つとめちゃ寒い。山手線が混んでいるので大崎で湘南新宿ラインに乗り換えて新宿へ。夕食を買い込んでプリンスホテルに籠る。
22:30
少し眠ったので元気にホテルを出る。いつも目的駅に停車しない電車に乗ってしまう中央線だが各駅停車なら間違いない。阿佐ヶ谷駅、久しぶり。
23:00
阿佐ヶ谷ロフトAでイベント準備。西原伸也さん、トーニャハ―ディングさん、ヒガリノさんと初対面。みなさん明るくて素敵。沖縄から来た西原さんに島とうがらしをいただく。
23:30
吉田豪さん到着。楽屋で資料整理する豪さんから、あるアイドル・グループについてショッキングな情報を聞く。まじかよ。
0:30
イベント開演。私のパワーポイント漫談からスタート。30人のおすすめ女子をカウントダウン式でプレゼン。仕込んできたオチの直前で地震が起きたりしたが、時間ぴったり終了。時間どおりに終える能力だけは高いのかもしれない。いつだったかベアーズでスカム講義をしたときもまったく時計を見ずに進めてぴったり45分で終わった。今回も時計ぜんぜん見てなかった。天才かも、と思うが、内容がどの程度共感されたかは自分ではよくわからない。
5:30
トーニャさん、西原さん、豪さんそれぞれのおすすめ女子プレゼンテーションを爆笑のうちに堪能。ヒガリノちゃんのサンタ・コスプレも眼前で堪能。おなかへったのでステージ中央でキーマカレーも堪能。堪能しまくりで朝を迎えた。イベントの最後、豪さんがRYUTistの「リトル プリンセス」の動画を流した。「岡田有希子を背負っていく私たちにふさわしい」と言うと豪さんが「そういう人生を選んでしまいましたね」と言ってくれて嬉しかった。
c0086766_1533637.jpg
ヒガリノ・サンタが夢のようにカワイイ。
c0086766_1534885.jpg
豪さん期待の女子リストがトーニャさんの額越しに投影された瞬間。
写真はいずれもくましあんさんのInstagramから無断借用、すみません。くましあんさんいつもありがとうございます。
6:30
見に来てくれていたヨシノビズムや樋口周平、大森靖子、金子山と少し話して、サンタのままのヒガリノちゃん達と阿佐ヶ谷駅でお別れ。このイベント、またやりたい。深夜だから動員はそこそこでしたが、普通に夜の部で開催したらもっと話題になるのではないか。motti-tokyoの磯部成正さんと阿佐ヶ谷駅北の、絵に描いたような赤提灯で朝ビール。倉持由香の尻について静かに、しかし熱く語る磯部さん最高。中央線に乗って新宿で磯部さんと別れ、ホテルに戻る。

12月21日
11:30
起床してFacebookを見ると、出張で上京しているミック博士がUSENの連中と上野で宴会をしている。
13:30
ミックたちに新宿へ来るように指示して外出。寒いのでコンビニでカイロを買って腹に貼る。ディスクユニオン本館でTHE SHAGGSの次女、Dot Wigginのソロアルバムの存在を知り、即購入。缶バッジ付き。M.I.A.の新譜も買ってなかったので購入。ショーウィンドーにキングジョーの白猫イラストのポスターがバーンと貼ってあって嬉しい。可愛い。
15:00
ミック、豆犬とユニオン前で合流して、珈琲西武へ。新宿まで一緒に来てたらしいF井は泥酔しており行方不明のまま会えず。F井と呑んできちんと別れたことは一度もないもんな。たいていいつの間にか帰っているか途中ではぐれて消えるのだ。話題は主に「スマホでUSEN」。ホットケーキを食べて解散。再びホテルに戻る。
19:15
円山町は苦手だ。まっすぐ目的地にたどり着いたことがない。まず道玄坂上で曲がるところを間違えて一個手前で曲がってしまったので迷う。もう一回通りに出て曲がり直す。円山町めんどくさい。サイゾーの吉住さんが予約してくれたお店は雑居ビルのフロアごと個室になった、いかにも隠れ家的なお洒落パーティールーム。リアルサウンド編集長の神谷さん、ライターの麦倉さん、ライムベリーのスタッフでライターの岡島くん、甘噛みの竹下くん、TRANSITでおなじみ中矢くん、大森靖子、元USENの松本有希子でまったりトマト鍋。吉住さんと大森さんという世界屈指のハロヲタ重症コンビの高熱にうなされたようなヲタトークが全開。有希子さんと井の頭線の入口で別れて山手線。再び新宿に戻るが、東口の方向がわからずiPodで『絶対少女』の大森靖子の咆哮を聴きながら彷徨。
0:30
就寝。

12月22日
10:00
チェックアウトして山手線で目黒駅。豊田父子を待っているとカミイショータくんが現れて、四人で駅ビルのタリーズへ。きっかり一時間。話題は主に王将社長射殺事件。
13:41
名古屋駅。暖かい。成城石井で奥さんのおつかい。高島屋でクリスマス・ケーキを買って名鉄に乗る。
14:45
帰宅。奥さんが可愛くてたまらない。
何日か前に、奥さんが死んだにゃん吉くんの夢をみたと嬉しそうに話していた。
「にゃん吉が水球の選手で、すごくうまくて、それを映画化することになって、私は”にゃん吉の役はB'zの稲葉浩志がいいです”って言った」とのこと。
何度も書いて申し訳ないのですが、おれの奥さんはほんとうにかわいい。
にゃん吉に続くかのようにわが家の長老、にゃーこ姉さん(元野良のため年齢不詳だが15才以上と思われる)が12月16日に逝去。
今年は悲しい年になってしまった。
泣き腫らした目で奥さんが「かめさまは私が死んだら泣きますか」と言う。
いやいや。
泣かないかもしれないけど、ぼくは奥さんが死んだら死ぬだろう。
あっちゃんがいない世界で生きるつもりは毛頭ありません。
[PR]
by kamekitix | 2013-12-24 15:11 | Diary
20
TOWA TEI
『LUCKY』
c0086766_15212912.jpg


19
blue marble
『フルカラー』
c0086766_1522103.jpg


18
M.I.A.
『Matangi』
c0086766_21303790.jpg



17
Dot Wiggin Band
『Ready! Get! Go!』
c0086766_21305632.jpg



16
冬里工藤礼子
『みかん』
c0086766_21354715.jpg



15
DORIAN
『midori』
c0086766_22554421.jpg


14
スカート
『ひみつ』
c0086766_9235790.jpg


13
リンダⅢ世
「愛犬アンソニー」
c0086766_15235566.jpg


12
ライムベリー
「R.O.D.」
c0086766_1524796.jpg


11
リンダⅢ世
「未来世紀 eZ ZOO」
c0086766_15242348.jpg


10
ライムベリー
「SUPERMCZTOKYO」
c0086766_15243958.jpg


9
Especia
「ミッドナイトConfusion」
c0086766_15244875.jpg


8
My Bloody Valentine
『MBV』
c0086766_1525459.jpg


7
Especia
『AMARGA-Noche-』
c0086766_15255297.jpg


6
Chvrches
『Bones of What You Believe』
c0086766_15267100.jpg


5
Especia
『AMARGA-Tarde-』
c0086766_15261825.jpg


4
山本精一
『LIGHTS』
c0086766_15263137.jpg


3
豊田道倫
『m t v』
c0086766_15264524.jpg


2
Perfume
『LEVEL3』
c0086766_15265670.jpg


1
大森靖子
『絶対少女』
c0086766_2131982.jpg

[PR]
by kamekitix | 2013-12-08 15:28 | Diary
『キル・ビル』は2のほうが面白い、と言ってた友人たちに詰問したい。
おれは1のほうが好きだ。2は何なんですか、と。グダグダ思い出話ばかりしてメソメソしやがって。だいいちビルが魅力ないわー。娘もぜんぜん可愛くないしなー。おれは1が好き。つーかGO-GO夕張(栗山千明)が好き。
とにかく映画というものがよくわかっていなくて、映画好きの旧友に「おすすめ邦画をおしえてちょ」とメールしたらたっぷりリストを作ってくれて勇んでレンタルして観たのだが、彼が勧めてくれた『十三人の刺客』がひたすらワーワー叫んでるチャンバラで意味がわからなくて(こいつココで殺したらぜんぶ解決やん!なんで殺さへんの!とか思ってしまう)、『愛のむきだし』も「話が長い。セリフがいちいちむかつく。2枚も見れるか」などと酷評して返信したら、かれこれ一年以上返事がない。無二の親友だが絶交状態だよ。
しかたない。おれには映画を鑑賞する力がないのだろう。でも『キル・ビルVol.1』は好きだよ。あと奥さんと『リトル・ダンサー』観て泣いたわー。最後のT・レックス流れるところ。少年時代のビリーが下からびょーんって出てくるところで鼻がつーん、落涙。

今日の再生履歴。
Lio - C'est ma chance


森繁久彌 - フラメンコかっぽれ


Public Image Limited - Rise


東京パフォーマンスドール - キスは少年を浪費する


Stevie Wonder - Summer Soft


みんなこのイベント来られますか。
来れるなら当日ふらっと来てください。とぼくは思ってるんですが、会場としては予約していただいたほうが嬉しいみたい。
「2014ブレイク必至!ぼくらのお目かけ女の子ベスト100」
阿佐ヶ谷ロフトA
2013年12月20日(金)
OPEN 24:00 / START 24:30
前売¥1,500 / 当日¥2,000(共に飲食代別)
【出演】
松本亀吉(会社員)×西原伸也(濁し屋)×トーニャハーディング(DJ)
【ゲスト】
吉田豪、ヒガリノ
くわしくはこちら!
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/19044
よろしくお願いしまーす♪
[PR]
by kamekitix | 2013-12-02 00:24 | Diary
自分の勤めている会社の代表が代わった。4つ下の後輩が代表取締役社長になったのだ。おれは彼が新卒入社したときの人事担当で、去年の春まで彼のアシスタントを一年半ぐらい務めていたりして、なにかと縁があるので、おめでたい。人事採用に携わる人のやりがいは「採用した人たちが成長し活躍する姿を見ること」に尽きるが「自分が採用した社員が社長まで登り詰める」という経験ができる人事スタッフは、日本じゅう見てもほんの一握りだろう。
つくづくおれは幸運だなと思う。
自分は何も努力してないのに、人事スタッフとして最高の喜びを得ることができた。株主総会前にニュースリリースがあって、おれはすぐ彼に「涙が出るほど嬉しい」とメールした。彼からの返信には「今までと変わらずお付き合いくださいませ!」と書いてあった。

いまさらだけど澤部渡のバンド、スカートが好きすぎる。『エス・オー・エス』と『ストーリー』。最高。「返信」って曲のギターのカッティングとエレピの鳴らし方が最高。どの曲も面白い。『ひみつ』も買わなくては。キングジョーと毎日Facebookで会話しているが、このところ話題はスカートかEspeciaのことばかり。

このライブ、完璧だな。



ポール・マッカートニーの新作もかっこいいなー。



うちの猫たち。にゃん吉亡き後、とうぶん獣医さんに行かなくていいかと思ってたら、1Fに住んでるにゃーこ婆さんが不調。いちばん元気なしずく君も一昨日から嘔吐が続いておそらく急性胃炎。で、連日の動物病院通いだ。自分も歯痛が続いたり、のどが腫れたり、肩が痛くなったり。今年はどうも災難が続くけど仕方ない。死ぬはずがないと思ってたにゃん吉が目の前できれいに死んだのを見て「生き物は必ずいつか死ぬ」というのをあらためて実感した。来年おれは47才で、これはきっとどう考えても、もう、たぶん、人生の1/3は終わっているっぽい。たぶん。

ひゃー。ドリアンも新譜出たんですねー!すげー気持ちいい!『bounce』には何でも載っているな~

[PR]
by kamekitix | 2013-11-30 23:38 | Diary
寝て見る夢はたいてい大阪が舞台。今朝も箕面で奥さんとデートしてる夢だった。名古屋や東京の夢はほとんど見ない。だいたい北摂。そういえばいつの間にか堂山町の交差点のピンク映画館が無くなったのだな。在りし日のレポートを発見

安田謙一さんと久しぶりに大阪で会食。楽しくて有意義な時間。「映画のエンドロールの長さに象徴される最近のムード」について考える。

「キングジョーとTwitterでDMラリーしててDMと間違えてツイートしてしまった自分がいやになった」というだけの理由でTwitterをやめてしまったのだが、いまのところ復帰するつもりもなく、豊田くんと豪さんのページだけをときどき見てる。この二人のタイムラインだけで自分の興味はだいたいカバーできるようだ。自分の筆名で検索したりしていたが、たいていのツイートは「つぶやき」というより「口ごもり」だ。取るに足らない、鈍い言葉を目にするのは社用メールだけでいい。そして、自分がつぶやきたいことはこのブログに記すことにしよう。
(⇒2013.12.15追記。Twitterアカウント再開しました)

10年ぐらい前、『SPA!』に「音楽情報誌は『bounce』だけでいい」というコメントを載せたことがあるけど今も同感だなぁ、と、ずいぶん薄くなってしまった『ミュージック・マガジン』を手に取って思う。『ミュージック・マガジン』はかつて硬派な持論を展開する、音楽ジャーナリズムを体現する雑誌だった。もし野間易通さんが『ミュージック・マガジン』を辞めなかったら、今ごろどんな誌面になっていただろう。

「『最近の若者は云々』という言葉は千年も前から使われている」ってニ千年以上前から言われてるんだろうな。

「遅ればせながら『キル・ビル』を観ました」と言ったら「2は観たのか。キル・ビルは2がいい」とその場にいる全員に同時に言われた。ので、今から観ます。

遅ればせながら『ドラゴンタトゥーの女』も観ました。リスベットかわいいね。

書かないといけない原稿があるけどまったく気が進まない。

[PR]
by kamekitix | 2013-11-21 00:24 | Diary
このブログのプロフィール写真にも使用している、わが愛猫の松本にゃん吉が9月5日に息を引き取りました。もし、このブログのにゃんこたちの写真を楽しみにしてくださっている方がいらっしゃれば、長年のご愛顧に感謝いたします。

にゃん吉は2000年7月に世田谷区の動物病院で交配されたアビシニアンとサイベリアンのハーフで、茶沢通りのペットショップで購入しました。

当時、私は33才。本社に転勤してバタバタと働き、副業のライターとしても仕事が多かった時期で、家庭を顧みず、妻に淋しい思いをさせていました。にゃん吉は私たち夫婦を明るくし、見守ってくれる新しい家族でした。大阪、愛知への引越も一緒に経験しました。

最後の数年は糖尿病で、毎朝のインスリン注射や食事制限など、妻が世話をしていました。この夏に他の病気が見つかり、少しだけ入院もして、あらゆる可能性を考えて手を尽くしましたが、好転の見込みがなく、自宅に戻って三日目に亡くなりました。

退院した時点で重体だったと思うのですが、よく頑張りました。亡くなる前夜の名古屋は猛烈な豪雨で電車がすべて止まってしまい、私はタクシーとマイカーで帰宅したのですが、その間も、にゃん吉は待っていてくれました。次の日は会社を休んで、朝からたっぷりと傍にいて、感謝の言葉をずっと聞いてくれました。

さすがに最後の数時間は苦しそうで、寝返りも打てず、夫婦の書斎の床で目を見開き、肩で息をして横たわるのを妻と見守り両脇から全身を撫で続けました。最後に大きな息を吐き、おなかに耳をつけると心拍が弱まっていて、次の瞬間には呼吸も心拍も停止していました。爽やかな夏の終わりの昼下がり。15時55分でした。

自宅で簡素な通夜をしました。よく有名人の訃報などで「穏やかな顔で眠っているようで、今にも起きてきそうでした」なんていうコメントを見ますが、まさにそれで、ツヤツヤした毛並、ふわふわした感触は、本当に死んでしまったのが信じられないくらい美しかったのです。まだ生きてるんじゃないかと思って何度も心拍を確認しましたが、復活しませんでした。

翌日、名古屋市南区の動物霊園のある大きな寺で火葬しました。ちょうど丸一日、自宅に亡骸を置けたのも、にゃん吉のタイミングの良さを感じました。ほんとに苦しい姿を見せたのは最後の数時間だけで、そういうところも、優しくて賢い猫だったな、と思います。

妻がリビングのショーケースに写真や遺品、骨壺を置いて、ちょっと仏壇っぽいにゃん吉コーナーを作りました。火葬した夜にヤマダ電機でデジタルフォトフレームを買ってきて、にゃん吉の写真をスライドショーでずっと放映しております。USBメモリに格納した画像は3,000枚ほどになりました。

にゃん吉はとにかく可愛い猫で、少なくとも私たち夫婦にとっては世界一可愛い生き物でした。

ペットとの死別は、いつか必ず訪れるつらい出来事です。「もうにゃん吉に会うことはないのだ」と思うと、頭がおかしくなりそうなほど淋しい。この喪失感はしばらく埋め合わせることができないと思いますが、13年間、世界でいちばん可愛い生き物と一緒に過ごせたことを幸福に思います。

c0086766_21523139.jpg

c0086766_21525394.jpg

c0086766_2274968.jpg

c0086766_2153279.jpg

c0086766_21533749.jpg

c0086766_2154020.jpg

c0086766_21541730.jpg

c0086766_21544962.jpg

c0086766_21545245.jpg

c0086766_21551274.jpg

R.I.P.
[PR]
by kamekitix | 2013-09-09 21:57 | Diary
8月10日(土)
本日より9日間の夏季休暇。朝、新幹線で名古屋から大阪へ。千里中央で用事を済ませ、千日前のホテルにチェックイン。夜に合流する予定だったキングジョーから「もうホテルの2Fの居酒屋にいる」とのメール。まだ17時やんけ。めちゃ早い。予定狂うわ。ジョーのお連れさんは麗しき妙齢の美女お二人、ドミ嬢と聡子嬢。ほどなくミック博士が合流して大好きな天秤棒へ移動。3Fは実に良い座敷。タツ夜さん合流で天衣無縫のアラフォー・トークは果てしなく、店内BGMの謎の選曲(ジャンルバラバラの80's三昧)で盛り上がり、樽酒と岩ガキによって右往左往する会話は何ひとつ結論の出ないまま、おばちゃんに閉店を告げられた。気づけば広い座敷に残っているのはわれわれだけで、冷房が寒い。冷房切ってもらうと、めちゃ暑い。
c0086766_12174283.jpg
千日前のローソンでちょいチンピラ風の兄さんと中国人らしい女性店員が怒鳴りあっていた。店長らしきおじさんもチンピラに劣らぬ凶悪な眼光で応戦。泣き叫ぶバイトの女の子。警備員が来て大騒ぎ。誰でもいいからレジを打ってくれ。

8月11日(日)
10時頃にホテルを出て、阪神大阪難波駅へ。何その駅名。近鉄と阪神が併記された看板にすごい違和感。
c0086766_12171871.jpg
初めて乗って西九条~JR桜島。サマーソニック大阪の二日目を観る。お目当てはCHVRCHES。SONIC STAGEは体育館みたいなとこ(舞洲アリーナ)で居心地が良い。直前に出てた日本のバンドがRADWIMPSを薄ーくしたようなつまらない演奏で、まあ曲は歌詞を聴かないようにすれば聴けなくはないんだけど、曲間のMCが破滅的にダサくて「ここにいる全員で今ここにいる証を残そうぜ」みたいなテキトーな創価的な例のアレで、暑い中歩いてきたこともあって、比喩ではなく吐きそうになったがCHVRCHESを前のほうで見たかったので頑張った。andropファンの邪魔をしない程度でCHVRCHES地蔵。おかげで最前列を確保。CHVRCHESは想像どおりキュートでチャーミングでほんと最高。エレポップ30年聴いてきた自分にとって至福の時間だった。来て良かった。もう帰ってもいいや。素晴らしかった。でもせっかくなのでもう少しいようと思って、昼めしを求めてSONIC STAGEを出て外へ。暑い。灼熱だ。適当にチョイスしたハヤシライスが意外と旨い。メインのステージではマキシマムザホルモンが演奏しているようだがやけにMCが長くて「よく喋るバンドだな」と思った。午後は野外でBABYMETALを観た。相変わらずダンスがキレイで可愛い。初めて観るらしい客は大いに感嘆していたが、実に苦々しい顔で見ている人もいて、お客さんの反応が面白かった。やっぱり暑いのでポカリ買って再びSONIC STAGEへ避難。スタンド席で良い場所を確保したので「もうここから出ない」と決意。MEWというデンマークのバンドも良かったが、ほんとに凄かったのはM.I.A.。人類最強ビート。世界一かっこいいキチガイ。メタリカの裏でこんなおかしなステージに熱狂する客がたくさんいて、非常に心強い気がした。
c0086766_1218243.jpg
結局メインステージには一歩も踏み込まず、M.I.A.の余韻を胸に帰途。桜島駅は混むと見越してタクシーで一気に西九条まで。運転手さんも大いに賛同してくれて「バスもタクシーも桜島駅まで行くけどJR本数少ないし、USJ帰りのお客さんもいるから満員で乗れないんですよ。西九条までタクシーで行くのが正解です」とのこと。阪神に乗って、あっという間に難波に戻れた。ふと思い立って、昔よく行ったなんばウォークの正起屋で焼き鳥丼。これが美味いのです。生ビールを飲んでしまって真っ赤な顔でホテルに戻って、眠る。

8月12日(月)-16日(金)
12日の昼すぎには東海市の自宅に戻って、5日間は奥さんと猫たちと過ごす。近くへうどんを食べに行ったり、買い物以外はずっと家でゴロゴロ。ベランダに出した椅子で日光浴。安田謙一さんの本と新幹線で買った週刊文春を熟読。DVDで「追悼のざわめき」「ゆきゆきて、神軍」「グラン・トリノ」「ブライアン・ジョーンズ」など。糖尿の老猫(ニャン吉)が少し元気がなくて、心配。

8月17日(土)
御器所で豊田道倫のライブ。なんやの二階の座敷。夏休みの終わりに「家族旅行」を聴けて嬉しかった。MTのTシャツはThe Shaggs。思いがけない人たちに再会できて、良い夜だった。
c0086766_12182241.jpg


8月18日(日)
昨夜石田未来くんにもらった台湾土産のからすみが美味。妻が大根を薄く短冊に切ってくれて、挟んでいただく。英国産の甘いビールと。46才の夏休み、終了。
[PR]
by kamekitix | 2013-08-20 12:21 | Diary
←menu