<   2009年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

妻の作ったハンバーグを解凍して食べて、昼過ぎに自転車に乗って渋谷へ。
自転車は妻が通販で買ってくれたローバーMINI製の自慢の可愛い奴で、非常に快適なのだ。
おれは車の運転はペーパーだが、自転車の運転にはかなり自信がある。
南口の山下書店の前の、12時間100円の駐輪場に停めて、田園都市線で池尻大橋へ。
10年前はこの町に住んでいたのだが、相変わらず車の騒音がひどく、歩道が狭くて舗装がデコボコで歩きにくい。
でも、グレーのつなぎを着て薄いサングラスをかけた蒼井そらとすれ違ったからラッキー・デイ。
氷川神社を北上したところにあるスタジオで、豊田道倫のレコーディングを見学。

今回のアルバムは若手の新鋭バンド「昆虫キッズ」を従えたもので、すでに何度もリハーサルを重ねていた模様。
今日から3日間で十数曲、ミキシングまで終えてしまおうという強行軍だが、どの曲もアレンジがほとんど完成されていて、一発録り+反省点のある人だけパートごと修正、という作業で、次々とベーシック・トラックが出来ていく。

しかも、エンジニア=内田直之の今回のテーマは「放置」とのことで、おかげで、ほとんどの収録曲の、たぶんかなり完成形に近い音を聞くことができた。
c0086766_0465788.jpg
c0086766_0471897.jpg
c0086766_0473728.jpg

断言しておく。

今回の豊田道倫のアルバムは最高傑作だ。
彼のキャリアにおける最高傑作であるばかりでなく、日本のロック史上に輝く作品になるだろう。
すべての豊田道倫ファンのみならず、ペイヴメントとか好きなオルタナ一期生や、シトラスとかヴァセリンズが好きなひねくれネオアコ・フリーク、いまだにストラングラーズがいちばん好きと言うパンクスにさえ訴求するはずだ。
原初的かつウィットに富んだ、瑞々しいロック。
2009年。こんなにピュアで眩しい音は、「豊田道倫with昆虫キッズ」にしか出せない。

なにせ今日録音が始まったばかりでリリースはずいぶん先だが、今から完成が楽しみだ。 「ゴッホの手紙、オレの手紙」という曲があるのだが、これが特に凄かった。

夕食は豊田くんとスタジオの隣の古い中華料理屋で焼き飯。

アルバムのメイキング・ビデオの為にずっとカメラを回している岩淵弘樹くんと、夏祭りで賑わう246沿いを歩いて池尻大橋に戻り、地下鉄で渋谷へ帰った。
ただでさえあんなクソ狭い歩道に屋台並べて祭りなんかすんなよ。こいつらは全員アホなのではないか。
[PR]
by kamekitix | 2009-08-24 00:52 | Diary
今週末は帰省せず、東京で過ごす休日。
ワンセグで高校野球を見ながらワイシャツ10枚アイロンがけ。90分かかった。

夕方から新宿東南口へ。
シアターPOOで豊田道倫のリハーサルを見て、S.L.L.のコイズミくんと3人でごはん。
c0086766_172016.jpg

「明日レコーディングで早く起きるから9時半には帰る」と言っていたみーくんだがライブは10時までたっぷり2時間。
終わってから加藤さんやヤクさんと歓談。
会話が途切れるので携帯にメモしてるネタ帳で話題を探すが、加藤さんの「三軒茶屋ツインズ」の話に負けました。
JAN相見がめちゃ太ってて驚いた。10キロ太って通風になって禁酒しているらしい。
一人で山手線乗って恵比寿に帰る。

セブンイレブンで水道代を払おうと思って明治通りを歩いてると、ダイノジ大谷さんとばったり。ビックリ!
渋谷から家まで歩いてるんですと。家まで5駅はあるよ!どこまでストイックな人なんだ!

明日は池尻大橋のスタジオへ。
豊田道倫with昆虫キッズ(仮)のレコーディングを見学に行ってきます。
[PR]
by kamekitix | 2009-08-23 01:13 | Diary
『ロック・マガジン』末期の編集者として著名な田中浩一さん(『溺死ジャーナル501』にも変名で執筆していただいてます)。歌人として活動されていますが、おそらく東京では初めて、画家としての個展が開催されます。わたくしもまだ一度も原画を拝見したことがないので、この機会に必ず見に行きます。田中先生はナイーブで、天才なので、たぶんどの作品もきっと最高にポップなはずです。

田中浩一展 -魔都2009-
2009/08/17-22
11:00-19:00
GalleryK
東京都中央区京橋3-9-7京橋ポイントビル4F
*****************************
9・11後の世界は現実が我々のイマジネーションを遥かに超えてしまった。
雲ひとつない突き抜けるような青空をバックに、高層ビルが歪み、
赤くさびたねじ頭の男たちが旋回する。
透明チューブという家庭内で飼い殺しにされていく市民という名の記号。
全身に宇宙が貼りついた男が粉々に砕けていく寸前の安らぎ。
空っぽの白いシャツの塔はすでにロボット以下の企業戦士の墓標か。
田中浩一氏が描き出す世界は、現実を超えるイマジネーションの復権か?
私の作品はシュールレアリズムではない!と断言する田中氏。
だとすると、この絵画の世界こそがアセンション後の現実なのだろうか。
|森山雅夫|
*****************************

[PR]
by kamekitix | 2009-08-22 12:30 | Information
この秋に子供が産まれる親族や知人が何人かいて、そろそろ「名前をどうするか」みたいな話題が出てきているのだが、みんな意外と今ふうの突飛な名前を候補に挙げていて驚く。もっと普通に「ひろし」とか「たかゆき」とか「ゆみこ」とかそういう名前でいいじゃん、と思うのだが、トレンドを意識しているのか、けっこうみんな無茶苦茶で、一様に「語感が可愛くて、二つとないものを」などと言う。そういう観点だとどうしても突拍子もなく華美なものになり易いようだ。
「セナ」とか「シャネル」とかいう名前をつける親もいるようだが、それって苗字だよね。
うちには子供がおらず、今後も作らない方針なので、勝手なことを言うが、そんなにオリジナルな名前が良いなら、豪奢で裕福であってほしいという願いを込めて「銀行」という名前にすれば良いのではないか。

■GWINKO

■島崎路子は可愛い。こんな可愛い顔の女子は後にも先にもロコだけだ。

■Funkapolitan

■希志あいの、原紗央莉に負けずに頑張ってほしい。

■原紗央莉、希志あいのに負けず頑張ってほしい。

小明ちゃんのブログに載りたいがためだけに書評を書いてみました。そして、載せていただきました。いつもすみません。
[PR]
by kamekitix | 2009-08-16 16:20 | Diary
c0086766_1651437.jpg
しずくです


c0086766_16512968.jpg
うたです


c0086766_16515596.jpg
ぼくたち兄妹なんです


c0086766_16523147.jpg
いてー


c0086766_16525234.jpg
やめれ


c0086766_1653121.jpg
キャー


c0086766_16533559.jpg
c0086766_16541185.jpg
(反撃)
c0086766_16542880.jpg
c0086766_16544098.jpg
いたいやんけ


c0086766_1655887.jpg
しるか


c0086766_16552760.jpg
本気やぞ


c0086766_1656055.jpg
妹なめんなよ


c0086766_16562484.jpg
すまんかった


c0086766_16564644.jpg
いやなんかまだ気がすまん


c0086766_16571524.jpg
ギャー


c0086766_16574339.jpg
うるさいなー


c0086766_1658214.jpg
さっきはすまなかった

そのころニャン吉はお気に入りのプリンタ裏スペースでお昼寝
c0086766_16585725.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-08-14 17:02 | Photo
c0086766_18314933.jpg
c0086766_1832382.jpg
c0086766_18321550.jpg
c0086766_18322569.jpg
c0086766_18323525.jpg
c0086766_18324679.jpg
c0086766_18331151.jpg
c0086766_18332112.jpg
c0086766_18333058.jpg
こんなでっかいかき氷食えるか
c0086766_18334025.jpg
二回トイレ行ったよ
c0086766_1833492.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-08-14 16:30 | Photo
c0086766_22311941.jpg

リョウ・アライは、徹底的な四つ打ちをベースにした世界随一のハウス・トラック・メイカーで、すべてのリリース作を全面的に信頼して良い。AVでいうと吉沢明歩クラスのアーティストだ。おれは昨年Perfumeにインタビューしたとき、のっち嬢に彼の情熱的な名作『ROUGH MACHINE』をわざわざHMVで買ってプレゼントして「おまえはこれを聴け。リョウ・アライを聴かないでテクノ・ユニットを名乗るのは許されないということを知れ」と言ってやったほどだ(やや脚色あり)。

そして、イルリメのサウンド・プロダクトのクオリティの高さを、いまさら解説するまでもないだろう。

この二人がそれぞれ変名ユニットで5曲ずつ持ち寄ったスプリット・アルバム。しかも、それがほぼ全編インストというのだから、こんなもん、もー、どー転がっても面白いに決まっている。コンセプトの勝利だ。

両者ともブラックなテイストのホーンやコーラスのサンプリングが特徴で、キラッキラしたギターのカッティングが随所に施されていて、ダンサブルにもほどがある。アフロなレア・グルーヴのパーツが融和しエレクトロとして再構築されていくプロセスには、80’s末期のMEAT BEAT MANIFESTOのエキサイティングな実験を聴いているような懐かしさがある。そして、それらが実にナチュラルに展開される心地好さが新しく、絶妙だ。

このアルバムをiPodにぶっこんで一日中爆音で聴いていたい。明治通りの『きつね』という気取ったバーの前でサイバーのりPみたいに「くらげ~♪」と言いながら踊ってやりたい。これはリーガルでヘルシーな、しかし強烈な覚醒音楽だ。

青春をカセットテープMTRに捧げた最後のアナログ世代も、ラップトップの若き宅録職人たちも、きっと『DRAG AND DROP』にクリエイティブな欲求を喚起され、ここからさらに新しい何かが産まれるといいな。

2009/07/15
IMAGINED RECORDS
[PR]
by kamekitix | 2009-08-13 22:32 | Review
c0086766_12424651.jpg
c0086766_12425696.jpg
c0086766_1243538.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-08-12 14:42 | Photo
08/10

昼、東海市の家を出ようと着替えていると、しげちゃん(猫)がベッドで「出かけちゃうんだ」みたいな顔をして見てくるのでちょっと隣に横になったらニャン吉(猫)までベッドに登って来て「もう大阪行かなくていいじゃん」みたいな目で甘えてくるので、3人(おれと2匹)で昼寝してたら妻が店から上がって来て「まだ出かけてないんだ」と言って笑った。
淋しいけれども用事がいろいろあるので新幹線に乗って大阪へ。

17:00から恒例の納涼『正宗屋』飲み会。
昨年末に「予約がいっぱいで無理」と言って断られたことを店員さんが覚えていて、顔を見るなり「久しぶりー!!! 年末はすんませんでしたなー!!!」と、いつもの過剰な大声で詫びられ、奥の席を空けてくれる。マイミク級に仲良し。
いつもの大阪メンバーで飲み、いつもながら天ぷらが旨い。
何の拍子だか「このメンツでカラオケに行くとどうなるか」と思い立ち、近くの『ジャンカラ』へ河岸を移す。
店員の女の子(可愛い)がお勧めするコースに「マジですか!それはイイですね!だが断る」という応酬を連発。受付でボケまくる大阪の流儀。その間、アーサー王はフロントに置いてあったコスプレの衣装をチョイス。
ほとんど全員、歌声初披露。みんなうまいということがわかった。
ミック博士の選曲が渋い。松田聖子「赤いスイートピー」とか泣ける。
おれと塩ちゃんはカーネーションや大滝詠一を合唱。
WEDNESDAY_EVEの男たち(塩ちゃん、アサヒラさん、おれ)は何だか歌声が似ているという発見。
アーサーは終始ガチャピンのコスプレでご満悦。トイレでも別の少年のグループが「今ガチャピンいたよな?」「見た見た!」と話題になっていた。
カラオケって面白いですね! また行こう!
c0086766_14364837.jpg
c0086766_1437240.jpg
c0086766_1437204.jpg
c0086766_14373090.jpg
c0086766_14373947.jpg
c0086766_14375541.jpg
c0086766_14381423.jpg


千里の自宅に戻り、寝ようとするが、まさかの蚊による攻撃に遭い、眠れない。
全日本蚊に食われやすい肌選手権大会があれば優勝するかもしれないおれは、とりあえず今、寝室にダニ用スプレー(これしかなかった)を噴霧。食堂に避難し、これをタイプしている。午前4時20分。

あと、エアコンが仏間にしかなくて、寝室が暑い。いずれにせよ、この家、眠れない。なんとかしてくれ。午前4時30分。

仏間に布団を移せば良いのだと気づいた午前4時40分。


08/11

正午ぐらいまで寝る。
昼すぎ、千里中央で用事を済ませて、梅田へ。
今回の帰阪の大きな目的であった、あるアーティストの『溺死ジャーナル』取材がドタキャン。
いろいろ準備していただけに無念だが、仕方ない。
SEIKOさん、お身体お大事になさって下さい。

梅田を少し歩いて、地下鉄で千里に戻る。
コンビニでスーパーカップを買って、食べながらサンテレビのナイターを見る。
大阪ドームの阪神中日。解説の阪神OB・中田良弘がすぐ溜息ついたり舌打ちしたり「首位争いなんて興味ない」と言ったり、自虐的で笑える。
確かに阪神は初めて見る選手がたくさん出てて、大変そうだ。大和って誰。

用事が済んでしまったので、明日朝早めに名古屋に帰ろう。

結局この大阪滞在のメイン・イベントが昨日のカラオケになってしまったことは、空しいような、面白いような。
c0086766_1439654.jpg
c0086766_1448430.jpg

[PR]
by kamekitix | 2009-08-12 14:40 | Diary
裁判員裁判と中京大中京って似てるよね。亀吉です。
夏休み二日目ですが、もう会社のことは忘れました。
いつか思い出す日が来るでしょう。

「小雪さんのおいしいハイボールの作り方」だと? なぜ「さん」付けなんだ。小雪でいいだろ。

のりピーのせいで小向美奈子が吹っ飛んでしまいましたねえ。ロック座盗撮裁判とかもう誰も全然興味ないだろうな。
かわいそう小向美奈子。

押尾学の件は「彼の顔がカッコイイこと」が唯一の原因だ。彼がブサイクだったら何のニュースにもならない。だから騒げば騒ぐほど「やっぱ何だかんだ言うても押尾学の顔はカッコイイ」と叫んでいるのと同じである。実際、見れば見るほど押尾学の顔はカッコイイ。

明日から大阪に行きます。
またすぐ名古屋に帰ります。
そんで東京へ戻ります。

April Marchかわいい。

[PR]
by kamekitix | 2009-08-09 21:30 | Diary
←menu