<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

金曜の夜、渋谷でBOREDOMS、新宿で豊田道倫のライブがあったようですが、私には愛知県で家庭がありますので、帰省しておりました。

可愛い妻と猫たちとまる二日間のんびりと過ごしました。
ほんとにココは猫カフェならぬ猫リゾートであります。
次男のしげちゃんとゆっくりビールを飲みながら話しました。
ニャンニャーン。

溺死ジャーナル、適当に売れているみたいですが、売り切れないと邪魔だと思うのでぜひ買って下さい。千円ぐらい持ってるだろ。

イベントは6月26日にあるみたい。
まだちょっとわからないけど、行けたら行きます。

今週もいろいろ忙しいです。みんな忙しそうですね。
がんばってね。パソコンを買い替えようと思っています。

そういえば先週、初めてDOMMUNEに入れてもらいました。
RIP SLYMEのFUMIYAさんがDJをしていましたよ!
すげー! 狭い! ここまで小さいとは! なんの楽屋だこれ!
宇川くんと11年ぶりぐらいに会いました。
実は自転車で五分ぐらいのところに住んでいるので、またゆっくり。

今日のYouTube。
気持ち良いですね。

SWANS、アホや。

みなさんイリーガルなドラッグはやめましょうね。

少女時代最高。
[PR]
by kamekitix | 2010-05-30 21:42 | Diary
最近感動した動画です。



少女時代最高。おれのアンテナ、情報の受信が一年半遅れているようです。
[PR]
by kamekitix | 2010-05-29 16:45 | Diary
全国150人ぐらいの溺死ジャーナルご愛読者の皆様へ。
久しぶりに作ってみましたのでよろしければ。
前回・前々回と、いろいろお世話になったお店の皆様には申し訳ありませんが、今回はタコシェのみの販売で。
タコシェさんでは通販もされています。
私あてのメールによる通販は致しませんので、要するに完全に「タコシェ独占販売」です。
こちらのページから ↓
「溺死ジャーナル2010」予約開始
よろしくお願いします。
[PR]
by kamekitix | 2010-05-25 02:34 | Information
木曜から名古屋で仕事。土日は東海市の自宅でのんびり休み。気持ちの良い晴天が続く。ベッドで猫たちと眠る。起きてテレビを見たり見なかったり。本を読む。薬を飲む。また眠る。

YouTubeでMinilogue。

Gui Boratto、なんと気持ち良いのだろう。

これも気持ち良いですねー!

これも気持ち良いですねー! KAN最高。おれのアンテナ、情報の受信が一年遅れています。

Markの加藤さんが教えてくれたMICACHUのライブ。めちゃくちゃかっこいい。

LCD SoundsystemのPV。とにかく悪い。めっちゃ悪い。

シャグスのライブ動画は見つかりませんでした。
[PR]
by kamekitix | 2010-05-16 12:16 | Diary
今週末は帰省しない休日。
朝九時に妻からのクール宅急便を受け取る。
天気が良いので洗濯。
Twitterでアーサーに教えてもらったradikoでラジオを聴く。
QJの原稿を少し。
入稿済の溺死ジャーナルの原稿にヤバい箇所があり、迷った挙句、伏字にすることを決意。
ニシダ印刷にメール。

夕方、近くの自転車屋へ。
先日からどうも愛車の変速ギアがおかしいのと、ペダルのところのネジが一個欠けている。
ギアは直してもらったが、ネジはメーカーに注文したほうがよい、とのこと。
たぶん針金かなにかで固定すれば済みそうなので自分でやってみよう。D.I.Y。

クアトロの入ってるビルがブックオクになってた。
いつから? 知らなかった!
カーネーションのライブ。
受付で直枝さんと高校時代に「麻呂」というユニットを組んでいた樋口さんに会う。
秋にリキッドルームで挨拶させていただいて以来。
カーネーションは今日も凄かった。
間奏やアウトロを長くして直枝さんが猛烈なギターソロを弾くアレンジが目立つ。
二回目のアンコールはアコースティック・セットで「市民プール」。
今年の夏も「市民プール」が聴けたから大丈夫。
きっとすべてうまくいくだろう。
ありがとう、直枝さん。
派手な演出があるわけでもなく、新作が出たばかりでもないのに、クアトロは超満員。
「あの美しい曲たちをライブで聴きたい」という純粋な音楽への希求に拠る集客だろう。
そして、観客全員が満足したに違いない。

大切な友人からご家族の訃報の電話。

「bounce」でフジロックの広告を見てたら「SUPER JUNKY MONKEY」の名前が。
検索してみると去年からMUTSUMI抜きの三人で活動再開しているのですね。
知らなかった!
「MUTSUMI以外のヴォーカリストを迎えてSUPER JUNKY MONKEYとして活動していくことはありません」

昨年のライブ。しのぶさん相変わらずニコニコしてる!

MUTSUMI生前のライブ。ダイブの嵐だ。懐かしい。
[PR]
by kamekitix | 2010-05-09 02:30 | Diary
先日から連投しているこのタイトル
「皮一枚で肉と肉欲」
は、溺死ジャーナル2010の「特集/小井出麻衣」の中で紡がれている驚愕の詩の一節です。
彼女の懊悩と、ブコウスキーの無頼は並列であり等質である。

『ロックンロールストーブリーグ』を相変わらず読んでいます。
DJ Riko「Whistler's Delight」


BE BOP DELUXE「Ships In The Night」ビル・ネルソンって80年代以降のソロしか知らなかった。高橋幸宏とかと一緒にやってました。70年代に活動していたバンドはこんなにポップだったんですねー。

Twitterのキーワードに「スケブ」というのがあって、
「あーブラジャーが透ける季節。最近の若者はスケブって言うんだー」
と思って検索してみたら「スケッチブック」の略なんですと。
コミケでスケッチブックに描いてもらうことを「スケブおねがいする」と言うらしい。
じゃあ「ブラジャー透ける」は引き続き「スブラキ」でいいかな。

モッズヘアーのCMの女の子が可愛いな、と思って調べたら、また仲間リサ!
ぜんぜん自覚してないけど、おれはもしかしたら無意識に仲間リサが好きなのかもしれない。どうしよう。
[PR]
by kamekitix | 2010-05-04 16:00 | Diary
29日は何だか寝不足のまま新幹線乗って新大阪へ。
一度千里中央の実家に行って、すぐ地下鉄に乗って、日本橋へ。
文楽劇場裏あたりの、たぶん関西で最も下品なラブホ街にあるRHBというクラブへ。
『WDENESDAY_EVEのダンス・フロア・キラー』と称したイベント。
リハーサルをたっぷりと行い、一人でなんばのダイソーへ。
ボールや風船を大量に買った。1500円。
K2レコードの並びのなか卯で親子丼。なんか辛い。
日三の交差点のセブンイレブンでフライヤーをコピーして、RHBに戻る。
このあたり、大阪に勤めてるころは毎日歩いてた。寒い。

入口の階段で塩ちゃんがギター個人練習中。
風船を膨らませたり、絵を描いたり、来場される知人たちと談笑して過ごす。
ドア越しにp*ちゃん、サンドウさんのDJ、松元隆さんの凄まじい演奏が聴こえる。
会社の篠田くんと晴果ちゃんが見に来てくれて嬉しかった。
篠田くんはぼくと入れ替わりで東京から大阪に戻った人です。
階段でしばらく話す。

ジョーのDJの最中にセッティング。
WEDNESDAY_EVEのライブ開始。
MCで何を言ってもフロアから反応なく、ヤケクソな気持ちになる。
ドラムスは楽しかったです。
いつもよりスティックを短めに持った。
いつもながら、学芸会みたいだな、と思う。
とはいえ、ぼくは学芸会とか文化祭とか学園祭の記憶がない。
少なくとも、そういう催しで何かをした覚えがない。
これは失われたおれの学芸会への根深い復讐なのだ。
そういえば溺死ジャーナルも誰かのブログに「学祭のパンフレットみたい」と書かれたことがあるが悪い気はしなかった。
学祭上等。
毎回変わりばえのしないライブですが、まあ2年に一回ぐらいしかしないですし、またみなさん忘れたころに見に来て下さい。

サンドウ夫妻のバー『ノバボサノバ』に行きたくて、ミック・アーサー・ガミちゃんと。
RHBの近くで「ものすごく嫌がっている女の子の手を男が強引に引っ張って、まさに引きずりこむようにラブホに入っていくカップル」を見て爆笑。
コントでもあんな動きしないだろー。
非現実的で衝撃的な光景だった。
さすが日本橋。

『ノバボサノバ』はとてもキレイでゆったりしたお店。
三ツ寺会館は『Ganja』のイメージが強いので、もっと窮屈だと想像していたのですが、全然違った。
サンドウさんのレッドジンジャーカレーをチーズ入りで。
もはやカレーの域を超えた美味。
もうこれはわざわざ「カレー」とか言わなくて良い気がする。
「サンドウさんの作るおいしいアレ」で良いのでは。
ミックさんとガミちゃんが帰ったあとは、アーサーと夫妻のヅカ談義を聞く。
ぼくはただひたすら花影アリス嬢の生写真を見つめる。
これが花影アリスか…。
一時間ぐらい「これが花影アリスか…」とだけ考えていた。
アーサーと四ツ橋筋からタクシー。
江坂でアーサーが降りて、1時半頃、千里の実家へ戻る。

30日。会社は有休。

目が覚めたら正午過ぎで、9時間以上眠っていた。久しぶり。

千里中央で少し用事を済ます。

自分には肉親に対する愛情があまりない。
育ててくれてありがとう、とか全然思わないなあ。
まあ丈夫な身体に産んでくれたことには感謝していますが。

名古屋へ戻るので新大阪へ。
今、妻と食べる551蓬莱の豚まんの紙袋を抱えて新幹線に乗っている、20時。
[PR]
by kamekitix | 2010-05-01 20:32 | Diary
←menu