<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

4月25日にDOMMNUEで行ないました「KAMEKICHI MUSIC FAIR」。
ご覧いただいた方、ありがとうございました。

予想以上の科学反応が生じて、カオスでした。
ある程度のカオスを想定したので「MCはほとんど決められたことしか話さない」「台本どおり話す」という方針でやりました。
そこで抜擢したのが、ぼくと同じ会社で、副業でMCをやっている泉水かな子こと森角香奈子さん。プロのナレーターさんです。
そのルックスと声が、すべての演者を圧倒する存在感で、打ち上げでも「かな子さんこそ真のスカム」と大絶賛でした。
いろんな方から届いた感想メールもほとんどかな子さんに触れられていました。

しかし、ぼくがいちばん感激したのは、Negiccoのファンの皆さんで、ちゃんと最後まで居てくれて、クリトリック・リスでも思い切り盛り上がってて、終わって、会場を出てNegiccoが車に乗り込んだ後も整列(しかもお店に迷惑がかからないよう少し離れたところで)していて、「今日最高でした」とか「ありがとうございました」とか、ぼくにも挨拶をしてくれたことでした。Negiccoファンすげー。
こちらこそありがとうございました。またNegiccoのライブ会場でお会いしましょう!

平賀さち枝ちゃんは可愛くて、一瞬で空気が出来ました。今発売されている『Quick Japan』で紹介しているデビュー・アルバム『さっちゃん』がディスク・ユニオンのインディーズ・チャートで一位!

Negiccoはさすが日本一のロコドル・ユニット。可愛くて、完璧なパフォーマンスでした。特に「圧倒的なスタイル」が良い曲でした。CD買わなくちゃ。

豊田道倫+久下惠生はしっとり&粗雑におとなの狂気。「ゴッホの手紙」が凄かった。打ち上げで久下さんは「この世に太鼓が無かったらおれは何人も殺してるで」と言ってました。またゆっくり話したい。

クリトリック・リスは今日もハズレなしの選曲。「NONchang」「ABEちゃん」で泣かせて「スウェッティ」で締め。完璧や…。

乱入ゲストとしてトークしてくれた吉田豪さん、カンパニー松尾さん、前野健太さんも、実に良かったです。
しかし、このメンツを二時間で見れるプログラムはなかなか無いでしょー、面白かったですねー。

自画自賛が続きますが、これだけバタバタしつつ21時ぴったりに終了できたのも良かった。出演者のみなさんとDOMMUNEのスタッフのみなさんに感謝です。

ぼくは天邪鬼なので、何をするにも何かのアンチテーゼなのですが、「KAMEKICHI MUSIC FAIR」は、反原発ディスカッション、フィッシュマンズ+、根本敬の電脳ハッテン場など、あらゆる「それっぽいもの」への反抗でした。もっと説明のつかないようなこと、辻褄の合わないようなことをしたいです。

リハでNegiccoを観た豊田道倫が「これのあとにやるのはキツイ…」と帰りそうな勢いだったんですが、翌日には「最高の夜でした」とメールくれました。嬉しかった。
[PR]
by kamekitix | 2011-04-29 21:18 | Diary
DOMMUNEでまたアホなことしまーす♪

-----------

■2011/04/25(月)19:00-21:00生中継配信
DOMMUNE
http://www.dommune.com/
渋谷区東4-6-5 サンライズビルB1F

『カメキチ・ミュージック・フェア』

LIVE:
クリトリック・リス
c0086766_236286.jpg


豊田道倫+久下惠生
c0086766_2355523.jpg


Negicco
c0086766_235593.jpg


平賀さち枝
c0086766_235497.jpg



MC:松本亀吉、泉水かな子

-----------

いろいろ大変な日なのですが
遅刻せずに行くつもりです。
きっと面白いよ。
みなさんお楽しみに。
[PR]
by kamekitix | 2011-04-24 19:00 | Information
c0086766_20273985.jpg
マリメッコでお買い物。
c0086766_2028106.jpg

c0086766_20282768.jpg

c0086766_20283568.jpg

c0086766_20284880.jpg

c0086766_20291989.jpg

c0086766_20293391.jpg

c0086766_20294479.jpg
やっと会えたねコブラ氏。
c0086766_20295612.jpg
新婚ガミちゃん。
c0086766_2030280.jpg

c0086766_2030447.jpg

[PR]
by kamekitix | 2011-04-23 20:31 | Photo
c0086766_20231216.jpg

c0086766_2023020.jpg

c0086766_20233127.jpg

c0086766_20233938.jpg
スティーブジャクソン@円盤
c0086766_20234878.jpg

c0086766_20235633.jpg
根本先生with五所純子@DOMMUNE。湯浅学という人が絡むと面白いものも面白くなくなる。『タコ』の再発もしかり。
c0086766_2024665.jpg

c0086766_20241346.jpg

c0086766_20242386.jpg

c0086766_20243329.jpg

[PR]
by kamekitix | 2011-04-23 20:27 | Photo
会社を二日間休んで久しぶりに大阪へ。
兎我野町をブラブラした後、扇町DICE改めpara-diceへ。
大好きなContrary Parade、初のワンマン・ライブ。

nu thingsで初めて見たのがもう六年前かな。
一目惚れして、当時作ってたオムニバス・アルバム『OSAKA ROMANCE OUT』に参加してもらった。

オーソドックスな編成で丁寧なポップスを作るバンドだなという印象で、ボーカルの田中麻友さんのクールな振る舞いとキュートな歌声に心を奪われて、ボーダーレスで散漫な内容になりかけていた『OSAKA ROMANCE OUT』に絶対参加してほしくて、〆切ギリギリまで粘ってオファーし続けたのでした。
そのオムニバスは1,000枚発売して、どのぐらい売れたかよくわからないけど、今聴いてもすごく面白いんですよ。
それはやっぱり、コンパレが効いてるからです。
オムニバスの発売イベントも、コンパレのライブを観たくて開催したようなものでした。

スピッツと比較されるべきドラマチックで爽やかな展開と、やさしくてポジティヴな文学性を持った、優れたポップス・バンドで、その完成度の高さは、自分みたいな関西アングラ育ちのキチガイでスカムな会社員の周りにいるべき存在ではないことは最初からわかっていました。

案の定、コンパレの四人は東京へ拠点を移し、本格的にメジャー志向の展開が始まったのは二年ぐらい前でしょうか。それでも、昨年の夏にぼくが企画したイベント『スカム・セレブ2』にもお忍びで出てくれたんですね。

なぜお忍びだったかとゆーと、その二日後に所属されている事務所の主催イベントがあって、ファンが分散してしまうのを回避する為でした。

そんな状況でも「全力で参加します」って言ってくれた麻友さんの返事が嬉しくて、ぼくは天邪鬼なので、他のどのバンドよりも時間を割いて、いちばん長く演奏してもらったのでした。

そのときのライブがすごく良くて、歌詞の美しさや前向きな世界観だけじゃなくて、非常に手前勝手な感慨なんだけど「こんな素敵な人たちと知り合えて、少なくとも自分を信用してくれて、今、演奏してくれているんだなぁ」という状況が嬉しくて、おおげさだけど「生きてて良かったなぁ」と思い始めて(キチガイ)、満員のお客さんの足元にしゃがみこんで泣いてしまったのです。

そんなこともありましたが、このたび、ドラムの岩井さんとベースの愛ちゃんが大阪へ戻ることになって脱退することになって、今夜が四人での最後のライヴでした。

ちょうど実家に用事があったこともあって、行けて良かった。
最前列で堪能しました。
最後の曲は『OSAKA ROMANCE OUT』にも収録された「世界のかけら」。
アンコールも2回。
ほんとにあっという間の20曲でした。

c0086766_2041618.jpg

c0086766_2051640.jpg

c0086766_2052816.jpg

c0086766_2053766.jpg

c0086766_2054391.jpg


中嶋さんのギターを間近でしっかり見たが、すごくうまい。こんなにうまい人だったんだ、と改めて感動。
最初にCD-Rを郵送してくれたのが中嶋さんで、住所の「上田」という町と混同して、ぼくはしばらく中嶋さんを本気で「上田さん」と呼んでいた。
いまだにボケて「上田さん」と言うと乗ってくれるのが大好きです。
このボケも六年引っ張ってますので、もういい加減やめます。

麻友さんは、きっと号泣だろうと思ったら、全然泣かず。
いつもの面白くて可愛いトークでした。
初めて観たライヴで「歌とMCのトーンが違ってすみません」と笑わせていたのを思い出した。
あの頃のMCは割とクールだった。
麻友さんは、聡明で、美しくて、大好きだ。
最近は作家としても活動していて、堀江由衣の新作「インモラリスト」にも楽曲提供。オリコン週間8位だぜ。

岩井さんはときめき☆ジャンボジャンボのドラマーに戻ったらしい。
岩井さんの手数の多いドラムがコンパレの魅力でもあったので、これからコンパレのアレンジがどうなっていくのか、不安でもあり、楽しみでもあります。
コンパレに連絡取りたくて、最初にメールしたのは岩井さんだった。
北浜の小さな店でひっそり『OSAKA ROMANCE OUT』の完成パーティーをやったときにもみんなを連れて来てくれたっけ。
いつもぼくの微妙なボケを拾って笑ってくれる岩井さん、大好きです。

愛ちゃんは、あんまりしゃべらないけど、何度も指にスプレーを塗って、中嶋さんに負けないダイナミックなベースラインを描きだしていました。
最後のMCで「まだバンドのない生活が想像できない」と言って、少し涙ぐんだように見えた。

愛ちゃん。
Contrary Paradeで一生懸命ベースを弾くあなたのことを大好きだった、ちょっとおかしなおじさんがいたことを、忘れないで下さいね。

ぼくは、Contrary Paradeが大好きです。

c0086766_2055865.jpg

[PR]
by kamekitix | 2011-04-16 20:10 | Diary
←menu