<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「AV30」というシリーズDVDがリリースされている。アダルトビデオ30周年を記念してメーカーを横断して企画されているようだ。2枚組DVDで8時間、パッケージはあえて幅の広いVHSを思わせるサイズで統一されている。

私が学生の頃、アダルトビデオは大きく変化した。深夜に友人の部屋でAVを見ていて「最近の作品は、本当にセックスをしてるんじゃないか」と私が言うと、博識で先鋭的な感性の持ち主である友人が苦笑しながら否定したのだ。「ほんまにセックスしてるわけないやん!そんな映像、犯罪やろ。演技や演技」。26年前の話だ。つまり、時代はまだピンク映画の演技に慣れていて、まさか本当にセックスしているとは信じられない状況だった。その友人は翌年、あるAV女優に夢中になっていた。「ぼくの太陽」という作品で一世を風靡した、かわいさとみだ。こんな美しい少女がカメラの前でセックスしている。その事態に思春期の男子は熱狂した。いつの間にか「AV=本番」ということになっていて、すべて擬似セックスだと思っていた我々は興奮した。「AVって本当にセックスしてるんだ!」という驚異は、それが当たり前の世代にはわからないかもしれない。私は心のどこかに信じられない気持ちがある。「自分のセックスを公開する人が本当にいるのだろうか」という原初的な疑念が十代の自分のモラルに染み付いていて、今でもAVを観ると「うわっ、本当にしてる!」と少年のように興奮する。そう考えると、私は今45才なのですが、幸運な世代なのかも知れない。

これまでリリースされたAV30シリーズで唯一、監督の名前を冠した作品が「メーカー横断ベスト!!!  カンパニー松尾8時間」だ。彼はカメラを持ったまま自分のセックスを撮影する「ハメ撮り」の第一人者だ。彼の見せるすべての情事には、そこに至る偶発的/必然的な過程があり、彼は映像やテロップで、その温もりや儚さ、昂ぶりや哀しさを描写していく。もちろん、その性技と精力がセックスのクオリティを高めているから「単純に劣情を処理するためだけ」にAVを観る人にも有効だ。「カンパニー松尾のAVじゃないとヌケない」というファンがいても不思議ではない中毒性がある。

カンパニー松尾はポルノグラフィにエモーションを吹き込んだ稀代のアーティストだ。彼がいつか死ぬとき、メディアはどんなふうに報じるだろう。その頃にはAVの市民権もさらに大きく変容しているはずだ。おそらく彼の作品はすべてアーカイブとして国立新美術館に展示されるだろう。多くの未来のアーティストが訪れ、彼の描いた究極的な恋愛の映像に震撼するに違いない。どんな私小説よりスイートで、どんな恋愛映画よりもせつなくて、どんなハプニング・アートより衝撃的で、どんな音楽よりロックな、カンパニー松尾の作品は芸術として世界に認められるべきだ。

「AV30」は今後も多くの作品がリリースされるようだ。個人的には白石ひとみ、森川いづみ、杉本ゆみかといった懐かしい顔ぶれの「美少女AVの頂点(90年代セレクション)」、堤さやか、河愛杏里が収録されている「AV女優日本代表 ロリータ☆JAPAN」が興味深い。長瀬愛、穂花/沙雪の名作を収録した「AV30年史 ② 最高にエロいSEX編」も必見だ。つーか、河愛杏里が入ってる段階でこのシリーズは信頼できる。AV30を揃えて、この機会に書斎に隠しているVHSをすべて処分するのもよいかも知れない。

http://www.av30.jp/
[PR]
by kamekitix | 2012-03-20 21:37 | Review
土曜日は御茶ノ水へ。
ジャニスでCDをしこたま借りまして、書泉ブックマートでアイドル写真集の在庫に圧倒され、エチオピアでカレー、といういつものパターン。エチオピアはほんと好きだわ。
アトラス・サウンドとかツイン・シスターとか持ってないのいろいろ借りたんだけど、いちばん気に入ったのはJAMAICA。これ超タイプだ。


鴨田潤「てんてんこまちが瞬かん速」が届いた。ぴあから出た小説集。表題作がバンド少女たちの話で、すごく面白い。爽快。痛快。悲しい別れもあるんだけど、ポジティヴで、しかも最後に登場するアメリカのバンドが、ちょっとゆかりのあるバンドで…、びっくり。
しかし鴨やんが女の子ばっかり登場する小説を書くとは意外。
野ばらちゃんの世界を、町田康の筆致で描いたような感じ?
かつて鴨やんが「溺死ジャーナル」に書いてくれたエッセー「理想の町」も収録されています。改めて、面白い。そういえば急に思い出したけど三年前に東京へ転勤してきたとき、最初にごはん食べたのは、鴨やんだった。

http://www.illreme.com/の「No.704 てんてんこまちが瞬かん速 について」を読む。彼の表現に対する一貫したスタンスを感じて、彼が愛される理由がわかった気がした。

品川駅構内「かき揚げ蕎麦吉利庵」で接客してる店員さんが往年の吉田亜紀(Qlair)を今ふうにした感じの美女で、すげー可愛い。
とさきほどツイートしたら、リツイートが激しい。みなさんぜひ行ってみて下さい。

私立恵比寿中学のメジャーデビュー。
タイトル曲は割とおとなしい印象だがカップリングがBABYMETALも吹っ飛ぶ凄まじいハードコアで笑った。

日曜の夜はUSTでキングジョーのDJを見た。最高にハッピーだった。
ミックさん誕生日おめでとう。

Negiccoのタワレコライブ。
この動画の「動きすぎNao☆ちゃん」が可愛すぎる。


さっちゃん、新譜できたみたい。早く聴きたいな。これ見る限り、かなり良さそう。さっちゃんの声は稀有だ。

[PR]
by kamekitix | 2012-03-06 23:04 | Diary
←menu