<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ほぼ終日キングジョーとチャットしているわけだが最近の話題はリリカルスクール。私は断然ライムベリー派なのでリリスクについて「あんな取ってつけたようなサビメロ歌うユニットは嫌いだ。ラッパーとして許せない」などと言って頑として否定的だったのだが、ジョーの
「取ってつけた”ような”ってなんですか? 取ってつけてるんですよ!」
というレスで覚醒した。そうか! 取って、つけてるんや、トーフビーツ! コードも旋律も練りに練り凝った学術的作業の末に産まれるものこそ秀逸だと思っていた自らの浅薄さを幼稚なアカデミズム信仰と反省する次第でございます。
そう悟ると俄然リリスクを聴きたくなって昨秋のアルバム『date course』を再聴。最高だ。こりゃ夏だわー。考えても考えてもわかんないわー。とにかくいまさらながら「リボンをきゅっと」という曲が最高に素敵で、昨日からずっと聴いています。今夜恋愛ごっこしなーい♪もう彼女でいいんじゃなーい♪わたしパーティーオールナーイロン♪ しかし、このMVはまじでひどいですね。

わざとブサイクに撮影して、ひときわブサイクなカットばかり採用したのでしょうか。こんな可愛い曲なのに、ビデオがとびきり可愛くない。この議論はおそらく一年以上前に終息したのだろうが、蒸し返していただきたい。
c0086766_15112593.jpg


ソルマニアの全アルバムを網羅したボックスセット『THE BASEMENT TAPES AND DISCS』。
c0086766_1534485.jpg

c0086766_153290.jpg

c0086766_1532760.jpg

CD9枚とDVD1枚の10枚セット。まだ全部鑑賞できていませんが、見ているだけですでに満足感。丸い部分は透明なので、好きなディスクを裏返して嵌め込むといわゆる着せ替えができる仕様。裏面も同様で楽しめる。
大野雅彦さんがグラフィック・アーティストとして最も信頼すべき人物であることはアルケミーレコードのリリース群や非常階段の書籍の装丁で明白だ。想い出波止場も花電車も、カッコイイと思うジャケは全部大野さんによるものだ。ゼロックス・アートが主流だった30年近く前から大野さんのセンスは突出していて、世界中のメール・アート/ノイズ界隈で一目置かれていた。
大野さんとはお互い学生だった頃から文通仲間で(80年代後半、自作のノイズ・カセットを送り合うことを「メール・アート」と呼んでいた)、無数のノイズ・コンピレーションに参加した。初めてお会いしたのはフォーク・テイルズのライブで、あの硬質で凶悪なノイジシャンである大野さんがバイオリンをフィーチャーしたハッピーでサイケなバンドで楽しそうにギターを弾いてるというギャップに驚いた覚えがある。当時わたしは渡辺満里奈を神と崇めるノイズ・バンド(PCCBHS)を主宰しており、それとソルマニアの合体ユニット「ソルマリナ」のライブを一回だけ千日前のスタジオでやったことがあったっけ。こないだ大野さんがTwitterに、私が作ったフライヤーをアップしてくれて思い出した。確か昭和天皇が崩御した年のこと。そう思うと長いお付き合いだ。
c0086766_154428.jpg


芦田愛菜が可愛くて「明日、ママがいない」を二週続けて見ました。「ポスト」というニックネームの由来が特定の病院を揶揄しているのではないかという点だけが問題で、「児童施設の現状とかけ離れている」とか「偏見によって差別が助長される」とか、そういう論点にズレていくのは滑稽だ。
いつから日本人はこんなに過保護になったんだろう。個人情報保護法以降かな。すべての表現は安楽かつ快適なものでなくてはならないような風潮は正しくない。もっと不愉快で醜怪なものに心を衝き動かされるべきだ。ちょっと迷惑かけあうぐらいがちょうどいい。個人も企業も、唾棄すべきものに金を使おう。もし「作者も含めて全人類が不快だと思う絵」があるとしたら、それは最大級の畏敬をもって鑑賞されるべき、ほんとに凄い絵なのではないか。おれはもっと狼狽し、まだまだ取り乱したい。

豊田道倫『パンとコーヒー』。ほぼ全編ギター弾き語りだがピアノの入った曲やボーカルをエフェクトした短編もあり。昨年からバンド・レコーディングでのリリースが続き、そろそろ不朽の名作『SING A SONG』に続く弾き語りフォーク・アルバムの録音が期待される中、これはCDRで出してしまうのがもったいないぐらいの傑作。このタイミングでこれ出しちゃっていいの、次のアルバム三枚組にするって言ってたのに、などと思ってしまうが、この後先考えてない感じが豊田の魅力。と思わせて考えている。いや、実はやっぱりなにも考えていないのかも。ほんと、わかんない。
c0086766_1531551.jpg

無骨で素っ気ない音楽だ。しかし、この上なく暖かい。このフォームで、こんなに飽きないのは何故だろう。有能な音楽ライターならその謎を解き明かせるのだろうか。とにかく、この人については語り尽くせない。息子と歌いあう「冬の夜のうた」。息子の想平さんの大きな笑い声に、豊田という歌手の途方もなく強靭な意志を見る。静かな冬の夜の歌。かしぶちさんも大瀧さんも佐久間さんも亡くなってしまったが、豊田道倫がいるから(とりあえずぼくは)大丈夫。
[PR]
by kamekitix | 2014-01-22 23:08 | Diary
・「やらないで後悔するぐらいなら、やって後悔したほうがいい」と言う人がいるけど、迷惑だからやらないでほしい。



・No Lie-Sense。Soggy Cheerios。Controversial Spark。80’sニューウエーヴの残党おじさん達が新たに結成するサイド・ユニットのネーミングがどれもかっこ悪くて、聴く気になれない。



・1984年のルースターズのライブ。17才だったおれはこれをテレビで観て「キチガイのふりして気持ち悪い。狙いすぎ。寒いわー」と思っていたのだが30年経って再び観てみると、これ大江さんほんとにおかしくなってたんじゃないかな。




・「仲良くなるためにキスしましょうか?」という名言が胸に沁みる映画『気まぐれな唇』を観た。2002年。韓国のホン・サンス監督。絶妙に緩くて刹那的でテキトーな愛の言葉。誰もが憧れるゆきずりのセックスと旅情。「ただし、体格の良いイケメンとキレイなおっぱいの女の子に限る」と言わんばかりの描写もまたリアル。




・牛角のCM。夏美ちゃん。



表情とか「誰かを思い出すんだよなー」と思ってたら、友人の元奥さんに似てるのだった。元気かな、ミキティ。
[PR]
by kamekitix | 2014-01-19 20:01 | Diary






tricot。にせんねんもんだいmeets東京事変って感じのクールかつ灼熱のガールズ!!! 曲も態度も実にかっこいいが、何よりルックスが良い。
[PR]
by kamekitix | 2014-01-18 21:32 | Diary
何年かぶりにトーナメント式が復活。フットカットのほうが公正なのになあ。「観客が採点ボタンを押している時間」が致命的に流れを悪くしている。20秒ぐらい経って画面に「採点OK」の文字。なにそれ。フットカットだと得点集計中に司会者と演者のやりとり(小藪や哲夫が若手をいじるのが面白かった)が新鮮で、すぐ得点が出て、それに対するリアクションもエキサイティングだったのに、今回の方式だとそれがない。その代わりに設けられた「ワンモアアピールタイム」が当然のようにキャラ勝負の一発芸やモノマネに偏向していて番組を低俗にしている。これらの無駄な時間をきちんとしたネタに充てるべきで、そのために、まず、とにかくトーナメントはダメだ。上演中に司会のマイクを切っていない、というのも演者を冒涜しているように思える。こんなの初めてだろう。来年あたりから上演中に司会者の表情をワイプで抜いて置くのではないか。根深いところで間違ってきている気がする。今回のオールザッツの構成は演芸の質を下げる自傷行為だと知るべきです。

さて、そういうことで今年もよろしくお願いいたします、全国で4人の方が楽しみにされていることが確認できている、亀吉さんのオールザッツ・レビューだよ。「おまえのほうが間違ってる」と言われそうですが、そんなことは知らない。今年はすでにヌコさんが書かれているのでむしろこちらを中心に読んでいただいたほうがいいと思います。

[Aブロック]

クロスバー直撃
今年もクロスバーの仮装大賞から始まったオールザッツ。無理やり挿入された久保田利伸。面白くないけどまあ縁起物というか始球式みたいなもの。

アイロンヘッド
「最初の武器のほうが良かったわ」というネタ。ゲームかなにかのパロディなのだろう。元ネタを知らないので笑えなくて残念だ。しかし会場の若者たちには大いに受けていたので健やかなことだと思う。

学天即
正統派の漫才として全国区になりつつある彼らだがオールザッツでは久しぶりに十八番のみのもんた珍プレー好プレーネタ。これも見る者を選ぶ芸だ。ぼくは世代的にドンピシャなので笑ったけど。結局、学天即はこの一分だけの出演な訳で、そういう意味で非常にもったいない構成だと思う。っていうか去年は学天即はネタ組だったのになあ。

セルライトスパ
歌っている人物のあちこちにガムが付いているというネタ。確かにたくさんガムが付いていた。

ファミリーレストラン
昨年に続いて滋賀県ネタ。うーむ、昨年のほうが面白かった気がする。

尼神インター
誠子のウザいキャラが定着しつつあり逆に面白くなってきてしまった。何年たっても変わらないヤンキーな渚ちゃんの棒読みもフレッシュなところで安定。渚のツイッターがめちゃくちゃ可愛いのをみなさんご存じですか。劇場へライブを観に来てくれた女の子へのツイート。「もう帰った!?差し入れくれた袋の中に、自転車の鍵みたいなん入ってるで!!今どこなん?」「良かった!どこ?遠く行った?」「まだ劇場居てるから下のジュンク堂の前まで行くわぁ!ごめんね!気を付けて☆」「間に合って良かった☆全然いいよー!」。渚ちゃん可愛すぎ。特に「遠く行った?」が好き。オールザッツ関係ない話。

[Bブロック]

アインシュタイン
「伝説ってすぐ言うたったわ」というところだけ笑った。あとはひたすら怖い。これは笑えないブサイク。キャラクターで覆せないほどブサイクの根が深い。

プリマ旦那
笑ゥせぇるすまんが「どーん」って言わないネタ。巧い。面白い。こういうのをもっと見たい。しかし、冒頭でも述べましたが、観客ばかりが映る「ボタン押すだけの20秒」が毎回毎回もったいないよ。数年前までオールザッツの客席の女の子たちが可愛いのでよくスクリーンショットしてたけど一昨年ぐらいから観客の傾向も変わったようですな。

コロコロチキチキペッパーズ
弱い彼氏。いかついルックスと可愛い声のギャップ。一発芸の域を出ない。このキャラクターだけで食っていけるとは到底思えないけど、がんばってほしいですね。

霜降り明星
「左中間に沼」「おまえの用事」など細かくて速いツッコミ満載で面白かったが、結果は最低得点で敗退。去年ピンで出場して優勝した粗品くんが漫才をやっているのだな。構造的にはフリップが相方に変わっただけなのだが、去年ウケまくった、あの無限に加速するようなアシッドなスピード感はやはり相方が無機質(紙)だったからなのだろう。このコンビには、たとえていうならスーサイドのアラン・ベガがペナペナのシンセじゃなくてバンド生演奏で歌いだしたような違和感を抱く。粗品くんの光速フリップ芸が見たい。

藤崎マーケット
あるあるモノマネ復活。このスタイルはオールザッツの勝ち方の定石。「話しかけるなオーラを出してる電器屋店員の歩き方」で爆笑。

ななまがり
花以外の小物が机に置いてある時点で「塩が話しかけてくるんだろうなー」ってわかっちゃいますよね。そういう軽率なところがダメです。去年も書きましたが、もうやめよう。

[Cブロック]

アキナ
オーソドックスな漫才にシフト。こういうのが好きです。老害の戯言と笑ってもらってよいけど、おれは「漫才の優劣はラジオで聞いて笑えるかどうか」だと思っている。アキナのこのネタはラジオで聞いても笑えるだろうから優れています。どや単純やろこの持論。

[Dブロック]

すっちー&吉田裕
ビッキーズ解散後、果てしなく迷走するすっちーの現在地は、30年ぐらい前にいがらしみきおの影響を受けた若きダウンタウンが深夜の関西テレビでやってたコントみたい。これは壮大な周回遅れか原点回帰か。

和牛
「徘徊する虎」。この人たちの老人の真似が実に巧い。最近老人ホームにはよく行くし、いつか自分もこうなるんだろうなあと身につまされる。高齢化社会をポジティヴに照らす良いネタだと思う。

マドンナ
いとしこいし師匠のモノマネ。高齢ネタがかぶった。なかなかよく似ていて、面白かったです。

ZAZY
司会の千原ジュニアでさえ「ZAZY地毛なんや」としかフォローできなかった怒涛のシュール・フリップ芸。語感で押すネタは一発芸みたいなもので、勢いで笑わせる強引さが気に入らない。これを見ると去年の粗品がいかに優秀だったかを改めて思う。

カバと爆ノ介
わかってない。

ヒガシ逢サカ今井&ヒップ☆スター小西
どうやら笑い飯のモノマネらしいのだが、哲夫のほうが壊滅的に似てなくて、不愉快極まりない。右のやつ、頭がおかしいんじゃないだろうか。

[ネタ組]

千鳥
男子柔道の篠原監督とブルーベリー畑で押すネタ。「風俗帰りですか」など突拍子のないボケは相変わらず面白いけど、もっとめちゃくちゃやってほしいなー。面白いけどさすがに飽きたなー。

銀シャリ
「キーボーニストはもうやすしや」というところだけ笑った。ちょっと考えないとわからないツッコミを高速でねじこんでくるのが銀シャリの良いところ。だけど、千鳥と同じ感想で、面白いけど飽きたなー。

笑い飯
給食センター長と熱い部下のネタ。「おまえセンター長やれ」と言ったあとにすぐ「センター長!」と呼びかけるリズムの心地よさと「センター長」が徐々に崩れていく脱構築の美しさ。ボケの精度も増しており、笑い飯の漫才はもはや日本の話芸として昇華されつつあると言えよう。

ザ・プラン9
「台本を読めてない人たち」のネタ。プラン9はいつも構成が凝っていて面白い。ショートショートを読むような気分になる。

テンダラー
鉄板のディナーショー・ネタ。もうけっこう何回も見た気がするけどいつ見ても面白いです。

天竺鼠
レーシング・カーの被り物は宙空を舞う天使の如し。件のF1のテーマ曲の普遍性を麗しく異化する魔法のキャッチボール。彼らの演芸を「シュール」と片付けてしまうことの勿体無さを憂う。天竺鼠の舞台が虚実を超越していることは自明であり醸し出される時空は涅槃に肉薄。天竺鼠を天竺鼠として認めるということは逆説的に天竺鼠は存在しないという世界観を認めていることになる。当然乍ら面白いとか面白くないとかどうでもいい。

ジャルジャル
コンプレックスを売りにした芸人への辛辣なオマージュと言えよう。この番組に出ている芸人の四割に対するメタフィジックな「そんな状態で人前に出てくるな」という厳しいツッコミで爆笑。そして、やはり演技力の高さがジャルジャルの強み。この人たちはたとえこのジャンルで伸び悩んだとしても板尾さん路線の味わい深い俳優としての活路があるだろう。

スマイル
ただの会話。しかも面白くない会話。居酒屋の隣のテーブル・レベル。もはや一縷の望みもない。

天津
懐かしいエロ詩吟をいまだに持て余している状態をネタに仕立てた苦肉の策。天津の長い過渡期。でもおれはまだ向の天才を信じている。

レイザーラモン
立命館大学について「偽装…」とつぶやくRGに爆笑。安田謙一さん主催の純粋宴会でレイザーラモンに会ったことがある。まだHGがブレイクする前のことだから13年ぐらい前かな。自分も今年47才でアラフィフだわ。老眼が進行してCDのインナーとか絶対読めないし、たまに写真撮られたりすると皺とシミばかり目立って初老の顔だぜ。HGの変貌ぶりと苦節に芸歴を切らすことのなくむしろ独自のステイタスを築いてきたRGの8年間が少し感傷的に見えたステージ。彼らと同じ時代を生きている偶然を愉快だと思う。がんばれレイザーラモン。

土肥ポン太
徹底的にナンセンスなことを全力でやるという姿勢が、地上波テレビで年間通じて唯一映えるのがオールザッツの午前5時。

野性爆弾
もうなにがなんだかわからないのがオールザッツの午前5時。

[Cブロック]のガチャガチャ、今別府直之、馬と魚、吉田たち、バイク川崎バイク、[ネタ組]の2700、かまいたち、ウーマンラッシュアワー、ダイアンについては大阪の友人に録画してもらったDVD-RWとわが家のプレイヤーとの相性が悪くて観れませんでした。何種類かのPCソフトとDVDデッキで試してみたのですが、どうしてもその時間帯だけ再生できず残念でございました。

さて、オールザッツのアシスタントといえば若槻千夏のイメージが強かったわけですが、今回は清水富美加という女の子でした。不勉強でぜんぜん知らなかったので今、検索してみました。ミスマガジン2010で、ガッキーとか能年と同じレプロ所属なんですね。ファニーフェイスでかなり可愛い。好きです。

[PR]
by kamekitix | 2014-01-14 22:48 | Review
12/28
ちょっときつめのパニック発作があった5月7日から自分の神経の乱高下を客観視しようとEXCELで簡単な日記をつけている。レコーディング・ダイエットってこんな感じ? 20点満点の5項目について自らの精神状態を採点、自分の毎日を100点満点で評定、簡単なコメントを付記していく。これまで日記なんかつけたことなかったのだが、これが240日以上続いている。ちなみにこれまで100点だったのは、今池でDJやった日と新宿でライムベリーに会った日とサマソニでCHVRCHES見た日。これらが満点デイズ。最低得点はにゃん吉が死んだ日でマイナス100点。にゃん吉に「いつ死んでもおかしくない」と診断が下った8月25日は0点。にゃーこさんが死んだ日も0点。ひどい夏風邪で市民病院の緊急外来に行った日も0点、などと振り返ることができるし、この記録を始めてからそれほど大きなパニック発作が起きていない、ということもわかる。この数日も毎日80点をキープしており、良い休暇だ。

12/29
正午に歯科。大府のうどん屋へ奥さんと。夕方は先週目黒駅で買った「文藝春秋」を読んでいた。文藝春秋ってすごい情報量だなあ。夜はYouTubeで「羅生門」を観ながら、猫を抱いてソファで寝落ち。トマパイ散開一周年の日に、嬉しいニュース!↓


12/30
ブログに大森さんのアルバムについて書く。読書は持田保さんの「INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE!!!」。久しぶりに目にする固有名詞と、それにまつわる知らない事実が盛りだくさん。BOY DIRT CARとか懐かしい。SPKのこのアルバムを聴き直したくなる。


12/31
終日、奥さんと書斎に籠る。奥さんは羊毛クラフトで死んだにゃーこさんを復元。これが怖いほどリアルで似ている。職人芸。
c0086766_143735.jpg
ぼくはDVDで「エル・トポ」と「8 1/2」を続けて観て頭がおかしくなった後、永遠に読み終わらなそうな文藝春秋の特集「世界が驚愕した日本人54人」を読み「高橋是清はマジでヤバイ」などと言ってるうちに日付が変わっていた。豊田くんのアルバムについてブログを更新。皆様あけましておめでとうございます。

1/1
元日恒例、わが家で行われる小谷家&伊藤家&松本家&大島家の合同新年宴会はかれこれ9回目かな。義母の入魂のおせちとお雑煮、牡蠣や蟹などをたくさん食べる。3人の甥と姪もどんどん大きくなっていく。今年もみんな元気で、病気や怪我のないように。

1/2
引き続きおせちをいただき、近所の本屋へ。しかし、文藝春秋を超える面白い雑誌にめぐり合えず。結局家で文藝春秋の続き、吉住さんにもらった「サイゾー」、「INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE!!!」とYouTubeの往復。サイゾーは町田康さんの連載「続・関東戎夷焼煮袋」がすっ呆けてて可愛い。

1/3
目覚めてすぐベッドでネットしてた奥さんが「新幹線が止まってるみたい」と教えてくれた。13時に新大阪につく手筈だったが、どうやら長引きそうなのでWEB予約でチケットを15時に変更して名古屋駅へ。EX-ICは便利だ。上りのホームは殺人的に混雑していたようだが西へ向かうホームはそれほどでもなく4時間遅れののぞみに乗って、意外と空いてたので適当に座って、車掌さんに「適当に座ってます」とICカードを渡すと笑顔で予約情報を更新してくれた。17時に地下鉄御堂筋線動物園前駅。いきなり予期せぬ人に3人会えた。豊田くんが連れて行ってくれたのは鶴見橋商店街のお好み焼屋。この店を知ってしまうと他の店でお好み焼を食べる気がしなくなる要因がたくさん。ちょっと怖そうなおかみさんが話すと可愛くてたまらない。腰も曲がってるのにあんな元気に客を仕切って会計は全部暗算で。「暗算なんですね」と言ったら「いま話しかけんといて!」と怒鳴られた。とにかく美味しくて安い。また必ず行こう。だいたいおれは焼きそばしか食べてないのだった。総勢9名、いくつものスーパー玉出を通り過ぎ、踏切を渡り、難波屋に無理やり入る。ギューギュー詰めゆえの盛り上がり。
c0086766_1425991.jpg
c0086766_143340.jpg
キングジョーは今年ラッパーとして活動するらしく、もうバックトラックも出来ているとのこと。彼のことだから相当なメディアミックス戦略を考えているはずだ。まるでBiSのような展開で。そう考えると近いうちに合体ユニット「ジョー階段」が見れるかもしれない、というジョークで笑う。ミック博士が「ジム・ジャームッシュ」を聞き取れなくて「茶碗蒸し?」と聞き直したので、おれはトマトジュースを噴き出した。

1/4
いつものホテル中央セレーネで目覚める。地デジ化反対を一貫して主張しているわが家にはテレビがないが、ホテルではけっこう見てしまう。サンテレビの「こんにちは県警です」という番組の構成美に感動。午前中に千里中央で用事。新大阪でおみやげを買って名古屋に戻った。

1/5
奥さんと書斎にこもる。引きこもり夫婦。珍しくワインなどを飲みながら向かいあってそれぞれなにかしている。ときどき二人で猫にエサを与えたり、トイレを片付けたり、遊んだり。引き続き「INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE!!!」を読みYouTubeで動画を検索し、の作業が無限ループで延々ノイズまみれの9連休最終日でした。
















[PR]
by kamekitix | 2014-01-05 14:12 | Diary
←menu