<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

20
YUKARI
『Echo』
c0086766_15592038.jpg

韓国人女性によるアンビエント風味のエレクトロニカ。キュートなウィスパーでPOISON GIRL FRIENDとかDream DolphinとかYUKA MIYAMOTOとか思い出して懐かしい。メッセージ性は皆無。ひたすらドリーミー。



19
王舟
『Wang』
c0086766_23543373.jpg

ceroや奇妙礼太郎は聴いていられないのに王舟のアルバムは大好きだ。なぜだろう。楽しい曲が多いけど彼の声は乾いていて押しつけがましくないので「つるんでる感じ」がない。軽妙な口笛のインスト「Dixi」は自分が作ってるミニコミのテーマ曲にしたいぐらい好きだ。ミニコミという言葉、死語にならないよう積極的に使いましょう。スカート『サイダーの庭』も佳曲揃いだったがボーカルにクセを感じて聴き込めなかった。澤部くんってあんな山崎まさよしみたいな歌い方だったっけ。



18
チロリン
『チロリン・アンソロジー1986-1987』
c0086766_15595175.jpg

新・チロリンに不満があったので、オリジナル・チロリンの再発がすごく嬉しい。「チョコレイト戦争」の12インチしか持ってなかったのですごく嬉しい。チロリンが好きなんや。時代はエクボ堂やで。「ベリーにね(途中途中)ファインにね(途中途中)」とか歌ってる途中で羽交い絞めにして「なんの途中やねん」と一喝したくなる。その不思議な魅力について全曲言及したいが、それは定年後の楽しみにとっておこう。島崎夏美さんが恵比寿でお店をやっていることもこの機会に知りました。



17
ライムベリー
「IDOL ILLMATIC」
c0086766_160555.jpg

事務所移籍&メンバー脱退という激動期を経てようやくドロップされたライムベリー渾身のアンセム。E TICKET PRODUCTIONこと桑島由一さんの命を削っているかのようなリリックとサウンド・プロダクトのダンサビリティが圧巻。唯一無二のガールズ・ラップ・スクアッドのスキルは健在。何度も言うけどライムベリーは彼女たちと同年代の女の子たちに訴求するプロモーションをすべきだ。ライムベリーのCDを「アイドル」ではなく「J-HIPHOP」のコーナーに移すことから旋風が巻き起こるだろう。



16
豊田道倫
『Non Stop 93』
c0086766_1601428.jpg

1993年に「パラダイス・ガラージ」と名乗っていた豊田が残した音源。21年経って突然リリース。当時は特にタイトルのないデモ音源としてカセットテープで配布していたようだ。ぼくはこの音にぶっ飛ばされて彼とコンタクトをとり続けた。同じ年の夏の終わりに「家族旅行のパラダイス・ガラージ」というカセットを聴いて、泣いた。そのあたりのエキスをギュッと凝縮したのが彼のデビュー・アルバム『ROCK'N'ROLL 1500』だったわけだが「住所交換」という名曲は後にも先にもこのデモ集にしか入っていない。いや、違う。ぼくが作ったオムニバス・カセット『シースルーノースリーブインターナショナル22』に入ってる。いや、しかし、それは「大阪アンノウンR&Rシューズ」名義だ。などと細かいことを思い出していたら『スカムナイト2』の映像を見たくなって、夏のみーくん大阪ライブで上映させていただいた次第。47才の夏も彼のおかげで楽しかった。



15
Especia
『GUSTO』
c0086766_1602292.jpg

このブログで全曲をレビューしたので、ぜひご参照ください。シティ・ポップという概念をリセットするかのようなアーバンで洒脱なアレンジは2014年のコンテンポラリー・ミュージックを象徴する。



14
昆虫キッズ
『BLUE GHOST』
c0086766_1603427.jpg

アパレル関係の知人と「女の子のファッションが80年代っぽくなってる」という話になったとき「でも実際に当時の服を引っ張り出して着てみたら、なんか違った」と言ってた。昆虫キッズの新作を聴くと懐かしい気持ちになるがジュリアン・コープとかエコー&ザ・バニーメンの当時の曲をいま聴くとやっぱり古臭くて、なんか違う、という感じに似てる。最新のニューウエーヴ解釈で良質なサイケデリックとJ-POPの融合を図る鋭いバンド。楽曲も演奏スキルもルックスも鉄壁の四人だけに活動終了は本当に残念だ。彼らをスターにできなかった音楽業界は無能。昆虫キッズは日本のフレーミング・リップスになれたはずだ。



13
倉内太
『ペーパードライブ』
c0086766_1604566.jpg

ひょんなことから知り合った気鋭のSSW。大阪でやったトークショー、楽しかった。ルックスも声もキュートでオーガスタかどっかに所属すればあっという間にパーッと売れちゃいそうな気がする。生い立ちや恋愛遍歴にかなり深い業があって一筋縄でいかないタイプだが、芸能人なんてみんなそんなもんだろ、とも思う。柴田聡子とのデュエット・ユニット、CHECK YOUR MOMも超絶天然カップルといった風情で最高にハッピー。売れようぜ倉内くん。



12
Weekday Sleepers
「Passion Fruits Telecrider」
c0086766_161035.jpg

厳密にいうとフィジカル・リリースはないので「disc」じゃないけど、今年すごく気持ちを高められた一曲。あの映画を観た人なら、このイントロが鳴ればいつでも昂ぶって、見る風景はスーパースローになって、最高のシーンできっと「summer,2014」というスーパーが挿入されることだろう。名古屋でカンパニー松尾さんに何度も会えて嬉しい年でした。



11
リンダ3世
『VIVA!リンダ3世』
c0086766_1611222.jpg

グループ・アイドル・ブームが産み落とした突然変異。いわばグンマ・サウンド・マシーン。ブラジル娘らしくサンバやボサノバのフレイバーもありつつ通底するのはダブステップ・コンシャスの先鋭的なエレクトロ・ファンク。圧巻は「Brazilian Rhyme」でアイドル・グループによくある自己紹介ソングだが、めちゃアガる。ベースの音圧ハンパない。これはもうファンカデリック'14でしょう。M.I.A.みたいなめっちゃくちゃなビートでガシガシ狂っていってほしい。



10
しんまち七色ばんど
「チャイニーシューズ」
c0086766_1347829.jpg

TwitterでCHVRCHESについて執拗に呟いていたら「日本にもローレンちゃんのような天使のいるバンドがあります」と教えていただいたのがこのバンド。これは可愛い。徳島県の小学生、女の子トリオ。ぼくはロリコンかもしれない。いちばん良いのは表題曲で、ひどく懐かしいシンセの音色、せつないBメロ、ちょっとトリッキーなドラミングが激しくキュート。それ以外の曲はZONE直系のガール・ロックでブレイク必至。リリースがなかったCHVRCHESの今年は停滞か温存か。



9
Fennesz
『Bécs』
c0086766_1613346.jpg

通勤時iPod再生回数ナンバーワン。フェネス6年ぶりのアルバム。もはやギターなのかピアノなのかわからない音がエフェクトされた塊となってボワーって感じでキラキラした感じ。最近のフェネスは水彩画が油絵になったような印象で『Venice』も『Black Sea』も少し重たかったのだが、この作品は俄然爽やかだ。エレクトロニカといえば、少しポスト・ロック寄りですが、TYCHO『AWAKE』も気持ち良くてこの夏ずーっと聴いてた。しかし、さっき上のほうで同じようなこと書いたけど、「10年後に聴いたらひどくダサくて鈍いんだろうなあ」と思ってしまう。フェネスの『Endless Summer』は2001年の作品だけどその衝撃はまったく色褪せない。この違いは何なのでしょうね。



8
Shin Rizumu
『シンリズム』
c0086766_1682743.jpg

神戸在住の高校生、新理澄くんのデビュー・アルバム。冒頭から繰り出されるコード展開の妙に驚かされ、メロディ・メーカーとしての無尽蔵の才能を感じる。アレンジもいちいち凝っていてキラキラと輝いていて、サンタナみたいなフュージョン・ギターが火を噴いたり、バーズみたいなイントロがあったり、スチールパンを起用したボッサなインスト曲があったり。頭でっかちでなくきちんとキャッチーなフレーズを用意しているところも優秀なポップスだと思う。ボーカルがまだ頼りない気がするが若々しい詩情とマッチしていて何とも可愛い。キリンジへの憧憬を謳っているが初期のサニーデイ・サービスのような朴訥さも感じる。まさに無限の可能性を秘めた存在。



7
3776
「overture op.11」
c0086766_13463857.jpg

富士宮市のご当地アイドル「3776(みななろ)」。サウンドの先鋭性が話題になっていたのでレーベルの通信販売で購入。半日で届いた。アスクルより速い。聴いた人の感想をネットで読むと「モーマスみたい」「ディス・ヒートのような緊張感」「キース・レヴィンとジャー・ウォブルが揃ってたころのPIL」などみんな言いたい放題。ゆるめるモ!みたいにモチーフがはっきりしたアプローチのアイドル・ポップスも興味深いが、3776は別次元。ぼくはギターのヒリヒリ感にスティーブ・アルビニを、大胆な編集のベッドルーム感にはシトラスを思い出しました。「さよなら小学生」とかいちばんキレキレだったころのyes, mama ok?みたい。



6
乃木坂46
「何度目の青空か?」
c0086766_162841.jpg

休日の多くを「YouTubeで乃木どこを見ること」に費やした2014年であった。いつも若月の姿ばかり目で追ってしまう。「ぼくは若月のことが好きなんだ」と気づく。若月はぼくのことどう思ってるだろう。再び「疎外された男子」を一人称にした乃木坂46の10枚目のシングル。「何度目の青空か?」という疑念は永い人生の課題で「いやー今日は10194回目の青空です」と即答できる人はいない。「青春を見逃すな」という刹那とのコントラストに胸が熱くなる。相変わらずAKBには感心しないし、この曲にも不粋な節回しは多いのだが、おニャン子クラブでぼくの胸を焦がした秋元先生への敬意もまた永遠だ。



5
ネス湖
「Stars in Daylight」
c0086766_1662341.jpg

NICE VIEW/GOFISHのテライショウタが中心と思われるアンダーグラウンド名古屋スーパーグループ・ネス湖によるCD-R。コントラバスと電子音。静かに爪弾かれるエレクトリック・ギター。いろんな物音。加藤りまの朗読カワイイ。それらをASUNAが繊細かつ大胆にミックスした32分1トラック。なんだかよくわからないけどめちゃくちゃ気持ち良いのでずっと聴いていたい。爽やかアンビエントと見せかけてドラッギーといういちばんヤバいタイプの音楽。CHECK YOUR MOMのライブに行って初めて観たGofishトリオがあまりにも素敵だったので物販でGOFISHのアルバムとネス湖を一緒に買ったのです。GOFISHも素晴らしい。Skrew KidとかGUIROとか、とんでもなく自分にフィットする音楽に突然出会えるのが名古屋の楽しいところ。



4
平賀さち枝とホームカミングス
「白い光の朝に」
c0086766_167172.jpg

新譜をあまり買っていない一介の会社員である私ですが「2014年この一曲」と問われれば(誰にも問われていませんが)、この曲。京都在住felicity/Second Royal所属のホームカミングスの暖かいサウンドと平賀さんの歌声が稀代のフィットぶり。80年代に流行した「ネオアコ」という概念が一回りして新鮮だ。おそらくおじさんたちがEyeless In GazaとかFELTとかに夢中だったころに生まれた人たちだろう。とにかく平賀さんの声が良い。相変わらず良い。平賀さんは可愛い。それにしても、最後に収録されたリミックスはひどく退屈で何度かトライしたがついに最後まで聴くことはできなかった。



3
DEERHOOF
『La Isla Bonita』
c0086766_13275565.jpg

NO NEW YORK的な破天荒さにNAKED CITYみたいな鋭さとGO!TEAMのような瞬発力を備えたベテラン・ジャンク・バンド、結成20年目の新作。大好き。女性ボーカリストが日本人なのでチボ・マットや少年ナイフ、古くはフランク・チキンズのようなイロモノっぽい先入観を持たせるが、DEERHOOFの楽曲はプログレに近い。これほど複雑な変拍子を熟達した演奏でポップに昇華できるバンドは珍しいだろう。90年代初頭、ボアダムズに影響を受けたソリッドなバンドがたくさん出演して「トリッキーな曲やったもん勝ちやろ」と凌ぎを削っていた大阪のイベント『地獄の原始人』を思い出した。



2
豊田道倫
『SING A SONG 2』
c0086766_1673038.jpg

「親が死んだとか離婚届を出したとか、そういう人生の節目に引っ張り出して聴いてほしいアルバム」と豊田は言った。10年ぶりの『SING A SONG』シリーズは40曲を一日で録音した掟破りの3枚組で。という話は以前に書いた。パッケージングをしたFJP-TRAX竹野さんの「3枚の盤をCDケースにセットする作業の果てしなさ」を聞くにつけ『SING A SONG 2』はダウンロード時代におけるパッケージ世代のカウンターアクションなのかもと思う。いや、それ以前に、この上なく簡素なフォームでありながら濃密な物語と美しいメロディに溢れたこの作品は、不毛な歌詞、軽率なメロディに過剰なアレンジを施し続けるあらゆる商業音楽への強烈なカウンターとして機能すべきだ。



1
川本真琴
『gobbledygook』
c0086766_168130.jpg

川本真琴の初期アルバムがソニーから再発されるという偉業。この2001年リリースのセカンドが今更ながら凄まじく素晴らしい。シングルが5曲も収録されていてそれぞれの熱量が途方もなく高い。当時”ケイト・ブッシュ路線”と言われた「ピカピカ」や「FRAGILE」のアレンジの緻密さ、繊細さ。ゴスペル調に展開していくプログレッシブな構造美に改めて圧倒される。「微熱」のイントロに涙。そして「桜」の波状攻撃。危うさの中に放たれる「誰も選ばない風に吹かれて」という言葉の凛々しさ。これほどの矜持と手間をかけてこそポップスと呼ばれるべきだと思う。RIDEとか思い出すオルタナ・ギターやクラブ系へのアプローチなど多彩なアレンジが実に贅沢。声のキュートさは言わずもがな。そして、再発にあたって当時を振り返る川本さん自身の手記があまりに赤裸々で新鮮な衝撃。
[PR]
by kamekitix | 2014-12-31 23:59 | Review
c0086766_21482691.jpg






みなさま良い年越しを!!

バイバイ
[PR]
by kamekitix | 2014-12-30 21:49 | Review
11月22日ごろから咳が出て市販の咳止めシロップなど飲んでいたのですが回復せず、29日に内科を受診。錠剤やシロップ、絆創膏など咳止めに関するドラッグを一式処方してもらって使用したものの一向に治まらず。12月5日には耳鼻咽喉科を受診。7日から「夜になると咳が止まらない」という症状が続いて睡眠不足。9日にダウンして有休もらって通院して薬を変えてもらったり奥さんが研究の末に編み出した「大根おろしにハチミツを混ぜたものを飲む」「脊椎のツボに強烈な温湿布を貼る」「ベッドに斜面を作って少し身体を曲げて眠る」などの工夫を重ね、12月11日にようやく発作的な咳が鎮静化したよ、長かった。

「今年の風邪はしつこい」というセリフは市井の常套句であり「今年の風邪は比較的あっさり治ります」などという言葉は聞いたことがないけれども、今年の風邪はしつこいマジで。

みなさまご自愛ください。

12月10日は大阪に出張していたのだがホテルでもきっかり1:30から3:00まで100回ぐらい咳が出て苦しかった。

大阪へは内定学生のみなさんの研修と懇親会に行ったのですが、楽しかった。

このブログで恒例の「bestdiscs」をアップしたところ、思いがけず「毎年楽しみにしている」というツイートをいくつか拝見して光栄でした。ありがとうございます。

「松本亀吉」をライターとして興味をもって認識してくださっている方が世界に70人ぐらいいると思っていたのですが、もしかしたらもう少し多くて110人ぐらいいらっしゃるのかもしれません。副業ライターを辞して3年ほどになりますが(Wikipediaに余計なこと書いたやつ誰や)、引き続きこのブログで愚かな自己顕示欲を、Twitterなどでの反応を拝見して薄汚い承認欲求を満たしていきたいと思います。引き続きおつきあいください。

みなさんほんとにありがとうございます。

とか書いてたら、カンパニー松尾監督から連絡あり、急遽12月24日にトークショー(笑)が!

---
名古屋凱旋上映! アラウンド・ザ・テレクラキャノンボール
〜テレキャノから始まる裸のドキュメント傑作選2014 in NAGOYA~


12月24日(水)
OPEN 18:30
START 19:00
¥1500(入場時別途1Drink代500円が必要となります)

会場
spazio rita
愛知県名古屋市中区栄5-26-39 GS栄ビル B-1

上映作品(監督:カンパニー松尾)
19:00~『UNDERCOVER JAPAN 第二部 さよなら東京 上映版』
20:30~『豊田道倫 映像集3無題』

急遽決定!上映後トークショー(笑)
亀谷宏司(刈谷日劇マネージャー)
松本亀吉
---

もう「クリスマスイブ」とか言うトシでもないだろ、おまえら、観に来いよ。

c0086766_1438656.jpg


---
イベント終了しました。
お越しくださったみなさんありがとうございました。
「かめかめトーク」たいへん楽しかったです。
またしゃべりすぎた。
亀谷さんおもしろい。正式にかめかめユニットを結成したいと思います。
c0086766_10545047.jpg

photo:山口雅さん(アメカル番外地)
[PR]
by kamekitix | 2014-12-16 23:17 | Diary
変拍子ロックの歴史を辿るとキャプテン・ビーフハートからザッパ、プログレに行き着くのであろうが、日本のパンクに限って言うと、あぶらだことボアダムズが後進に与えた影響は甚大だと思う。

彼らは従来の転調、混合拍子やポリリズムといった概念に加えて、もともとけっこう急展開に作られた小節をもう一度分断して編み直すような、複雑で緻密なカットアップ、アレンジを施し、鍛錬を重ねて演奏した。

ボアダムズはそれらにハードコアの文脈を、あぶらだこは文語体の歌詞をのせて、どこにも存在しなかった新しいロックを発明し続けた。80年代末期から90年代にかけての話である。

c0086766_23514534.jpg

2000年の大晦日に結成されたというZUINOSINはドラムス兼ボーカル、ベース、ギターというシンプルな編成のバンドで、猛烈なテンションで複雑怪奇な演奏をしていた。

吉田ヒロのギャグを思わせるフロントマン・砂十島NANIのアクションは、同時にボアダムズが山塚吉川のツイン・ボーカルだった時期のコミカルさをも想起させた。
とにかく面白くて、何度もライブを観に行った。

彼らは正に変拍子パンクの最終到達地点を提示していた。



2005年にデフラグメントからリリースされたこのアルバムは当時の彼らの放熱がパッケージされた歴史的な一枚だ。

複雑な楽曲の再現性にも感嘆するが、ぼくがいちばん驚いたのは歌詞カードが付いていたこと。
NANIが叫び散らしていた何語ともつかぬシャウトが可視化されていて、その再現性にも驚いた。

ヨシカワショウゴのビジュアル・デザインも圧巻で、ステージでのコスチュームやロゴ、アルバムの装丁などもクオリティが高く、他のボアダムズ・フォロワーを凌駕した。

「変拍子パンクの最終到達地点」については2007年にリリースされたHOSOMEのアルバム『NEW FASCIO』に更新されてしまったように思う。

しかし、ZUINOSINのファッション性がスケートボードやってる若者たちとかに支持されていれば、もしかしたら今ごろフェスでヘッドライナーを務めるようなビッグ・ネームになっていたかもしれない。
そう思えるぐらい彼らの先鋭性はポップでカジュアルだった。

3年前にぼくがDOMMUNEに出演したとき、見に来ていたカコイヨシハルが話しかけてくれた。

いろいろあってZUINOSINは終わってしまったが、いまはBACK DROP BOMBに加入して寿千寿という名前でギターを弾いていると教えてくれた。



バイバイ
[PR]
by kamekitix | 2014-12-06 23:55 | Review
フランスのミュージシャン・Stephane Laporteさんのユニット、Domotic。
2002年にリリースされたファースト・アルバムがこの『Bye Bye』です。
点描画のような電子音が美しい色彩をもって煌めくロマンティックな名盤です。
c0086766_0264134.jpg

『Bye Bye』は会社の光田くんという後輩に借りたのです。
光田くんは自分より3つ下で、フェスに行きまくるアクティブなロック・ファンであり、リュックの中に常時CDを10枚以上入れてポータブル・プレイヤーで取っかえひっかえ聴いてないと落ち着かないという音楽ジャンキーです。
クラフトワークの大阪公演の会場で偶然会って「テクノ好きなんや」と意気投合して、いろいろCDを貸してくれるようになりました。

エレクトロニカに疎いぼくに、光田くんがまず「これ聴いてないとマズイっすよ」と言って貸してくれたのが、DomoticとPitaとFenneszでした。
ぼくはMEGOというレーベルさえ知らない状態でしたので、これらの音源に大いに興奮しました。

とくにFennesz『Endless Summer』の美しさには正しく度肝を抜かれたのですが、それはまた日を改めて。今回はDomoticです。



全曲インストでボーカルは入っていません。

また通常のポップスとは構造を異にしており、AメロBメロサビ、みたいなフォーマットはありません。

ひたすらキラキラした音が明滅する星の光のように煌めいています。

このクオリティは、アンビエントの最高傑作と賞されるブライアン・イーノ『アポロ』の無重力感にも肉迫していると思います。

オブスキュアで難解な音楽に堕することなく、オルガンのロングトーンがコードを展開する上でシンセが主旋律を奏でるような、メロディアスな面も兼ね備えています。

グリッチ、ブリープといった90年代以降の電子音楽のエッセンスを可愛いバスドラに乗せるリズミックなトラックは、まったくフロア志向ではありませんが、心地好いビートを刻んでいます。

アナログ・レコードの質感を醸すプチプチ・ノイズに漂うようなサンプリング・ピアノのループや深いディレーの効いた打楽器が遠くに響くブリコラージュも、実にドリーミー。安眠を誘います。

ぼくは個人的にこの『Bye Bye』とレイ・ハラカミさんの『red curb』(2001年)が叙情派エレクトロニカの双璧だと思っています。

また、これほどまでに音像を如実に表したジャケットはないのではないか、というぐらいアートワークも美しいアルバムです。

バイバイ
[PR]
by kamekitix | 2014-12-02 23:25 | Diary
←menu