<   2017年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

1月4日
10時の新幹線で大阪へ。千里で一服した後、地下鉄で岸里。安田謙一さん、坂本慎太郎さんらとキングジョー宅で新年会。話題は音楽と映画と保津川下り。ミゲルの料理が旨い。坂本さんのトロッコの話に爆笑。三日後に初ライブを控えるジョーの新バンドの初心者ギタリストあいちゃんが坂本さんの実演で指導を受ける。世界を熱狂させた屈指のロックギタリストとロック漫筆の権威が熱心に「押えると鳴る。指を緩めると鳴らない。これがミュート」「左手を見て。真ん中ばっかり見てるやん」などと本気でレクチャーしているのが面白かった。ジョーの新バンド「怪盤堂」、坂本慎太郎も匙を投げた平成のシャグス。衝撃のデビュー・ライブになりそうだ。20時の新幹線で名古屋に戻る。


1月9日
妻は成人式の着付で早朝から仕事。kongchangに貸してもらった乃木坂46の映画「悲しみの忘れ方」を観る。プリクラ流出で号泣の若月、初レッスンで貧血起こして吐きそうな斎藤ちはるが衝撃的。夕方整体の先生に来てもらって施術。13ヶ月前の足首捻挫の影響で私の体幹はいまだにアシンメトリーなようだ。夜アマゾンPrimeで「ビッグ・アイズ」。主人公の友人役のクリステン・リッターが美しい。読書はジャック・ケッチャム「地下室の箱」を読了。妻は編み物にハマっていて何着目かのカーディガンを完成させた模様。猫は全員ホットカーペットの上。


1月18日
大阪出張。黒門市場が外国人観光客で大混雑。「ニューダルニー」でカツカレー。隣の喫茶店「明日香」で時間をつぶして会社へ。夜は人事部の新年会で再び黒門。「玄品ふぐ」で満腹。宿泊はホテルヒラリーズ。日本橋にフォーカスした出張だった。


1月19日
スマホで「ヒューゴの不思議な発明」を観ながら新幹線。クロエちゃん可愛い。昼に名古屋へ戻り、夜はKDハポンでハポン。のライブを観る。二回目。ジョイ・ディヴィジョン以来の衝撃。ワルシャワのライブを初めて観たマンチェスター市民の気持ちがわかる気がする。ツッコミどころ満載のMCも可愛くてたまらない。しばらく追っかけそうだ。HADAさんがカメラを回していた。


1月21日
年末のオールザッツ漫才の録画を観たけど今回は普通のネタをやってない感じ。守谷日和とか浅すぎて、とてもレビューなどを書く気になれない。アマゾンPrimeで見たM-1準決勝のほうが断然面白い。ジャルジャルの一人漫才、何度観ても凄い。Aマッソも可愛くて大好き。


1月22日
TRIOLLIのライブを観にブラジルコーヒーへ行くつもりだったが、雨に気が削がれる。休日夜からの外出はハードル高い。「お出かけやめよっかなー」と呟くと「やめよーやめよー」と言う妻が可愛くて、結局行かず。高倉さんすみません。また必ず。ゆっくりと大相撲中継を観た後、ビールを飲みながらアマゾンPrimeで「アビエイター」。面白いけど長いよスコセッシ。ディカプリオが可愛いから最後まで観れた。磯部さんが私に会いにブラジルコーヒーへ行ってしまった模様。磯部さんすみません。


1月23日
ヘッズの通販で豊田道倫のCD-R「セクシャリティー」を購入。ひとり想い出波止場な宅録ロック「リーボックベイビー」の乱暴なドラムス。OVALみたいなミニマル短編「銀座」。美しいアルペジオに雨宮まみの声が重なる「飛田の朝ごはん」。深い音響処理がロマンチックな「マクドナルドの前で待っている」でキュートな歌声を聴かせるプラスチック米。クレジットのないトラック6は1984年のハナタラシのカセットみたいなインダストリアル・ノイズ・ボム。聴きどころ満載のドリーム・スカム・トゥルー。そういえば北嶋家からカタログギフトの分厚い冊子が届いていた。「もー、こういうの、ほんと嫌だ」という美穂ちゃんの声が聞こえそう。斎場でカードに住所を書いてしまった私の負けだ。差出人は美穂ちゃんのお母様。私は「これ友人の香典返しなんですけど好きなもの注文してください」とカタログを義母にあげた。


1月24日
アマゾンPrimeで「リリーのすべて」。ラストシーンのマフラーで夫婦そろって落涙。アリシア・ヴィキャンデルが可愛い。ケッチャム「黒い夏」をようやく読了。


1月25日
アマゾンPrimeでスコセッシ作品がたくさん公開されているところ、あえて「凶悪」を観る。うーん。言葉のチョイスが紋切型で、ぜんぜん怖くない。リリーさんとか瀧さんとか演技が薄い。すれ違いの妻と離婚、認知症の母は老人ホームへ。どれも筋書き通りの展開。浅い。「シティ・オブ・ゴッド」とかジャック・ケッチャムや飴村行、友成純一の小説などで残虐な表現に慣れてしまったせいか相当不意を衝かれないと感嘆しないぞ。予測不能なものを観たい


1月29日
正月に坂本さんが安田さんの「神戸、書いてどうなるのか」を三回読んだと言ってたので私も負けまいと二回目。飲食店でのエピソードにいちいち垂涎、飲酒の描写で酔い、銭湯のシーンは爽快。読んでいて気になった漫画「のたり松太郎」を探して夕方からブックオフを2つ巡るが出会えず。夜は南区のライブハウスを覗く。目当てのバンドの名は「黒鉄砲」。メンバー全員うちの社員でボーカルは常務取締役。ギターの誉くんもベースの山口支店長も巧い。メジャーデビュー直後のラフィン・ノーズみたいなポップ・パンクで面白かった。


2月2日
ジョーが教えてくれた「恋はデジャ・ブ」。2月2日が延々と繰り返される悪夢のようなストーリーだが、文字通り「今日を生きる」ことの儚さ、愛しさを軽妙なタッチで描いた名画。ルーティンな日々を生きる会社員である自分にも力強い希望を与えてくれる。毎年2月2日に観よう。アマゾンでジャック・ケッチャム「襲撃者の夜」「ロード・キル」「閉店時間」、飴村行「粘膜戦士」「粘膜兄弟」を購入。送料込で1,375円。安い。





東京で「ぼくらのお目かけ女の子100」第6回の開催決定。
3月25日(土)13時から、新宿ネイキッドロフト
西原伸也、トーニャハーディング、松本亀吉。ゲストは永井亜子さん
今回もきっと面白いよ
http://boo1oo.tumblr.com/

c0086766_15060501.png
c0086766_15061194.png
















[PR]
by kamekitix | 2017-02-01 00:00 | Diary
←menu