9月1日
パニック障害の発作が出ることがあって長年にわたり服薬を続けているが「ま~病気というよりはこういう性格なのだと思おう」と楽観してきた。しかし、この8月中旬から続く自律神経失調の症状は「気の持ちよう」というレベルを超えている。動悸とめまいが激しく、手と足裏の発汗がすごくて、完全に交感 / 副交感神経のバランスが崩れている。クリニックで処方される薬の量が少し増えたが、それとは別に自主的に治療すべく方策を練ることとし、2017年9月を体質改善月間といたします。いま改善しないと残りの半生を棒に振ってしまいそうだ。美しく優しい妻と一緒なら、あと90年は生きられる♪ ということで、基本的に薬は漢方で、処方される抗不安薬は頓服として発作が出たら飲む程度にシフト。抗うつ剤はこっそりやめて、毎朝6時に起きて近所を走ります。


9月8日
雨の日以外は朝6時に起きて近所を走る。家の裏に東海商業という学校があり、誰もいない校庭の裏の田んぼを二周する。日々速度が上がっており、もはや猛ダッシュの域。きわめて爽快。このときばかりは郊外に家を建てて良かったと思う。出勤前にシャワーを浴び、家で朝食を摂る習慣も健康的な気がする。漢方が効いてきたのか動悸はほとんどなくなった。早くも寛解の傾向。8月後半はほんとヤバかった。こんな日記でさえ書けなかったからなぁ。


9月10日
休日のランチを「うなぎ処かとう」で。ひつまぶし久しぶりに食べたが美味しくて自分でも驚くスピードで完食。でも、これまででいちばん美味しかったのは名古屋拘置所近くの「木屋。また行きたい。
ここ数年、私の読む本はほとんどキングジョーのお下がりばかりなのだが、先月貸してもらった井上荒野にもハマった。度肝を抜かれるような展開はなく、淡々と描写される生活、ドライな人間関係。タイトルも含めて詩情を感じる。よくこれだけのシチュエーションを着想できるなぁと感嘆。主観が変幻自在だ。どれも俗にエンディングと呼ばれるべき安易な結末は訪れず、放り出されるように終わるので余韻が凄い。読みやすくて面白い短編の名手。原一男監督が撮った「全身小説家」こと井上光晴の娘なのだな、知らなかった。「夜を着る」「そこへ行くな」「ベーコン」を読了。「切羽へ」「つやのよる」「しかたのない水」を購入。


9月13日
先月具合が悪かったときに「自律神経 整体」で検索して見つけた南区の「After Mago」へ三度目の通院。保木さんというお兄さんがひとりでやっている小さな整体院で、症状をじっくり聞いて目的を明確にした上でたっぷり一時間全身をチューニングしてくれる良心的な店。気功を使ったスピリチュアルな、ほとんど催眠術のような時間もあるが、概して気持ち良い。保険適用外なので今回で一旦終了としよう。また具合悪くなったら来ます。保木先生は誠実で素晴らしい。ありがとうございました。
ジョーに聴かせてもらった台風クラブ「初期の台風クラブ」が素敵でCDを購入。一曲目「台風銀座」はスカでスペシャルズみたいな掛け声もポップだけど暗黒大陸じゃがたら「季節の終わり」に似たフレーズがあったり、全体にギターのカッティングはファンキーでシティポップ・コンシャスでありつつ、でも歌い方にはthe ピーズとか真島昌利を思わせる突き放すようなパンクスっぽさもあって、シンプルに見えて実はごった煮の美味なる名盤。青春パンク、みたいなカテゴライズをされてセルアウトすべきバンドなのかもしれないが、石塚淳の歌詞はどこか絶望的で死の匂いがする。iPodに入れて名鉄に乗る。ラスト2曲で涙腺が緩む。「踏切が鳴った 町は鎮まった / やっとおれは気付く 手遅れだってこと」。神経を病んだ50才の夏の終わりにジャスト・フィット。


9月14日
午後から東京で会議。正午すぎに恵比寿で富士そば。恵比寿にはサマロケのしなのちゃんみたいな女の子がいっぱいいるなぁ。ルノアールでまったり休憩してタクシーで青山の本社へ。イニシアチブをとる新任の執行役員S氏は17年前に大変お世話になった直属の元上司で、久しぶりに会ったが相変わらず頭の回転が速くてクールで話が面白い。この会議、11月までに四回あるらしくて楽しみ。
夜はネオス株式会社のみなさんと渋谷の居酒屋。アイドルと野球の関連性について、話は尽きない。


9月19日
具合が悪かった8月中旬にフラッフラな状態でナゴヤドームへ行ったのですが、京田が打席に入るとき、かっこいい音楽が流れて、絶妙のタイミングで観客が大声でなにか叫ぶんですね。「すごいかっこいい。なんで京田だけこんなスペシャルな演出なんだ。みんななんて言ってるんだろう」と思って検索したら、音楽はブルゾンちえみがネタで使う曲で、客が叫んでる掛け声は「35億!」。ぜんぜんかっこいいものではなかった。


9月22日
光村」で至高のかき揚げ丼。奥さんと名古屋市博物館でデート。素晴らしいプレミアムフライデー。


9月24日
博物館の駐車場で奥さんを待つ間にスマホでポチった上原善広「路地の子」を読了。ほぼ同世代の大阪の物語だが北摂と河内では風景が違う。狂気と侠気で成り上がった父の姿を描いたドキュメント。政治的な背景には興味がないのでプライベートな家族のストーリーとして一気に読んだ。立志伝中の「上原龍造」氏の会社は現存しているらしく検索したらきれいなホームページに会長の近影も載っていて感慨深い。おれの父親もいろいろ波乱に満ちた生涯だったようなので何か書きたくなるが、30年前に死んでいて記憶もエビデンスも乏しいから難しいな。


9月28日
執行役員S氏、新任の人事部長O氏が名古屋に滞在。会社の向かいの焼肉「皇亭」で密談。S氏と食事するのは8年ぶり。頭の良いひとたちと話すのは面白い。最近、名古屋のオフィスで好き放題に振る舞っているので、呼び捨てにされたり「おまえ」と呼ばれたりするのが懐かしくて嬉しい。会社が新局面を迎えるにあたって個人的には初心に返る気分。おれはいつも上司に恵まれている。


9月29日
昨夜帰りに定期券を落としてしまったので、朝から大須交番へ遺失物届。夜まで待っても連絡なかったので諦めて再発行(記名式manacaは有効期間もカード残高も復元してもらえるのだ。知らなかった)しようと思って金山駅まで自転車で帰ると「拾って届けてくれた方がいます。金山交番で預かっています」との電話が。なんと良いタイミング。すばらしい名古屋市民。感謝。
昼は怒涛の中途採用面接、本社とのSkype会議。体質改善計画が奏功して、今月はよく働いた。仕事が増えてきたので部下がほしい。というか後継者を育てなきゃいけない。



2017 / 10 / 03(火)DOMMUNE
●19:00~21:00
c0086766_16315078.png
TALK:松本亀吉 / キングジョー / 岩淵弘樹 / JAPAN(ココナツ・ホリデーズ) / 宇川直宏(声の出演)
■孤高のジャンク・スカム・マガジン「溺死ジャーナル」30年の歴史を紐解く緊急会議
1987年に大阪で創刊した同人誌「溺死ジャーナル」。コピー紙をホッチキスで綴じただけの数十部のミニコミは「入獄した愉快犯百人が差し入れてほしい雑誌一位に選ぶであろう面白さ」(安田謙一)と評され、その過激な編集がアンダーグラウンドで熱烈に支持された。豊田道倫、石井モタコ、大橋裕之、雨宮まみ、大谷能生、クリトリック・リス、北村早樹子などをいち早く起用してきたサラリーマン・エディター=松本亀吉が6年ぶりの新刊「溺死ジャーナルNEXT」をリリース。カバー・ガールを務めたココナツ・ホリデーズのJAPAN、熱心な読者であるドキュメンタリー監督の岩淵弘樹、「溺死ジャーナル」に強い影響を受けた画家でDJのキングジョー、さらにキングジョーの高校時代からの盟友=宇川直宏(声の出演)を交えたトークで、知られざる30年の伝説を解き明かす。


●21:00~24:00
c0086766_21393794.png
LIVE:ウルトラファッカーズ / ・・・・・・・・・ / ハポン。 / 角矢胡桃
DJ:キングジョー
■悪夢と感動のXXXX・ミュージック・フェア!!!!!!!!! 6年半ぶりに復活!!!!!!!!!
オーディエンスを絶望と爆笑の渦に陥れた2011年4月25日から6年半。伝説の「カメキチ・ミュージック・フェア」がDOMMUNEに還ってくる!!!!!!!!! 「溺死ジャーナル」編集者=松本亀吉が私財を投じてお届けする混沌と偏愛の三時間。出演は関西スカム総本山=ウルトラファッカーズ!!!!!!!!! 轟音シューゲイザーで話題沸騰の匿名アイドル・グループ=・・・・・・・・・!!!!!!!!! 美麗&不穏なサイケ・ロックfrom名古屋で大注目の女子大生バンド=ハポン。!!!!!!!!! 世界が待っていたキュート・ノイズの彗星=角矢胡桃!!!!!!!!!! 小西康陽が「世界一のDJ」と絶賛するキングジョー!!!!!!!!!! PAスタッフ大混乱&タイムオーバー必至のカオスな一夜!!!!!!!!!






バイバイ













[PR]
# by kamekitix | 2017-10-01 00:00 | Diary
7月8日
毎年恒例、熱田球場で高校野球観戦。名古屋市立工芸高校四番西村くんのホームランを見た。直前にポール際へ大ファールのあと打ち直しの場外ホームランで、しびれる。ハマジムの新作「True Love 2」を観る。いろいろややこしい話が暴露され「これはよくあることなのか、それとも実に稀な事件なのか」と困惑させられる。もはや俗に言うAVからは遠く離れたセックスを巡るドキュメンタリー。唯一意図的に仕込まれた女優・橋下まこがキュート。


7月11日
「溺死ジャーナルNEXT」の編集が佳境。キングジョーから入魂の漫画が届く。全体的に「なにがしたいのかわからない小冊子」になりそうだが、思えば世界は「なにをしたいのか明白なもの」にあふれており、これほど「なにがしたいのかわからないもの」は稀有でありむしろ崇高なのではないかという進捗確認がおれのモチベーション。10月東京でのリリース・イベントの企画も進んでおり、こちらもまったくなにがしたいのかわからないものになるだろう。ただひとつはっきりしているのは、おれは相当なアホだということ也。


7月13日
大阪出張。黒門市場「ニューダルニー」でカレー、隣の喫茶店「明日香」でアイスコーヒー。いつものパターン。一仕事終えまして、千日前で夜半まで人事部飲み会。原宿駅前ステージ「ふわふわ」の魅力について熱く語るちーちゃんが可愛い。二人で黒門前のスーパーホテルまで歩いてチェックイン。他のメンバーは3時まで味穂にいたらしい。若い。


7月15日
昨夜から続いていた妻の腹痛が尋常ならざると判断し、未明に西知多総合病院の救急外来へ。こんなことでもないと運転しないペーパードライバーの私、助手席に妻を乗せ午前四時に愛車WAKEを飛ばす。腸の炎症のみで大病ではないと診断され一安心。以前に私が捻挫したときの当直医はイケメン男子だったが今回は二十代半ばと思われる可愛い女医さんで西知多総合病院のルックス偏差値高い。などと思っていると救急車で運ばれてきた急病人が亡くなってしまった様子。まだ若い人だったようだ。家族が泣きながら名前を絶叫するのをカーテン越しに聞くのはつらい。点滴を終えた妻と外に出ると爽やかな夏の朝。親戚らしいおばさんがベンチで泣いていた。


7月16日
小島歯科室で定期検診。高校時代に野球部マネージャーだったというS嬢の県大会あるあるトークに相づち打つうちに歯石除去。まだ腹痛の残る妻のためにサンドラッグでレトルトお粥と経口補水液を買って帰る。


7月17日
「溺死ジャーナルNEXT」に松村早希子さんのイラストが数点届く。色鉛筆美少女画の最高峰。可愛くてたまらない。早く印刷したい。妻はお粥なので、私は近所の四川料理屋「長楽」まで自転車で行って麻婆豆腐。陰毛が伸びてきたので、昨日サンドラッグで買ったクリームで久々に除毛。果たして爽快。


7月22日
「溺死ジャーナルNEXT」に大橋裕之くんのイラストが届く。奥様にもお手伝いいただいたとのこと。凄いの来た。「この絵を見たかったから今回『溺死ジャーナル』を作ろうと思ったんだなぁ」という不思議な納得感。大橋くん&奥様、ありがとうございました。これで原稿が揃いました。早く印刷したいので、あらかじめユーザー登録しておいたP社のサイトでWEB入稿を済ませる。しかし、数時間後に「アダルトな内容が含まれており弊社ではお受けすることができません」という旨のメールが届いた。複数の「該当ページ」が指摘されていたので、それらのページのアダルトっぽい箇所(具体的に言うと、女性の画像のバストトップ部分)に白い四角形を貼って再入稿すると「修正されておりましたが、全体的に印刷データとして進行出来かねる状態でございます」との返信。ホームページのリンクが貼ってあり、そこには『公序良俗に反すると弊社にて判断をさせていただいた場合、ご注文後でもお断りさせていただきます』と書いてあったので、これは断られているのだなー、とようやく気づいてキャンセル。乳首の問題ではなかった。


7月24日
「溺死ジャーナルNEXT」をK社に入稿するも、P社とまったく同じページを指摘されて「不備内容を修正し再アップロードしてください」との回答。同じガイドラインだと思われるので早々にキャンセルし撤退。過去4回利用した実績のあるN社の社長にメールで窮状を訴えると「弊社名を明記されないなら引き受けさせていただきます」との回答で、さっそくオーダー。助かった。納期も迅速。さすが勝さん。


7月25日
メンタル不調で休職中の女子社員の通院に同行。どうにも寛解の気配がなく、休職を続行。バケツひっくり返し系豪雨の中、栄のオニツカで通勤用のスニーカーを新調。夜にアポ入ってた中途採用面接の人、二週続けてキャンセル。さすがに申し訳なかったらしく辞退の旨。こういうの困る。久しぶりに東別院の天満屋でうどん食って帰る。


7月26日
新卒一年生との飲み会。新規事業の部署に配属した三人。実にスマートで聡明で気の利く子たち。今年の一年生はほんとにヒットだ。長いこと勤めてほしい。アマゾンプライムで「フラガール」を見ながら電車。「ヒロインの親友役」の大御所・徳永えりが可愛い。蒼井優も美しい。家のテレビで続きを観てたら編み物しながら観てた奥さんが号泣。奥さんがいちばん可愛い。


7月30日
高校野球の地方大会が大詰め。愛知は中京大中京が圧勝。大阪は大冠が大健闘するも大阪桐蔭が優勝。大冠って島上大冠だったよね。そしてずっと「ダイカン」だと思っていた。府立なのに強いなー。再びSpotifyにハマり、無料Premium期間を満喫中。これは課金しそうな予感。だってもう中古レコード屋一軒賃借するようなもんでしょ。誰かに貸してなくなっちゃったDali's Carのアルバム。去年買ったQlairの全曲集もあるじゃん。これで月980円なら安い気がするんや。


8月1日
「溺死ジャーナルNEXT」の情報を当ブログにて公開。Instagramのダイレクトメッセージだけで受付という奇策にもかかわらず、一日で70人以上の方が申し込んでくださり終了。無事100冊が納品され、ちょっと字の薄いページもあったりするが、表紙がキレイにプリントされていたので満足。今回お送りできず、このブログを読んでくださっている方がいらっしゃれば、申し訳ありませんでした!! 増刷の予定はありません。


8月4日
定刻に会社を出て地下鉄で御器所へ。なか卯でうどんを食べてからなんやへ。豊田道倫のライブ。久しぶりに二階の座敷で全編を堪能。夏は「家族旅行」だねー。終わって小一時間談笑。けっこう重たいことをケロリと話す彼はいつも面白い。出会って24年ぐらい経つが最近ようやく彼が何を言ってるのか聴取できるようになった気がする。いや、でもまだまだだなー。御器所からタクシー。京都から来てるマサモトススムさんを金山に置き去り、終電で帰宅。


8月7日
SpotifyでSufjan Stevensを聴いていて「Michigan」というCDを会社の女の子に貸して返してもらっていないことを思い出す。5年前の夏の東京、きつかった。齋藤飛鳥ちゃんに教えてもらった貫井徳郎の「崩れる」。結婚をテーマにした短編集。猟奇あり、怪談あり、ほのぼのハートフルなのあり、面白い。その前に読んでた桐野夏生「柔らかな頬」が煮え切らない内容だったので逆に痛快。「柔らかな頬」は時系列がグダグダで、何度も長々と夢を見るし、結末もはっきりしない。桐野作品にたいてい出てくる「サバイバルする」という動詞も気になる。「サバイブする」あるいは「サバイバルをする」が正しいかと。


8月10日
高卒一年生の技術社員Sくんと朝エレベーターで一緒になって「あれ、しばらく見ないうちに太ったんじゃないの」と言うと「やめてくださいよー! みんなに言われるんすよー!」。体型よりも急激に社会人ぽくなった口調に驚く。明日から夏季休暇。


8月11日
午前の新幹線で大阪へ。千里のマンションに荷物を置いて西成のホテルにチェックイン。16時すぎに大国町から歩いてベアーズへ。猛暑。西川文章さんのPA、豊田道倫のリハを見る。18時から場内BGM係を粛々と。久しぶりの知人にたくさん会えて嬉しい夜。ライブはどれも凄まじかったが、角矢胡桃が特に良かった。凶暴だがどこかポップなノイズ。フレッシュでかっこよくて色っぽい。打ち上げではドリンクより先に白飯をオーダー。「レジデンツとディス・ヒートが好き」「エレクトロニカをやりたかったけどノイズになっちゃった」などニューウェーブおじさんをそそる発言多数で、実に信頼感のある大学生。2時にホテルに帰還。寝苦しい。
c0086766_14140696.jpg

8月12日
午前中から西成今池界隈を散策。難波屋→たまちゃん→やまき→三角公園→伊吹。プラスチック米ちゃんと倉科くんとマサモトさんとホリ坊とジョーとMT。カラオケ「たまちゃん」のテラスの居心地が異常に気持ち良くて夏休み満喫モード全開。地下鉄で千里に戻る。寝苦しい。
c0086766_23510144.jpg
c0086766_11441966.jpg
c0086766_23511427.jpg
c0086766_14134928.jpg
c0086766_23512636.jpg


8月13日
連日の寝不足のせいかベアーズの余韻の反動か体調不良。動悸と耳鳴りが激しく、神経性の下痢がひどい。半年に一度のキングジョー宅訪問で素敵な手料理をいただき美しいジョー・ガールズがもてなしてくれるが、どうにも具合が悪く、まさかの早退。みなさん申し訳ありませんでした。短い時間でしたが楽しかった。ジョーがまた文庫本を貸してくれた。20時には千里に戻り、奥さんとのFaceTimeで少し落ち着く。初期ミルク・ティーンズのメイン・マシンだった30年近く前のカシオの名器「Rapman」をプラスチック米に譲渡するため梱包。


バイバイ








































[PR]
# by kamekitix | 2017-08-16 00:00 | Diary
溺死ジャーナルNEXT

岩淵弘樹
大橋裕之
北村早樹子
キングジョー
薬子
小鉄昇一郎
kongchang
JAPAN(ココナツ・ホリデーズ)
マサモトススム
松村早希子
松本亀吉

2017年8月2日
A4 / 4c / 40頁 / 100部 / 0円

c0086766_23440344.jpg

入手ご希望の方はInstagramのダイレクトメッセージでお申し込みください。
アカウントは kamekitix です。
・郵便番号
・送付先ご住所
・お名前
を送信してください。
先着60名の方に郵送いたします。
*受付を終了させていただきました。たくさんのお申し込みありがとうございました。
*DMに返信させていただいたみなさま。8月10日までに届かないようでしたら、送付漏れの可能性がございますので、ご連絡ください。

8月11日難波ベアーズでのイベント『肝だめしの夜、サーフィンの朝』にて10部配布予定です。たぶんベアーズの後ろのカウンターに置くと思いますのでご自由にお持ち帰りください。

8/11 MT presents「肝だめしの夜、サーフィンの朝」
出演:角矢胡桃、豊田道倫、プラスチック米、半野田拓
PA:西川文章
DJ:松本亀吉(溺死ジャーナル)
c0086766_10041292.jpg

















[PR]
# by kamekitix | 2017-08-01 00:00 | Information
←menu