11月17日
幡ヶ谷の斎場から京王新線で新宿へ。ベルクで休憩。混沌とした狭い喫茶店で、単身客は壁際のカウンターにもたれて立ったままビールを飲んでいたりして、かっこいい。
品川に移動して北村早樹子さんとディナー。アトレのレストランに入ってパスタなど。彼女と二人になるといつもサブカル界隈ディープ話に終始する。ロマン優光どころじゃない業界激震の新書が一冊できるけど、絶対書けない。新幹線で品川から名古屋まで爆睡。


11月18日
有休。朝から東片端の名古屋逓信病院で肺ドック。この病院の裏手のマンションに2年ぐらい住んでいたので懐かしい。妻と初めて会ったのもこの町。診断は90分ほどで終わり、栄の会社に立ち寄ってから、清水の「光村」で昼食。かき揚げ丼がすごく旨い。


11月19日
昼から大阪。南堀江のレストランで大好きな後輩ハルカちゃんの結婚披露パーティー。久しぶりの社員や元社員にたくさん会えた。乾杯の挨拶をして、そこそこウケたので満悦。日帰り。


11月21日
東京の本社へ。新卒採用ホームページの取材。うちの社員はほんとにみんな可愛いなぁ。21時までミーティングのあとタクシーで神泉へ。弊社直営ホテルのレストラン。楽しい夜だったが、さすがに疲れた。毎度おなじみホテルメッツ渋谷にチェックイン。マイレージ的なものが溜まっていたらしく3000円割引してくれた。出張の夜は「BUBKA」を買ってしまう。


11月22日
朝5時半に目が覚めてトイレに行き「あと二時間眠ろう」と思ってベッドに戻るとユサユサ揺れだした。大地震やんけ。テレビでNHKを見ると、福島県沖が震源で「つなみ!にげて!」という真っ赤な大きいテロップ。「津波は必ず来ます。今すぐ逃げてください」と悲鳴のようなテンションで言うアナウンサーに違和感を覚える。これは命令すべきことだろうか。なんか過保護な気がする。そもそも「どこで地震が起きたら何時何分に何メートルの高さの津波が必ず来る」なんて、本当に人間にわかるものなのでしょうか。そこまで正確にわかるのなら、地震を起こさない装置を開発できそうに思うのですが。今後はその方向で予算を割いてほしい。宇宙開発とか後回しでしょ。他の星のことを考えている場合か。まず地球や地球。とにかく地震を止めてほしい。地震いやだ。STOP地震
渋谷で引き続き取材。面白い話を聞けたから良い記事を書けそう。


11月23日
東浦にあるカリモクのショールームで長椅子を買う。最近ソファを猫に占領されているので、人間用を増設。納品は一か月後。帰り道にあったリンガーハットでチャンポンと餃子。
もう初老なので食後に歯の間に物が挟まる。おじさんが歯をシーシー鳴らしているのを見て不快な気持ちになる方も多いと思いますが、どうか、あれを温かく見守ってほしい。本当に不潔で不快なのは歯間に物が詰まったまま放置して口臭を悪化させる人だ。シーシー言ってるのは、むしろ清潔感の強い、道徳心の高い人たちなのである。


11月25日
二日間会議室を占領してインタビューの文字起こしと構成。夜は珍しく外食になったので大好きな「八龍」のみそラーメン。ニット帽、パタゴニアのダウン・ジャケット、モンベルのパッチという装備で自転車通勤。もう真冬だ。


12月1日
仕事を早めに切り上げて、自転車でKDハポンへ。尾苗愛さん率いるPOLTAを見に行ったのだが、その前に出演した「ハポン。という名のバンドに魂を奪われる。女子四人組でみんな可愛い。特にボーカリストは女優みたいな美貌で声もキュート。ルックスに違和感を覚えるほど不穏な楽曲で、キーボードはアイアン・バタフライみたいな音色でトリッキーなフレーズ連発、ベースもロングトーンが多くて、意図せずサイケな雰囲気になっている。ゼルダとかG-SCHMITTとか80年代の女性バンドを思い出す。RADWIMPS的なエモーションを名古屋の女子大生が手探りで再現しようとしてD-DAYみたいになった感じだろうか。バックボーンがよく見えなくて、面白くて可愛い。POLTAは楽曲もスキルもステージングもすべてがキャッチーで爽快で巧くて、普通にサマソニとかCOUNT DOWN JAPANとかで観たい感じ。POLTAがあまりにもカッコ良すぎて、逆にハポン。のプリミティブな魅力が印象に残ってしまう形に。ハポン。すげー。写真は隣で観ていたリオくんのTwitterより拝借。
c0086766_00063714.jpg

12月4日
森本書店さんのイベント「音盤大學」で中之島図書館へ。コアなラインナップの出店陣が並ぶ中古レコード市が大盛況。高橋幸宏の新書と、買いそびれていた浦朋恵さんの7インチを買う。隣室で安田謙一さん、バンヒロシさん、キングジョーとトークショー。「音盤大學2日目2限~心も体も元気なまま、来年も音楽を楽しめますように」。マーク・ボラン、ロッカーズ、ユーミンと話は多岐にわたり(つまりバンさん独壇場)、大いに笑って、あっという間の二時間。すごく楽しかった。皆様ありがとうございました。世紀の偉人、保山宗明玉さんに久しぶりにお会いできて嬉しかった。写真は保山さんのTwitterより拝借。「拾い画像で保山ひャンを探せ」。
c0086766_10190809.jpg
地下鉄で岸里に移動して、スーパー玉出で買い出し。いつもどおりジョー宅へ。安田さんが持参したDVDでストーンズのキューバ・ライブを見ながら赤からホルモン鍋。旨い。夜はカイちゃんとワンセグでM-1観戦。楽しい休日
M-1決勝は会場の沸点が低くて全体的にあまり面白くなかった。スーパーマラドーナもスリムクラブもYouTubeで見た準々決勝のネタのほうが良かった。なぜスーパーマラドーナは決勝の最後であんなドタバタしたネタをチョイスしたのだろう。「幽霊の女を車に乗せるネタ」を淡々とやれば優勝していたのではないかなぁ。他にYouTubeで観て面白かったのは、金属バット、晴天サンティ。ジャルジャルの一人漫才のネタも好き。
昨年の本日は金山駅で階段を踏み外して転んで足首捻挫したのだった。わが家の防災の日に認定。気をつけましょう。



12月11日
1987年に死んだ父親の命日。父親は63で、母親は昨年88で死んだので、私は間を取って、たぶん75才で死ぬだろう。余命25年ぐらい。今から25年前というともう就職していてこの25年はあっという間だった。人生の体感速度はこれからどんどん加速していくだろうから「私はもうすぐ死ぬ」と言い換えてもいいだろう。美しく天寿を全うする方法は毎日楽しいことをして朗らかな気持ちでいることだ。
妻が毎年楽しみにしている干し芋が茨城の農家から届いた。今年も美味い。妻は丸干し派、私は平干し派。リオくんがお土産でくれた岐阜の栗きんとんも美味しかった。


12月12日
若くして亡くなったプロデューサーの朝本浩文さんを偲んで宝生舞のシングル「赤い鳥」をアマゾンで。磯部さんに教えてもらった作家、ジャック・ケッチャムの文庫「オフシーズン」を栄のブックオフで。優雅な避暑地の話だが、ほとんどスプラッター。家に帰ると京都の文芸同人誌「耕し小手」が届いていた。木村元史さんの漫画「式日」が凄い。


12月17日
肺ドックの結果がオールAで安心。妻の誕生日にハーブスのケーキとリンツのリンドールを買う。ケッチャム「老人と犬」をアマゾンで1円で。不穏で怖いけど、エロティックで面白い。


12月20日
太田川駅前の渋い居酒屋「五十鈴」で磯部さんと清水くん。知多の文化に触れる有意義で楽しい宴席。実に気分の良い男たちだ。磯部さんが大量に本と漫画を貸してくれた。徒歩5分で帰宅。近場でありがたい忘年会でした。


12月25日
風邪をひいてしまって四連休。磯部さんが貸してくれた「人間仮免中」をベッドで読む。新しいソファで妻とケーキ食べながら映画を数本。AbemaTVで欅坂46のライブ中継を最後まで観た。ダンスのクオリティ高い。優れたコレオグラファーの力量を感じる。ルックスも洗練されてきていて、乃木坂を凌駕する勢いを感じる。作詞家がいまいちだよなぁ、世界観が安易。
かつてモーニング娘。初めてのワンマンを中野サンプラザで観たことを思い出した。あのころ私はライターとしてゼティマの宣伝部の田崎さんという美女に気に入られていて会場内の打ち上げに無理やり連れて行かれた。今は亡き福田一郎先生が「まだ学芸会レベルだ」と厳しいスピーチをされていた。私は平家みちよにビールを注がれてつんくと乾杯をした。居場所がなくて帰りたくて田崎嬢に目配せすると何を勘違いしたのかモーニング娘。全員連れてきて一列に並ばせ挨拶をされて、すごく困った。飯田圭織の視線がまっすぐで恥ずかしくてうつむくと矢口真里と目が合った。まだ福田明日香がいて後藤真希が加入する前。1999年のことでした。


12月29日
休日ダイヤの名鉄に乗って仕事納め。納会準備で相棒の本多くんと名古屋市内を奔走。去年は社員の葬式を二回、親の葬式を一回。葬式寸前の大事故もあった。今年は従業員が無事で良かったなぁ。来年もみんな健やかに働いてほしい。渋谷のmtvBANDに思いを馳せつつ帰宅。
空前のジャック・ケッチャム・ブームで文庫を続けざまに読破。「オンリー・チャイルド」は登場人物が多くて混乱したが、主人公がサイコパスとそれを弁護する法曹と闘う終盤がエキサイティング。


12月31日
妻と義母が慌ただしく働いているので昼寝ばかりしているわけにもいかず、洗面台を清掃。私は「激落ち君」があればたいていの調度品を新品同様に磨き上げることができると思っている。果たして美しくなった。
妻と年を越せる幸せに感謝。来年もこの普通の日々を平穏に保ちたい。






[PR]
# by kamekitix | 2016-12-31 23:59 | Diary
20
Fickle Friends | Velvet



19
Homecomings | Sale of Broken Dreams



18
Liima | ii



17
moby | long ambients1: calm. sleep.


16
Sing Street | (original motion picture soundtrack)



15
ハポン。 | ハポン。
c0086766_23431820.jpg


14
プラスチック米 | RAP no RENSHU
c0086766_09250305.jpg


13
があこ | があこはだいどころに



12
川本真琴withゴロニャンず | 川本真琴withゴロニャンず



11
辻林美穂 | clarte



10
石野卓球 | LUNATIQUE



9
サニーデイ・サービス | DANCE TO YOU



8
FLASHLIGHTS | Shadows and Lights



7
豊田道倫 | ホルモン、ビール、ナポリタン、コーヒー/悲しいひと
c0086766_21035549.jpg

6
METAFIVE | META



5
David Bowie | Blackstar



4
スピッツ | 醒めない



3
Charlie Hilton | Palana



2
The Avalanches | Wildflower



1
sora tob sakana | sora tob sakana















[PR]
# by kamekitix | 2016-12-11 00:00 | Review
10月16日
亡母一周忌法要で三重県亀山市へ。信仰心が薄く出不精な私はいつも寺に行くのを面倒くさいと感じる。でも、行ってみると楽しくて、姉の家族とわーわー言いながら名物の味噌焼きうどんを食べた。「亀八食堂」は素晴らしい。来年も三回忌法要というのをやらないといけないらしい。面倒くさい。


10月19日
デスク・レイアウト変更ミーティングでオフィスが紛糾。株主総会や労使団交ではなく、平和なテーマで盛り上がる事業場でよかった


10月20日
橋本奈々未、乃木坂46脱退のニュース。芸能活動をも廃業するとのこと。オールナイトニッポンの動画でななみんの美しさ、ファンを想って涙する可憐、音を立てて鼻をかむ豪胆に瞠目。


10月22日
プロ野球はカープとファイターズで日本シリーズ。どちらもなんかやだ。10勝もしてるカープの黒田はシリーズ直前の引退発表があざとい。「神ってる」ってのは緒方が「神がかっている」という言葉を知らないアホというだけ。雨の日にだって大事な試合はあるのになぜスタジアムに屋根をつけないのかマツダよ。ファイターズの中島という選手が何十球もファール打つのイライラする。あいつ野球のルールを知らないんじゃないか。解説の衣笠の声が加齢に伴って飛躍的なハイトーンになっていて耳障り。わしは更年期かもしれない。


10月25日
Spotify FreeをPCとiPod touchとFireタブレットにDL。CD店に行くとその傾向をDEVOの在庫で推し量る癖があるのだが、SpotifyにはDEVOのアルバムが全部ある。Amazonプライム・ミュージックの最近の入荷リストの驚くべき貧相さを憂慮していたところなので仕事中のストリーミングBGMはSpotify中心になるかもね。STEROLABもMighty Lemon DropsもWoodentopsもGO-BETWEENSもAltered Imagesも横田進も全部ある。BIG STICKのEP全部聴ける衝撃。「関連アーティスト」を辿っていくとキリがなくてLegendary Pink Dotsまで行って我に返る。難点はときどき挿入される30秒の宣伝が鬱陶しいのと、スマホではシャッフルプレイしかできないこと。でもM.I.A.の新譜とか聴けるんだなー。これはCD屋さん減るわー


10月26日
Spotify FreeのPC版は15時間/30日という制限があるらしいことが判明。スマホでは無制限だがシャッフルプレイのみ。しかも時折、関連アーティストから特に希望してないトラックを突然引っ張ってきて(たとえばYAZOOのアルバムを聴いててULTRAVOXの全然知らない曲が流れたりする)、それをスキップするのにも回数制限があるようだ。いろんな局面でストレスを与えて課金させる心理戦。月980円も微妙な設定。「ときどき検索して懐かしい曲を歌詞を読みながら聴く無料ツール」という使い方で収まりそう。
ハマジムTの新作パーカーとマグカップを送っていただく。ありがとうございます!
c0086766_22531352.jpg


10月29日
日本シリーズは第6戦でファイターズが優勝。押し出し四球→ピッチャーにタイムリー打たれた後に本塁打王が出てきたところで「これは絶対ダメ押し点が入る」と誰もが察知したのに投手交替しない謎の緒方(あるいは畝)采配。案の定レアード満塁弾でカープ玉砕。畝ってる。
健康診断の結果が来て、概して健康なのだが、初めて撮った肺CTの判定がCで、心配した妻が「すぐに別の病院で再検査して」と言うので来月予約。しかし、私は太った。生涯初めて体重欄の「L」が消滅すなわちもはや「やせすぎ」ではない。そういえば今月衣替えで着た春秋のスーツの腹がキツい。背中、脇腹、尻にももっちりと肉が付いてきて、触ると気持ちいい。


10月30日
妻と刈谷までドライブ。新車が快適。刈谷日劇で「シング・ストリート」を観る(二回目)。妻も大いにハマったらしく序盤から涙。サントラもDVDも買う妻カワイイ。近くの焙煎工房ベアでコーヒー豆を購入。
ミスiDグランプリ嬢の血豆みたいな涙袋に失笑。「ミスiDと夏の魔物が日本のポップ・カルチャーを停滞させている」と言ったのは誰だっけ。


11月3日
天気の良い休日。食卓で受験勉強。妻は書斎で編み物。ベアで買ったコーヒーを煎れて黒霧島で割ってみた。美味。BGMはYouTubeでMetro Areaの2003年のライブ。



11月4日
「モスノー」や「サニボン」の商品で知られた株式会社小林脳行は1985年に経営破綻し、その営業権を小林製薬に譲渡したが、当時両社に資本関係や業務提携はなく、偶然名前が似ていたそうだ。


11月5日
「暮しの手帖」81号から連載されている武田砂鉄さんの「今日拾った言葉たち」が面白い。隔月にこのページだけ読んでいれば毎日ブラウザーを使ってあほみたいにニュース・サイトなど見なくてよいだろう。日本人が「空襲」を「空爆」と言うようになった時期について。短い文章で深く考えさせられる、コラムの神髄。


11月6日
夫婦揃って四連休だったが、出かけたのは本屋に二回。カレー屋に一回。モスバーガーのドライブスルー。ほぼ引きこもり、読書は垣根涼介「月は怒らない」、映画は「ニューヨーク・ドール」、二回目の「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」。デヴィッド・シルヴィアンの99年のアルバム「Dead Bees on a Cake」が今のおれの生活にちょうど良い感じ。しらんがな。
「三代目」と言うと、我々の世代では大塚寧々と結婚した憎い奴「三代目魚武濱田成夫」のことなのだが、最近の人たちが言う「三代目」は別の三代目のようだ。我々の世代って何だよ。


11月7日
パーカッション奏者、NOGERAさんの訃報に驚く。VIBRASTONEのライブを心斎橋クアトロで何度も観た。CD全部持っているはず。ライブVHSも買ったっけ。近田先生の長いキャリアの中でも特に洒脱なポップ・センスが炸裂したバンド。クリティカルでどす黒い憎悪、サイケデリック・エクスペリエンスが混ざったジョーク、符割りを逸脱しつつ日本語のアクセントを活かした美しいラップ(英語のアクセントに似せるべくカタコト日本語になっちゃう最近のラップを私は『アグネス・メソッド』と呼んでいる)。じゃがたら直系の土着ファンクネス製の屋台骨をOTOさんのギターとともに支えていたのがNOGERAさんのコンガとボンゴだった。「YADA」でラップするパートもお約束で、いつも盛り上がった。二十歳代の半ば、楽しい時間をありがとうございました。NOGERAさん、R.I.P.



11月9日
千里の自宅の名義変更登記が完了した途端に、大阪の不動産業者から毎日のようにDMが届く。法務局で情報を取得できるのだな。


11月11日
朝から星ヶ丘、覚王山、上社と東山線徘徊。大学のキャリアセンターを回ったところで優秀な応募者が増えるわけではないのだが、本音を話せる先生が複数いるのは心強い。S大のサイトにハマジムのイベントで知り合った女の子が載ってたり、G大の講師に大好きなバンドSJのドラマーSさんがいたり。新卒採用だけじゃなく、いろんな話でそこそこ盛り上がる。ランチは藤が丘で中華料理「梅園」。780円の定食で満腹。
c0086766_18422990.jpg

11月13日
雨の中、某大学のキャリア支援課へ。アポ取って行ったのに、絵に描いたような塩対応。5分で退散。こいつはひどい。大学就職課を評価する口コミ・サイトはないか。
アマゾンPrimeで「イエスマン」というアホみたいなコメディを観ていて、可愛い女優さんに出会う。ズーイー・デシャネル。(500)日のサマーやん。



11月16日
深夜にカンパニー松尾さんからメール。「雨宮さんが亡くなった」という文面に目を疑う。


11月17日
朝から新幹線で東京へ。品川で薬子さん、新宿で豊田道倫、幡ヶ谷でヨシノビズムと合流。葬儀はしないとのことで、火葬される斎場へ向かう。雨宮まみさんのお別れ会。
自室で亡くなっていた雨宮さんを発見した恋人は、私が二十年近くお世話になっている大好きな親友のKさんだ。
眠る雨宮さんの顔は美しい。
Kさんがよじ登るようにして棺の中に身を乗り出し、雨宮さんにキスをした。
みんな泣いていた。

















c0086766_21252778.jpg
雨宮さんに初めて会ったのは豊田道倫のライブ会場で、彼に「この人はバニーガールなんだよ」と紹介された。もらった名刺は「Writer」という肩書で「雨宮まみ」というペンネームと本名が併記されていた。バニーガールに知り合いはいなかったので興奮していると「私、亀吉さんみたいなライターになりたいんです」と言われてさらに興奮した。
すでにAVライターとして活動していた彼女からコピー綴じの原稿を渡されたのは2006年。高い筆圧で生い立ちを綴った自伝のような原稿は分厚い大作で「これを書籍化してくれる出版社を探している」と話してくれた。
確かに、私がかつて雑誌に書き散らかしていた「何について書いても結局自分語りになる」という芸風に近い気がして、すっかり雨宮さんのこと気に入ってしまい、彼女に思う存分自分語りをしてほしくて、主宰していたミニコミ「溺死ジャーナル」に参加してもらうことにした。
「溺死ジャーナル」に掲載された彼女の原稿や対談記事はどれも濃密で面白くて、特に「AVライター失格」は永遠。あと「2010」の海外紀行2本も貴重。
 「AVライター失格」
 (溺死ジャーナル500/2007年)
 「そこに愛はあるか」
 (溺死ジャーナル500/2007年、ミック博士との対談)
 「私の頭の中の欲望」
 (溺死ジャーナル501/2008年)
 「almost paradise」
 (溺死ジャーナル2010/2010年)
 「夢のパリ、現実のパリ。」
 (溺死ジャーナル2010/2010年)
 「プロレスは死にそうだがAVはどうだい」
 (溺死ジャーナル503/2011年、ミック博士との対談) 
 「『相棒』シリーズ全話レビュー」
 (溺死ジャーナル503/2011年) 
 「以下は約9ヶ月間の、私が宝塚に惚れていった記録である。」
 (溺死ジャーナル・コンフィデンシャル/2013年)
c0086766_20575783.jpg
c0086766_21261124.jpg
c0086766_21263312.jpg
イベントも何度かご一緒したが、最も印象に残っているのは2009年1月。「『DJ雨宮まみ』という字面に魅力を感じるのです」とオファーすると「亀吉さんは私を持ち上げるのうまいですね」と快諾してくれて、名古屋まで来て、初めてのDJプレイを見せてくれた。
c0086766_21265177.jpg
c0086766_21271307.jpg
c0086766_07231391.jpg
c0086766_07224995.jpg
c0086766_21273279.jpg
c0086766_21275465.jpg
c0086766_21282632.jpg
c0086766_21285703.jpg
c0086766_21294436.jpg
以前もらった分厚いコピー綴じの原稿は追記と推敲を重ねて、2011年に「女子をこじらせて」というタイトルで出版された。
六本木でシンガポールチキンライスを食べて、ヒルズのカフェで写真を撮り合って、当時流行ってたヘンなアプリで加工して遊んだ。
愛子さんと三人でどこか行こうという話になって、どういう訳かロマンスカーを予約して、江ノ島まで行って、生しらす丼を食べた。
雨宮さんが予約してくれた円山町の店で豊田道倫と薬子さんと四人で食事したあと「もう一軒いこう、大森さんも呼ぼう」ってことになって電話して「もう寝ようとしてます」と言う大森靖子をセンター街まで呼び出して、やかましい学生でごった返す安い居酒屋に入った夜もあった。あれは2012年か。
最後に会ったのは、私が。
話の途中だけど、さようなら。
c0086766_07230336.jpg














































ありがとう美穂ちゃん
お疲れ様でした
またどこかで













[PR]
# by kamekitix | 2016-11-20 12:00 | Diary
←menu