人気ブログランキング |
「あいちトリエンナーレ2019」に出展されたカンパニー松尾監督の長編映画『A DAY IN THE AICHI』が再編集されて各地で上映されている。
とても珍しい、面白い作品なので観に行かれることをお勧めします。
https://aday.themedia.jp/

昨夏に愛知県で撮影された30名の人々のインタビューを中心に構成された3時間20分に及ぶフィールドワーク。そこに『テレクラキャノンボール』的なスリルを期待してはいけない。エッチな事件は起こらないし、特に奇矯な人も登場しない。それぞれの境遇を生きている、様々な職業の、普通の人々だ。それでも疲れることなく最後まで観た。4時間超の「トリエンナーレ版」も観たのだが、そのときも意外なほど体感時間は短くて、あっという間に観終えた気がする。なぜだろう。

この映画を論ずることは難しい。劇場版のパンフレットに駄文を書かせていただいたのだが、解説をあきらめて作品とはあまり関係ないことを書いてしまったほどだ(でもそのパンフレットも実に面白いのでぜひ手に取っていただきたいです)。

点描される愛知の風景と人々。そこに意図された物語はなくて、それでも偶然を発見する瞬間(たとえば奥平くんの粗削りな歌詞に雨宿りする猫たちが重なるシーン)にはふと涙腺が緩む。

だから私も感じたことを点々と箇条書きにします。

・とにかく松尾監督のお母様が聡明で快活で愛しい。松尾さんがベランダにいるときに白老を呑むシーンが最高。
刈谷日劇の名物マネージャー亀なんとかさんが辞めちゃってたのをこの映画で知った。オーナーは「Vシネマの親分」みたいな方だった。知らなかった。
・トリエンナーレ版にあった「イチロー」の伏線が劇場版では全カットされているのでエンディングのお母様の一言がいまいちウケてなかった(トリエンナーレ版を観たときは客席から爆笑が起こっていた)。
松尾さんならきっとチャーミングな登場人物一人一人について一本ずつ映画を作れるのだろうな。
・少なくとも「松尾家」「名駅の捨て猫一家」「奥平くん」「野田くん」「芽生さん」「スコーレの坪井さん」「TOKUZOの森田さん」「澤田酒造」についてはそれぞれ二時間の作品が撮れそう。
・そう考えると、この映画は短編ドキュメンタリーのオムニバス作品なのかもしれない。
・逆に言うと、どのパートを削除しても成立するように思う。たとえばいちばん時間を割かれている東海テレビのくだりが全部カットされたとしても十分面白いのかもしれない。
そんなことを言いだしたら最初にカットされるべきは私の登場シーンだ。
・私が座っている左に大きな看板が立てかけてあって「立」と書いてある。今回観ていてようやく気づいたのだが、あれはナゴヤ球場のスコアボードで使用されていた「立浪」のプレートだ。

プライベートな映画ですから、感想もプライベートなことを書いてしまった。チャーミングな人もいるが、自分にとってまったく魅力を感じない、むしろ苦手なタイプの人も登場する。そりゃそうだ。社会ってそういうものだ。それも含めて『A DAY』だ。

もうこの数年間、私はひとつのことしか書いてない気がするのだが、それは徹底的にプライベートであることが肝要だということだ。言い換えれば、政治的な意見を述べない、問題提起しない、大局的に語らない。語るべきは自身に起こった事象についてだけ。でも選挙があれば願いと祈りを込めた一票を投ずる。これが民主主義社会の住人の正しい在り方だ。市井の、在野の、普通の人たちの日常が内側に向かって鋭く研ぎ澄まされていれば世界は美しい。

私がこの映画をシネマスコーレで観た日、エンディング曲に起用されている豊田道倫がこんなツイートをしていた。

『新宿出ても、特に誰にも会わなくなった。若い頃出会った色々な作り手。誰も面白くない。がんじがらめで、いざという時押し黙る賢者たち。自分はずっと同じことやり続けてしまったアホなんだと思う。だからまだ若い友達が出来て遊べてる。割り勘で。』

23年前に松尾さんと知り合う機会を作ってくれた親友が「誰も面白くない」とつぶやく夜。その瞬間を含めて、これが私の『A DAY』だと思った。

『A DAY IN THE AICHI 劇場版さよならあいち』_c0086766_00525330.jpg


































# by kamekitix | 2020-02-21 00:00 | Review
@ spazio rita
Wi-Fi頼みのSpotify DJやで!
DJ 松本亀吉 PLAYLIST / 1/Feb/2020_c0086766_12534513.jpg






























Wool & The Pants - Bottom of Tokyo
Blondie - Call Me
Stereolab - John Cage Bubblegum
島田奈美 - Sun Shower
カイ - ムーンライト・Tokyo
渡辺満里奈 - バースデイ・ボーイ
Flashlights - Neo City
おとといフライデー - 私ほとんどスカイフィッシュ
Grover Washington Jr. - Just The Two of Us
キリンジ - 風を撃て
キリンジ - 冬のオルカ
Talking Heads - Born Under Punches
SAKA-SAMA - 光と陽炎(Bye Bye Bye)
CoCo - はんぶん不思議
Blondie - Heart of Glass
Joe Jackson - Steppin' Out
Dead or Alive - You Spin Me Round
Tears for Fears - Everybody Wants to Rule the World
The Smiths - Ask
フィロソフィーのダンス - アイム・アフター・タイム
坂本慎太郎 - まともがわからない
坂本慎太郎 - 君はそう決めた
坂本慎太郎 - あなたもロボットになれる
The Cure - Inbetween Days
Lio - La Banana Split
原田知世 - ロマンス
Beck - Davils Haircut
David Bowie - Let's Dance
台風クラブ - 台風銀座
台風クラブ - 飛・び・た・い
宇多田ヒカル - Automatic
カーネーション - ハイウェイ・バス
Chaka Khan - Like Sugar
Scritti Politti - She's A Woman
Especia - ナイトライダー
Strawberry Switchblade - Since Yesterday
松田聖子 - 夏の扉
松田聖子 - 青い珊瑚礁


DJ 松本亀吉 PLAYLIST / 1/Feb/2020_c0086766_12540281.jpg






























(曲順はてきとう)
楽しかったです!





















# by kamekitix | 2020-02-05 00:00 | Diary
Salami Rose Joe Louis | Zdenka 2080

FEVER | Underground


Carwyn Ellis & Rio 16 | Joia!


Penelope Isles | Until the Tide Creeps in

Tanukichan | Sundays

concrete concrete | Drifter

fleetings joys | Speeding Away to Someday


babaroa | toy

Meat Beat Manifesto | Opaque Couche


milk teens | BRUTAL CASSETTE TRUTH


kiki vivi lily | vivid

Keith Kenniff / Goldmund | Occasus

Fanclub | Leaves

o'summer vacation | nuts


Patricia Lalor | Anymore

The Marías | I Don't Know You


日向坂46 | ママのドレス


魚住英里奈 | 終電


The Spirit of the Beehive | Hypnic Jerks


TAWINGS | TAWINGS


Deerhunter | Why Hasn't Everything Already Disappeared?


自由主義 | アメリカで死ねたら


Gab Ferreira | Lemon Squeeze

SASAMI | SASAMI


Men I Trust | Oncle Jazz

スピッツ | 見っけ






































































# by kamekitix | 2019-09-21 00:00 | Diary
←menu